僕の消灯時間まで

ブログの引越しをしました。
愛する方々へ、遺書のように。

夢を叶えた子

2016-03-06 19:19:47 | 日記
今日は盛岡で応援でした。
AKB48グループ「誰かのためにプロジェクト」
そちらで、AKB48と共演をすることになっていたのです。

僕らはサプライズで、アンコールの冒頭に登場し会場を盛り上げつつ東北へエールを。
その後、メンバーの皆さんと恋するフォーチュンクッキーに演舞で参加するというね。

楽屋でヒゲを剃ってます。


「弁当あるよ?」
「その話題はもう終わりました団長。」
「食べないの?」
「あと5分で移動ですけど?」
「5分あんじゃんか。」
早弁。


さて、1度目の応援が終わりました。
落ち着いて皆で食べます。
皆で食べると美味しいね!


「立ち位置、覚えておけよ~い。」
「押~忍。」


「どう?筋肉?」
「いいっす。」
「どういいの?ねぇ、どういいの?」
「なんかこう……めんどくせぇっす!」


パァッ!
「誰か団長うるせぇから相手してやれ!」


「なんだか、これから本番なのにリハとかロビーの応援で眠くなった。」
「酸欠っすね。」
僕の足がおいちゃんの上に。
それを優しく見守るおいちゃん。
おいちゃんは、実はいい奴なんです。


本番前の気合が入ってる一枚。
ソファで完全に寝てるのが僕だな。
最悪な図だな。


メンバーの佐藤朱さんは僕の高校の後輩にあたるため、
「では、本日のゲストの青空応援団さん、一言お願いしま~す。」
という顔合わせの時に、
「佐藤さんは僕の高校の後輩なんですってね。頑張りましょうね!」
と声がけをしたらドヨドヨとAKBメンバーが盛り上がりました。
ステージに上がり、さて、リハだねと思ったら別な子が声をかけてきました。
「団長。お久しぶりです。私、会うのは今日で2回目です。」
「へ?」
「覚えてませんか???私が小学生の時に、団長が講演会に来てくれたんです。」
「あ、そうなの!」
「はい。そして、とても応援してもらいました。ありがとうございました。」

僕は講演会に行くと必ず話をすることがあります。

人の足を引っ張る奴は最低だと。
そして、卑怯者になるなと。
「もし、この中の誰かがAKBに入るんだ!とか野球選手になるとか言ったらどう思うのだ?どうするのだ?無理だと言って笑うのかね?でも、もし本当にそうなったら君らは自慢するんじゃないのかね?「僕の友達はAKBなんだ」と。そんなの友達でもなんでもねぇよ。それは卑怯者のすることだ。自慢できんのはさ、初めから応援してた「友達」だけじゃろう!だから、お互いに自慢し合える仲間になろう!」
そんなことを必ず言っていた。

「頑張ったんだね。」
「はい。本気でやりました。」
「偉いな、君は。」
「ありがとうございます、団長。本当に覚えてませんか?」
「さて、変わり過ぎた年頃の子は覚えておれんわい。(笑)」
「初めて会った時に雰囲気が不思議な人だと思いました。私に言ってくれてるんだ。と思いました。」

講演会の時に、
「私はアイドルになって東日本大震災で傷付いた人達を元気付けたい。なれますか?」
と言っていた子がいた。
「君ならなれるよ。君ならやれる。誰が応援しなくても、俺が応援する。」
そんなことを名古屋で言った。

その子なのだろうか?

僕たち団員は、鳥肌が立ったんだ。
「団長がいつも言っていたこと、本当になったっすね。」
「うん。すごいなあの子。」
「団長もすげぇっす。」
「あの子が、すげぇんだよ。」

いやはや、子ども達の成長とかさ、未来とかって、本当に無限大だと思いました。

「団長!一緒に写真を撮ってください!」
「あいよ!」


後藤さんの夢は、東北を元気付けること。
震災になんて負けない。
負けねぇさ。
俺たちは負けるもんか。

さぁ、明日もがんばろうぜ!!

お酢!


間違った!
皆で冷麺を食べたもんだから。


押忍!


僕はね。
嬉しくて涙が出たよ。
鳥肌が立ったよ。
嬉しかったです。
頑張ってて良かったです。
こういうことがしたくて講演会とか応援団とかやってたわけだから。

ありがとう。
コメント (7)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 終わったでござる。 | トップ | 役に立てたのならばよい。 »
最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
凄いです。 (美和子)
2016-03-06 23:05:50
本当に凄い出来事ですね。

了さんが目指していたことが。現実!!

講演会が実を結んで。。。涙が止まりません。

そう!この言葉!!

人の足を引っ張る奴は最低だと。
お互いに自慢し合える仲間になろう!この言葉

を私はいじめに合った孫に引用させて頂きました。

了さんの言葉には力があります。

おかげ様で今では毎日笑顔で登校しております。

感謝しております。そして影ながら応援させて頂いて

おります。いつもありがと。
Unknown (Unknown)
2016-03-07 00:03:08
身震いしました。
AKBが好きになりました。

そうだよね。

みんな、本当に頑張ってあのステージにいるんですよね。

団長はいつでもちゃんと向き合うから心配になる時があります。
でも、そんな心配は無用でしたね。
想いをこうして、繋げる子がいて、その子はトップアイドル。
そして、想いがブレてない。

団長が日本中の学校を回って歩けば、絶対に何かが変わる。

政治家にも出来ない。
先生にも出来ない。
親にも出来ない。

そんな後押しと傘の役目を団長をはじめとした青空の軍は担ってる。

眠れなくなっちゃうね。
なぜ (Unknown)
2016-03-07 00:30:20
なぜ、平さんの周りには何度も何度も何度も何度も何かが引き寄せられていくような出来事が起きるのだろう?
震災前からもだけど、スコップ団の時も、ハチマキの時だってサマソニ出ちゃうし、青空応援団もフランスもNNNドキュメントも漫画みたいなことが起きる。
なぜですか??
何が違うとそうなるんだろう??
不公平だとかそんなチンケな話ではありません。

とても素敵過ぎて不思議。
このあいだの中学生も。

そんなことって、普通じゃない。
太陽みたいな人ですね、平さん。
ZIP! (Unknown)
2016-03-07 08:02:49
先程 朝の情報番組でAKBと共に舞台で応援している青空応援団を拝見しました!

いろんな想いが交錯して じわじわ嬉しいです。
Unknown (Unknown)
2016-03-07 08:19:00
ZIPで見ました!!
頑張ろうと思えました!!
Unknown (じゃじゃ馬)
2016-03-07 11:33:14
私も今朝のテレビでその様子を拝見しました。
あれから1年、2年、5年、と言う枠にこだわらず活動を止まずにされている姿にこちらも身が引き締まる思いです。
私もその 力 いただきました。
Unknown (yu)
2016-03-08 23:01:46
ステキですね^^
ほんとに鳥肌ものです…!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事