ニコニコ日記・咲顔

一日が一生。感動したことを心咲顔で書いています。
旧http://blog.zaq.ne.jp/kijimuna/

日傘かいました

2017年05月31日 | 日記
5月30日(火)17時45分に会社を出て今日はどうしようか?と。まだ仕事終わりは酒宴しか思いつかず昨日は、缶ビールを呑みながら大阪城から京橋駅まで歩いたので、今日は真面目に歩こうと思った。そりゃ大阪城の外周をジョギングしている人をみるとそんな気持ちにもなります。本日は、ツインタワーじゃなく片町辺りを歩いていると「道具屋筋に行く前に一度寄って見て下さい」の看板に吸いよされてしまった。日本橋の得意先担当だったころミナミの道具屋に良く行った。ガスのたこ焼き器やイカ焼き器など買ったものだ。

税込380円で折り畳み傘をみつけた。UV99%なので日傘にしようと購入。今週の土曜日に使おうと思っています。京橋まで約1時間、いい運動になりました。リュックタイプの鞄がほしくなるのでした。
コメント

白龍大明神

2017年05月30日 | 歴史を歩く
5月29日(月)17時40分会社を出て大阪城経由で京橋まで歩き始めた。大阪城はジョギングをしている人でいっぱいだ。仕事を終えて走り出すのはモチベーションが高くなくては出来ない❗


  
いつもは、ツインタワーから陸橋で京橋駅に向かうのだが、北側から出ると鳥居が見えたので近寄ると、白龍大明神 松下電器の守護神だそうだ。庭や屋上に守護神をお祀りしている企業はよくありますね。パナソニックの事業部制の各会社には、青龍大明神、黄龍大明神・赤龍大明神・黒龍大明神が祀られているという。門真のパナソニック本社からツインタワーの間に大阪城の天守閣が観えると聞いたことがあるのでこの地にパナソニックのビルを建てた想いが分かる。
コメント

忘れて捨てて許す生き方 塩沼亮潤

2017年05月29日 | 本・音楽・映画
5月28日(日)今月3回目のジムから帰り家人が作り置きしてくださったチャーハンを一口30回噛みながらテレビ(そこまで言って委員会NP)を観終わって15時。ジムでシャワーを浴びたので爽やかな清涼感だ。暑くもなく寒くもなく眠くもない。テレビを消して本を読む。


千日回峰行を満行された塩沼阿闍梨の本は何冊が読んでいるが、先週図書館で本を返しに行った時に見つけた。小生の気持ちがしんどくなった時に読むとココロが喜ぶのが分かる。
歩いている時に「謙虚 素直」と声を出していると見えなかった自我を発見するという。小生でいうと上司からアドバイスに反論する自分。「また言うとるわ」「何にも知らんくせに」と不平不満のココロがあって素直に聞けないのだ。ココロって良い方にも悪い方にも自分次第だもの。コココを成長させるためにこの世に自分以外の人がいると塩沼阿闍梨がおっしゃる。だから一歩一歩、他人と比較するのではなく「自分のこの一日は、真理に向かってもう一人の自分を訪ね歩く尊い一日である」と思えば身が引き締まる。二人の自分、一人は向上心のある自分と一人は我ままで自分勝手な自分がいる。千日回峰された方の言葉はやさしく深い。
コメント

やっぱりハーモニー

2017年05月28日 | ココロ
5月27日(土)気持ちがいい天気というのは今日のような日でしょう。空気も綺麗なので交野山(Mt.Kouno)が近く見える。家人と自転車ナリとでココロ勉強会へ。今年も半分近く終わったのですこし反省。
働き方改革で仕事のやり方や時間の使い方を考えると集中が大切だ。また、止める仕事を発見することも重要になっている。これを自分のことに置き換えてみると、本質からぶれていると反省した。英語を勉強しようとか時間もないのにHDDに録音していたりしているのは向上心といえばいいけど捨てる勇気を持つことだ。頭をスッキリさせて時間を上手く使おうと思ったのだ。まずテレビを消すこと。家族も仕事も小生なりの気づかいをして調和することだ。
コメント

いなせや

2017年05月27日 | 食する
5月26日(金)京都の立ち呑み「いなせや」 鯛のアラ炊きが280円とは信じられません。おじさんの独り呑みには、絶好のお相手でした。

  
横で外人さんご夫婦が使いにくそうにお箸を使っていらっしゃいまして、ほのぼの風景に嬉しくなりました。話をしたいなー。やっぱり勉強しようかなー。とココロの中で思っていた。お店の女の子に「喋れるの」と聞くと「ぜんぜんです」いいながら注文は理解しているから羨ましい。
先日、得意先の会長さんと話していると年に6回も海外の世界遺産を巡っているという。マレーシアが住みやすそうだと。ツアーではなくて一人で旅しているんですって。理想だなー。
コメント

泉屋

2017年05月26日 | 食する
5月25日(木)名古屋会議の後は、久々の焼き鳥屋さん。以前「明宝ハム」ことを書いた。まだ暖簾が出ていないけど乱入する。
  
東京の連中は、2日連続でも飽きないで注文も同じだと聞く。泉屋さんなら分かるような気がします。


ホテルの夜食は、カップヌードルのココナッツカレー味。やっぱりスパイシーは好きですわ。「世界のカップヌードルサミット2017」の企画の一つでインドネシアの「ラサ グライ アヤム ムラユ」という。
コメント

ル・コワン・ディスクレー 谷町カレー 

2017年05月24日 | カレーを食す
5月23日(火)仕事のストレスをカレーで解消してる小生です。今日は、帰宅中に見つけたお店です。谷町四丁目駅辺りは食べ尽くしたと思っていたけど、駅から一番近くにあるではないか‼ 店主に聞くと昨年の秋に開店したそうなんです。まったく分からなかったなー。

