ニコニコ日記・咲顔

一日が一生。感動したことを心咲顔で書いています。
旧http://blog.zaq.ne.jp/kijimuna/

おら行くベー自転車

2011年10月31日 | 日記
大阪の空堀商店街は今でも多少は元気な商店街だ。
そんな商店街の片隅で見つけました。
     
最近、歩道をビュンビュン走る自転車やブレーキがない自転車が走っていますねぇ。お年寄りに当たれば亡くなるケースもあり危険だ。他人ごとではない。この自転車は歩行者にも注意しながら走ってね。
 
     
コメント

栄光の架橋

2011年10月30日 | 日記
6時起床。うっすら地面が濡れている。今日は曇りの予報だ。マラソンにはまだ暑いからちょうどいいかもしれない。なんだか気持ちが高ぶっているけれど複雑な気持ち。ラジオを聴きながら昨日の熊野街道をまとめているがなかなか時間が掛かっている。
FMラジオを聴きながら走っているランナーもいるんだろう。応援歌など流している。

ゆずの「栄光の架橋」が流れると鳥肌が立ちました。
この歌は、スタートラインで聞くと涙が出るかも知れませんねぇ。
  
  誰にも見せない涙があった
  人知れず流した涙があった

  いくつもの日々を越えて
  辿り着いた今がある
  だからもう迷わずに進めばいい

栄光の架橋


小生は、和太鼓・吹奏楽・ロッキーのテーマなんか流されたら盛り上がるだろう。
昼から会社に行って月末の仕事をし終わって16時ごろに外に出ると大雨だ。大会中はたぶん小雨でよかった。
帰りは17時ごろだったのでマラソン帰りの方も多く出会った。小生もジャージを着て、昨日の筋肉痛の重い足取りをしていたので走った参加したように見られていたんだろうね。
コメント

熊野街道5

2011年10月29日 | 熊野街道を歩く
前回10月8日(土)から引き継ぎJR海南駅 29日(土)10時50分スタート。
暖かいいい天気になりました。Tシャツから長袖に変わりました。仕事が立て込んでいたので久々の歩きになってしまった。もっと早い時間に出発すべきなのだが起きられなかった。出張などでたまっていたブログを更新して。9時前に家を出る。

天王寺駅からは特急くろしお5号でJR海南駅まで1時間7分は魅力的な早さだ。自由席だと940円。座席テーブルの熊野古道シールが思いをはせる。
    
前回から3週間ぶりなのでカラダが重い。また太ったのかもしれないと思いながら歩き始めると駅前のパン屋さんが30周年記念だったのでサンドイッチなど買いあさる。JR海南駅前を11時前のスタートになってしまい少し早足になる。

     
この辺りの道は、熊野古道の提灯が軒下などに下がっているし標識もあるので安心して歩くことができます。祓戸(はらえど)王子跡に立ち寄る。

     
「鈴木さんいらっしゃ~い」鈴木姓の元祖とされる鈴木屋敷がありました。平安末期に熊野三山の案内役や熊野信仰の普及に活躍されたようですが庭は立派なものでしたが建物は朽ち果てていました。

    
藤白神社(子授け、安産、子育ての守護神)なんだか荘厳な気持ちになる神社でした。

    
藤白神社の境内にはクスノキの大木が5本あります。子守の楠神さんとして親しまれ信仰の対象となっている。子供の名前に「楠」という字を入れることが多かったようで南方熊楠もその一人です。さあ、熊野古道のスタート地点がココと書かれてあった。

    
この古道には、万葉集の歌が刻まれているけど百人一首と違って今まで耳にしていない不勉強を反省する。神社を通りすぎると藤白坂の登りが続く。小さな可愛らしい地蔵さんが祭られています。一丁地蔵といって一丁(109m)ごとに地蔵さんが設置してあり駕籠屋さんの目安にしてあった。18体あったのが今は4体のみ残っていないそうです。

