僕の消灯時間まで

ブログの引越しをしました。
愛する方々へ、遺書のように。

青空応援団の本が出ます

2020-08-27 01:04:00 | 日記
青空応援団の本が出ます。
扶桑社さんから、本が出ます。

なぜ応援団を作ったのか。
どうやって応援団を作ったのか。
そもそも、なんで僕が応援団に入ったのか。
僕が目指してることってなんなのか。

そんなことを書いてあります。

扶桑社さんから、
「本を出しませんか?」
と言ってもらって、今回の出版に至りました。
こんなことって、僕の人生に起きると思ってなかったので、そりゃもう、嬉しい。
驚きもあるけど。

是非、一人100冊ぐらいずつ買って頂きたい。

帯は糸井さんが書いてくれました。


タイトルは色々と候補がありましたが、シンプルに青空応援団としました。

僕が一人で成したことではないし、みんながあってこそだから、このタイトルで本当によかった。

僕がしてきたこと。
高校生の頃や大学生だった頃。
仕事のこと。
震災のこと、スコップ団だったってこと。
ヒッチハイクのこと。
そして青空応援団のこと。
僕が応援をして伝えたいこと。

何度も読んで、自分で泣きそう。

僕のピークは今じゃないし、僕のゴールは今じゃない。

でも、
「本が出たんだよ。」
って、なんか初めて親とか奥さんに言える気がしています。

「どうだー!」
という気にはならないけれど、
「本が出たんだよ。」
と、色々な思いを込めて言えます。

是非、200冊ぐらい買ってください。
団の活動費になります。

応援は人のエネルギーです。

誰かのために生きることはできなくても、誰かのために出来ることはあります。

僕には、エールがある。

青空応援団には「エール」という武器があります。

もうしばらく僕の命で、僕らの命で戦っていこうと思います。

応援団の僕らが言うのもなんですが、応援してもらえると嬉しいです。

マネジメントをしてくれてるサダポンの会社のイトオンでご予約をしてくれれば、初回限定で「サイン入り」となります。
サインいらねぇし。
という方はAmazonや楽天ブックスでも今日から予約が可能です。


拡散して頂きたい!
大拡散して頂きたい!
超拡散して頂きたい!

昔からの友達も、スコップ団のみんなも、応援団のみんなも、応援されたみんなも、みんなに手伝って欲しいです。

僕、もうちょっと頑張ります。
応援してください。


コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« そうだね | トップ | ベストセラー1位! »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (匿名です)
2020-09-05 23:07:41
平さん、こんばんわ。
スプラッシュ→ビーモーションで働いていた者です。
たまたま平さんのことが仕事先で話題に上がり、懐かしく感じております。
色々ありましたが、一緒に働けたことが糧となっております。ありがとうございました。今後のご活躍も期待しております。
Unknown (たいら)
2020-09-06 03:34:25
おはこんばんちは。
15年とか20年前になりますね。
僕は、全員の顔と名前を忘れていないと思う。
人によっては電話番号も覚えたままです。

達者で、元気で頑張ってください!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事