  
座席は6人ほどの小さな店舗だ。ウイスキーも置いてあるから夜も営業してるようだ。ショップもカレー店らしくない内装です。とりあえずオリジナルカレー800円を注文。40代ぐらいの店主から辛さは大丈夫ですか?と質問にOKサイン。運ばれて来たのは、シンプルなカレーでした。興味津々で口に運ぶと甘さか広がる。ブランデー風味もあって上品なお味です。でも後味は辛さが広かった。食レポ風にいうとフランスで修行した品がある。あのフルーツのような味はなんでしょう。カレーって深いな―~って思わせるお店でした。カレーをつまんでハイボールもいいかも知れません❗
コメント

死ぬほど生きろ

2017年05月23日 | ココロ
5月22日(月)「気持ちのいい一日」と題した冊子に書いてあった。<朝、目が覚めてから職場や仕事場に着くまでの間に何か一つ幸せなことをする習慣を始めませんか?>と提案。小生は、月曜日から重たい気持ちを会社に持ち運んでいますねー。(反省)
「死ぬほど生きろ」と言われてもどうすればいいのでしょう~。

駅に向かって歩いていると、白杖をついた男性が路肩の植木に当たりながら歩いておられた。広めの歩道には、車進入禁止の樹脂製のポールが2本立っているので、つまずかないか心配していると、5mほどの幅の交差点の信号機が赤になりそうだ。小走りで男性の横に立った。「駅に行かれますか?」「はい」こんな場合は、腕なのか肩なのか~ 「肩を持たれますか?」「ありがとうございます」歩きながら話をすると「杖だと木の枝やトラックの荷物の扉が分からなくて当たったりします。」「雨は大変ですね。」「でも傘が先に当たりますから助かる事もあります。と。階段を降りて改札口で別れました。

何処にお住まいなのだろう。一人で行動するって凄いことだろうなぁ~ 小生はため息ばかり吐き出して生きていないか?
コメント

流れるように生きるのだ

2017年05月22日 | 日記
5月21日(日)からっと清々しい気候だった。でも太陽の下は、昨日のように夏日で暑かったんでしょう~ね。10時過ぎから今月2度目のジムへ。ウオーキングとヨガと体幹を鍛えてダウンした。Tシャツを着替えないと臭いし、風邪をひくかも知れないほど汗が出た。シャワーを浴びて生き返る。家に帰る前に図書館の本を返しに行ってまた借りる。(←働き方改革で早帰りの時間は読書をするのだ) 14時半から家で昼ごはんを食しながら取り溜めHDDを削除しながらインドア生活を満喫した一日でした。

忠臣蔵の本を読んだ次の日に、山科の大石神社へ行った。「縁があった」と書いているけどそうではなくて流れを掴んだ行動が良かったと改めて思った。岩屋寺の尼さんからお聞きした不動尊巡りで早速、成田山不動尊に行って「近畿三十六不動尊霊場」のパンフレットを戴きました。成田山は、御朱印帳の用意がないので、第一番の四天王寺へ行こうかと思っています。膳は急げだ。
コメント

大石神社

2017年05月21日 | 歴史を歩く
5月20日(土)昨夜は家呑みで酔ってしまってロックグラスを割ってしまった。家人は、食事会なので一人でテレビ相手にダラダラ呑んでいたのが悪かった。昼まで二日酔いっぽくて二度寝。昼ご飯を食して、このまま天気がいい一日が終わるのはもったいないと思って、そうだ大石神社にいこうと。


京阪三条から六地蔵行の地下鉄で読み方が分からない椥辻駅で下車したのが15時。駅前の案内板に、かつて村にナギの大樹の姿が見ることができたので「椥辻(なぎつじ)」となったそうです。写真の木がナギの木です。駅から新十条通りを30分歩くと、阪神高速道路の山科トンネルの入り口の左にある。トンネルの山は、伏見稲荷大社の稲荷山だ。
  
大石神社 まだ新しく昭和10年に全国の崇敬者により大石内蔵助良雄公をお祀りするために創建された。3歳の小さい子供ちゃんが受付をしていてご家族で大石内蔵助公を御守りしておられました。この地は、大石内蔵助の親類である新藤源四郎の世話で赤穂から移り住み、岩屋神社で大願成就を祈ったという。


山科神社 祭神は、日本武尊(やまとたけるのみこと)と子供の稚武王(わかたけのみこと) 住職さんもおられないひっそりしている神社でした。 

  
岩屋寺 大願成就を祈った場所だ。大石内蔵助が切腹した後は、この地を岩屋時に寄進したという。御朱印を書いて頂いたご婦人(尼僧?)と話していると、「近畿三十六不動尊巡り」を知る。「西国三十三観音巡り」は、有名だけど、小生が好きなというか弱いココロに活!を入れてくださるような不動尊が好きなので話が弾む。岩屋寺は小生の宗派である曹洞宗だし、住んでる場所も成田山不動尊が近い事もあり、何らかの縁を感じた山科の地でした。16時に終了して大石街道を醍醐寺方面に歩いて30分、醍醐天皇の母・藤原邸宅跡の勧修寺は今度来ることにして、名神高速沿いのホコリっぽい道をフラフラしながら1時間弱歩く。西日が眩しくカラダの消耗が激しい。今日は30度は超えているのでしょう。熱中症だったのかもしれませんわ。京阪電車墨染駅に到着し各駅停車で座って帰ることにしました。
コメント