僕の消灯時間まで

ブログの引越しをしました。
愛する方々へ、遺書のように。

明日、飛び入り演奏

2013-07-02 20:58:04 | 日記
明日の夜、サイトー君と二人で演奏します。
ここで。


7時半から8時半の間としか聞いてませんが、ジャズシンガーのNAOさんの出番のところに出させて頂きます。
2~3曲だけど、よかったらどうぞ、という宣伝でした。

君の詩とNO REASON、行きたくないってなところかしら。

以下、詳細です。
Naoさん、7時半からのライブあと出演。
ワンドリンク、ミュージックチャージサービス料込み込み女性3500円弱男性4000円弱
クロスビー
crosbys.exblog.jp/i5/‎
ジャズライブのお店です。

〒980-0803 宮城県仙台市青葉区国分町2丁目8-12 国分町Kビル5階
022-215-7766

今日は広告賞の表彰式がありました。
席次。
一番前って…


髪切っておけば良かったなぁ。


これ、本当にスゲーことなんです。
僕らの業界にとっては。


ただね、めでたいことでの授賞ではないからね。
想いの詰まったものに対しての賞だと思いました。




「来るなとはなんだ?!」
とスゲー言われたっけなぁ。
「事故を誰も望んでませんからね。」
「生意気だ!誰が見に行くか!」
悲しかったなぁ。(笑)
辛かったなぁ。(笑)
「やったコトは素晴らしかったかもしれないけど、あの広告はないわよ。失礼よ。」
「すみません。とにかく、一本道の雪道で渋滞や事故が怖かったもんですから。時間もなかったですし。」
「評判悪かったわよ。」
「なに言われてもいいっす。誰も事故らず、無事に終わりました。お騒がせしました。」
悔しかったなぁ。(笑)

でも、報われた…とは違うな、認められた?…なんか違う。
まぁ、少なくとも僕は胸が熱くなった。

登壇すると、ヨコシンとキャップが誇らし気に、子を見る親のような表情で写真を撮ってくれてた。
泣きそうになった。
キャップが登壇する時、僕の肩を叩いて、周りの目をはばからず、
「了ちゃん、ありがとう!」
って言った。

やめろい。
泣いてしまうから。

色んなコトを思い出す。
本当に色んなコトを。

明日は、アホみたいに楽しい夜が待っているのだろう。

生きてて良かったと思える日々は、案外君の気持ち次第。

みんな、やったぞ!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
« 広告賞の授賞式 | トップ | 疲れーたー。 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「評判悪かったわよ。」 (ペンギン整骨院)
2013-07-02 22:15:06
大丈夫。
俺の周りではイイ評判しか聴かなかった。

俺の友達は泣きながら感謝してくれた。
俺も感謝してる。

了さん、ありがとう!!
Unknown (ギャップ@藤原)
2013-07-02 23:13:22
式典会場に向かいながらヨコシンと
『今日は了ちゃん、作業着かなぁ』
『暑いからタンクトップじゃない』
などと話していたら交差点の向かいに…
見たこともない素敵なスーツに身を包んだ団長が!
まるで怪しいネットワーク販売とかで財をなした
怪しいエグゼクティブなんちゃらな若者のよう!!
それはそれは素敵でした。
以上、『鎮魂花火』にご協力いただいた全ての皆様に感謝の思いを込めてご報告いたします。
あらためて…
みんな!やったぞ!!
ありがとう。 (micamaco)
2013-07-02 23:15:41
当日、雪が降ったりしたけれど、大きな渋滞も事故もなく天国に伝言できたことがなによりでした。

悲しい、辛い、悔しい思いを、たっくさんしたのでしょうね。
改めて、本当にありがとう。

さぁ、すっごい賞をとった後に、いったい何を生み出すのか、楽しみにしているよ。
次は手放しで喜べるような賞をとってね!

そして、明日はアホみたいに楽しい夜を!!!
Unknown (Unknown)
2013-07-02 23:57:04
皆さんの『想い』が伝わったという『証し』ですね。
受け止め方が人によって違っても、あの『お知らせ』は本当に必要でした。
当時、『花火がある』事を知っている人は私の周りに大勢いたけど『その花火の意味』を知っている人はどのくらいだったのか…。
お知らせのおかげで、必要の無い交通事故とかを防げたと思います。
皆さん本当にありがとうございました。
Unknown (あいこ)
2013-07-03 02:51:09
私はあの花火のことを、生涯忘れることはないでしょう。

この際、伸びた髪は7:3でぴしっと固めてしまうのもアリだったかもね!私はそれが見たかった。笑

いいね、Jazzclub♪ もっとやって~!!
Unknown (こばてぃ)
2013-07-03 05:23:47
想いが伝わった相手が少しだけ増えた、というだけなのかも。
わかってくれた人が大げさにトロフィーなんてくれちゃったら、私はぐっときちゃう。
よせやい、お互い様でしょ?って。
私の周りには花火の広告をやいのやいの言う人はいなかったし、私もとても感謝してる。
ありがとう。
Unknown (tomo)
2013-07-03 08:50:50
そんな意見がたくさんあったんですね。
どうしてかな。
どうしてだろう・・。

やっぱり私にはわからない。
いくら考えてもわからない。

“そこ” にある人の想い。
“まわり” にある人の思い。

難しいですね。


あの花火は、
地上から打ち上げたものですが、
天国からも見つめ返していたと思うのです。

一方通行の花火ではなかった。

受賞は、双方の想いですね。
おつかれさまでした (A@Y)
2013-07-03 08:54:11
タイラー君、キャップ、よこしんさん、このたびは本当におめでとうございました。
県外にいると宮城県内のコマーシャルみれないけど、うちの母はみていて、とても静かなコマーシャルだったと言ってました。
すごく昔のことの気がしますが、あのときは本当によくやったよね。タイラーが11月1日に東京きて、そこで「花火あげる」と言われた時には、リードタイムの短さにびびり、本当にできるのか!と半ば困って、手をこまねいて年が明けて。年明けくらいから結構色んな事が動きだした感触がありました。
あのときは周りの方々に本当に協力をしてもらいました。仙台でやってるのと同じように東京でも募金活動やりたくて、よこしんさんから募金箱やポスターもらって、土日にスコップに帰らず新宿でも募金活動したし。じっと私たちの声を聞いて、おもむろに近寄って大きな金額を私たちの箱に入れてくれたおじいさんも居ました。都会の人たちも優しかったよ。知ってる人、知らない人、いろんな人に支えてもらいました。そういうことも思い出した。
届いたね (Aya)
2013-07-03 11:33:20
あの日駅前で見ていて、人の反応は様々でしたが、理解して見守っていた人が大勢いたよ。そうじゃない人もいたけど。

翌年仙台に行った時、1人のおじいさんから「泉ヶ岳行きましたよ。ありがとうございました」とわざわざ声をかけていただきました。私がお礼を言われるのは変だと思いましたが、おじいさんと、おじいさんが届けたい想いは天に伝わったのではないかなと思いました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事