    
右に行くか近道の左に行くか迷っていると2人のおじさんに近道がいいと教えていただきました。旅の人の一言は心強くうれしくもあります。

    
一人で歩くひんやりした山道は、当初心寂しく怖かったのですがもう慣れてきました。小鳥のさえずりも小生にしゃべり掛けられているようで。「人間か来たよ」「別に危害は加えないみたいだよ」なんてね。
昔の方も海が見えると感動したんだろうなぁ。淡路島が見えます。

    
丁石地蔵7体が祭られていました。前回から街道のお地蔵さんや神社には手を合わせるようになりました。お賽銭は気持ちのみで・・。信仰心のある小生ですがさらに深くなってきています。目に見えない力のようなものに謙虚になって歩けることに感謝しています。
ひっそりと椅子なんかあって心使いがいいですね。

     
「硯石」徳川4百年の遺跡。近くに筆捨松の立札が立ってありました。竹林を歩いていると周りの色彩が青みががかりだして神秘的な雰囲気に包まれながら深く呼吸をしたのでした。

    
この峠の頂上に地蔵峰寺がある。右に藤白塔下王子王子跡。左手のトイレの横に入っていくと
   
和歌山県朝日夕日百選の景色が広がっていました。夕日はきれいでしょうね。

    
登ったら下ります。このあたりからみかん畑が続いていく。さっきまでは山の土や落ち葉を踏みしめていたのですが、みかん山は農家の仕事場なのでコンクリートの急な車道となっているので体力勝負なのだ。町に入ると木製の愛染橋を渡る。

    
橘本神社に所坂王子跡。1km先には一壺王子があり相撲の土俵があった。テレビでよく見る泣き相撲で有名なところ。

    
趣のある街の中を歩くのだが人にはなぜか会わなくて静かなんです。どこに行ったのでしょう。人の気配がないので気分転換もできずにいるとまた山越えが始まりました。めちゃめちゃ急な坂を登っていく。

    
山の写真ばかりだけどしょうがないね。だってやまだもの。(相田みつを風に) 山道に、いのしし除けの網の塀が作られて道が分かれているところにはドアのように開閉できるようになっていました。たまに獣のフンが落ちています。まあ猪の突進はないだろう。

    
峠を登り切ったところにトイレがありました。本当にきれいにしてありました。世界遺産に認定されるということはこう言うことですね。ゴミも無くて気持ちいいです。写真に写っている竹2本は、小生が杖替わりで使っていました。リズムがついて登りやすかったですよ。ストック買おうと思いました。
蕪坂(かぶらさか)塔下王子から峠を下っていくと太刀の宮や爪書き地蔵などありました。

    
蕪坂峠の麓の公園の中に山口王子跡。横には地下40mの清水を飲むと疲れも取れた感じ。

    
伏原の墓 熊野詣での途中で亡くなられた人々を弔うため建立された。あちこちに置かれていた墓石などを集めたものだそうだ。昔の人は長旅をする場合に水杯をかわして旅に出た。そして道中で亡くなったときのための費用を着物の襟に縫い込んでいたという。どんな目的で出かけたのでしょうね。このコースで一番思いが詰まった場所でした。

    
みかん山は、大きな金木犀のようにオレンジ色に咲き誇っていました。そして有田川を渡ります。

    
糸我稲荷神社には大楠がお祭りされていました。少し行くと糸我王子跡があり先は、またまた峠越えだ。またみかん畑のつらい坂道だ。登りもしんどいが下りが大変だ。たまに後ろ向きになって注意しながら下っていました。

    
ヤッホーのポイントと楽しい標識が。「一秒で帰ってきます」と書いてあるけど誰もいないけど恥ずかしくて声は出せませんわ。
しっかり手すりがある坂道をえっこらえっこら登る。

