flagburner's blog(仮)
マイナーな話題を扱うことが多いかもしれません。
 



そろそろ開催が迫っている2009年の IWC総会。
この総会前に IWC の委員達は、総会での決議案の草案(?)を作成してたらしいが・・・。
・Whaling peace talks 'fall short' (2009年5月11日 news.bbc.co.uk)

商業捕鯨再開とか「調査捕鯨」の是非を巡って、何年も何年も IWC の議論が停滞していたってのは有名な話。
それを解決するために、裏では色んな会議が行われていたっぺぇ。

が、先月米はサンフランシスコで行われた(多分非公式の)会合で、日本政府はお得意の強硬論をぶちかましていた。
当然ながら、そんな日本政府の態度に反発を示す人達もいるわけで・・・。
以下、news.bbc.co.uk の記事から、会合に詳しい情報筋のコメント部分+αを引用しておく。

---- 以下引用 ----
(中略)
But a draft report seen by BBC News admits the process has "fallen short".

A source close to the talks blamed Japan, saying it had not offered big enough cuts in its Antarctic hunt, conducted in the name of research.

Earlier meetings had raised the possibility that Japan might countenance annual reductions in its catch over the next five years, perhaps down to zero.

However, the source said that at a meeting held last month in San Francisco, Japan had offered to cut the haul to 650 minke whales per year, only 29 fewer than were caught last season.

This, the source said, "killed any prospect of agreement in Madeira" - the location for this year's IWC meeting, which takes place next month.
(以下略)
---- 引用以上 ----

だからさ、今年の1月に IWC 議長の William Hogath 氏が日本政府に提案した妥協案じゃ駄目なの?
正直 Hogath 氏の提案って、日本政府にとってこれ以上ないプレゼントだと思うんだけど・・・。
この辺については↓参照。
・ホガース議長仲裁案の問題点(2009年1月27日 クジラ・クリッピング)
・日本の沿岸捕鯨を認める妥協案に反対する環境団体がオバマ大統領への要請メールを呼びかけ (2009年1月26日 フリーランス英独翻訳者を目指す化学系元ポスドクのメモ)
・「調査捕鯨」を中止するわけないだろうが(2009年1月26日 flagburner's blog(仮))

そんな案だから・・・ってわけじゃないけど、Hogeth 議長を IWC の米国代表(?)から解任を求める署名なんてのが行われてたりする。
・Immediate removal of William Hogarth as United States (thepetitionsite.com)

流石に、目標人数には達していないけど・・・。


話を戻す。
IWC の総会に提出する草案の締め切りは今日らしい。
以下、news.bbc.co.uk の記事から、草案の一部分を伝えてるところを引用しておく。

---- 以下引用 ----
(中略)
The draft seen by BBC News says that given the complexities and the sensitivities, "it should not come as a surprise that it has thus far not been possible to secure agreement" on the key issues - scientific hunting, small-type coastal whaling and whale sanctuaries.

But, it says, "significant concrete results" have emerged from the process, citing "the greatly improved atmosphere and the spirit of respectful dialogue".
(以下略)
---- 引用以上 ----

しかし、先月東京で行われていた非公式会合とかの様子を読んでると、IWC 総会でまともな議論が行われる気配が無いんだよな~。
そんな調子だから、BBC 的には今度の IWC 総会に関する期待値も左肩下がりだった。
以下、news.bbc.co.uk の記事から最後の3段落部分を引用しておく。

---- 以下引用 ----
(中略)
The BBC's source suggested these nations might feel the peace process was not worthwhile, if Japan was not going to offer larger reductions in the annual Antarctic catch.

For an agreement to happen, the source suggested, "another level of the Japanese government" would have to be involved, rather than the Fisheries Agency which, critics say, benefits politically from the current situation.

The Japanese government is likely to give its formal reaction after the report's publication.
---- 引用以上 ----

いや、日本政府も IWC に関しては妥協する気はなさそうだし・・・。

さて、今度の IWC 総会はどうなることやら。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 後2年早く公表... レバノン等に... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。