回遊草(KAI YU SO)

さすらいの乙男妄想オヤジの妄想ブログ。あらゆるジャンルのカワイイを中心に浮気中?でも、惚れてるのはやっぱり「ミク」かな?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

追伸『情熱大陸』

2008-06-09 20:31:00 | my favorite(お気に入り)
8人の若者とは別に、元巨人の「桑田真澄」さんとミュージシャンの「スガシカオ」さんの対談もありました・・・。

味わい深い話ばかりでしたが、その中でスガさんの「デビュー曲」のエピソードが面白かったです。『ヒットチャートをかけぬけろ』というちょっと「イタい」タイトルだったのに、真逆の結果で「オリコン・チャート」の「200位」にも入らなかったんだとか・・・。

そう思えば、倖田のデビュー曲『TAKE BACK』の60ン位というのは、まだまだ「マシ」な方だったと言えるのかもしれません・・・。

松浦亜弥さんの20thシングル『きずな』はギリギリ「20位」に入りましたが、それでかろうじてデビュー以来「20位以内」の記録を保ったのだとか・・・。

かつての「あやや」の頃の「TOP10」の常連時代から見れば寂しい気もしますが、見方を変えると「20位」に入ることも大変なことなんだという気もします・・・。


 

ジャズピアニストの「松永貴志」くんが「独学」でピアノの腕を磨いたということで考えたのですが、どちらかというと「クラシック」など多くの音楽家は小さい頃から「教わって」上達するのが普通ですよね。

あの天才「モーツァルト」でさえ、最初は「音楽家」の父親から徹底的に教え込まれたのだと思います。

例えば、英単語を知らなければ「英語」が話せないように、基本的な「技術(テクニック)」を知らなければ(身につけていなければ)演奏は出来ないと思います。

ドラマ『瞳』の中で、ダンススクールの先生の言葉に“(いろいろな)「ステップ」は、「言葉」のようなもの。たくさんの言葉(ステップ)を知っていれば、自分の想いをより表現できるようになる(から練習をガンバレ)”みたいなのがあったのを思い出しました。

そうした、「基本的なテクニック」を「独学」で身につけてしまったとしたら、やはりすごいことなのだと思います。

「独学」でボクシングを学んだ「亀田兄弟」は、今大きな壁にぶつかっていますが、「松永」くんには「壁」が出てくるのでしょうか?

もっとも、「独学」だったからこそ、初めから諦めないで、それまでの「常識」をいくつも破ってしまった「いっこく堂」さんみたいな例もあるから、うまくやっていくのかもしれません・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 待ってろ未来!ネクストジェ... | トップ | 有名人の絵・オークションS... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ダンス スクール 大阪)
2008-06-16 19:56:29
また遊びに来させて頂きます^^
いつでも、どうぞ♡ (ヴぁるす)
2008-06-16 23:03:58
ダンススクール大阪さん、コメント?ありがとうございます。

いつでも、どうぞ♡

なんでも、『瞳』のクライマックスシーン(ダンス大会)を撮り終えたと、先日のニュースで言っていました。

最近の『瞳』はダンスのシーンがないので、ちょっぴり「物足りない」です・・・w

コメントを投稿

my favorite(お気に入り)」カテゴリの最新記事

トラックバック

松浦亜弥 モノマネ 関連最新情報 (松浦亜弥 画像・動画 最新情報ブログ)
通り魔事件の事で、続き。松浦亜弥さん、あややの歌じゃないけど、先祖がずーっと今ま...