    
みかんが、食べてもいいよ!と言っているようで今から考えるといつも食べたいと考えていた。落ちているのは取ったことにならないかなぁ?とか農家の人に1個食べてもいいですか?と言おうかなと思ってみたり・・・いやしい小生でした。
いやーでも山一面みかん畑であり、急な斜面は石を積み上げて段々畑にされています。

    
逆川王子跡 右の写真の方向が海なのに川は手前に流れています。この吉川の水が逆に流れているので逆川という。

    
川沿いの湯浅警察などを過ぎるとやっと湯浅駅だ。明るいうちに到着して一安心だ。山で暗くなったら懐中電灯がいるかも知れません。これからは日照時間を考えなければいけないわ。駅前の商店街は昔の写真や万葉集など展示してあった。17時16分発のスーパーくろしお26号に乗り込むことができた。自由席は満員でした。
藤白坂峠、拝ノ峠、糸我峠超えは疲れたコースです。特にみかん畑のコンクリートの坂道は根性道だった。家族で行くなら海南駅から紀伊宮原駅までなら15kmの気持ちいハイキングコースだと思います。標識がきっちりあるので迷わないし道路はきれいに掃除されていて、にっこっと挨拶もしてくれるいい町でした。


本日のコースは、JR海南駅11:00~JR湯浅駅17:00
        歩数計では、23km 30,976歩
通過した市は、和歌山県海南市→有田市→湯浅市
行き:地下鉄谷町線天満橋~JR天王寺駅~JR海南駅まで 1,510円+特急自由940円
帰り:JR湯浅駅からJR京橋              1,890円+特急自由940円

帰ると長男の誕生日で栗の赤飯でした。本人はいないけど??
          

コメント

気分は大阪マラソン

2011年10月28日 | 日記
30日に大阪マラソンが開催されます。悲しいけど小生は膝の痛みで走らないことに決めたのだが、記念なので(参加料の1万円の元を取りに・・・)ゼッケン番号をもらいにインテックス大阪に行った。参加されている方の平均年齢は高めだ。そりゃあ健康ジョギングから始める人が多いだろうからね。手前で本人確認のチェックして奥の番号表示場所でゼッケンをもらいます。3万人だからすごい広いスペース。
     
3万人が集まって走る光景は想像すらできませんねー。トイレも大変だろう。福知山マラソンだって1万人(実質8千人ぐらいだったと思う)で号砲が鳴ってもスタートゲートまで10分はかかった。
カッコイー参加賞のTシャツを戴きました。「30000分の1」のプリントがいいねー
     
企業もサンプル配布や割引セールなどして大会を盛り上げていた。そんな会場をうろうろしていると気持ちが高ぶってくる。くいだおれのタオルとストラップを買っちゃいました。

福知山マラソンを走っていた時が懐かしい。3回大会の35歳から参加し、9回のフルマラソンを走りました。平均4時間半のレベルでした。大会に向けて時間を調整しながら走る。そして当日を迎えたスタート前のドキドキ感は忘れられない。運動会やクラブ活動や発表会の前日の不安と期待が入り交ざった興奮状態で胸がドキドキしているあの感じ。大人になって何年も忘れていた小生が、マラソンにハマったのはこのドキドキ感を求めていたのだ。みんな完走してください。応援しています。遠くから来られている方に素敵な大阪を見てもらいたいですね。
コメント

出張の楽しさはいろいろ

2011年10月27日 | 日記
出張が多くなると疲れがたまってくる。やっぱり移動距離に比例するのだな。そんなことが分かっているホテルに宿泊した。京王プレッツイン神田 テレビで見た今、女性によく売れているマッサージ機があった。ココロ使いにうれしい。
     
ホテル選びは、フロントの対応、清潔さ、ちょっとしたうれしいサービスで決めることが多い。旅先での暖かさはうれしいものだ。

今日は初めて訪問する山梨県のお得意先にお伺いする。電車で行けば2時間半もかかるが、高速バスだと1時間半。お得意先に高速道路の乗降場所までのお迎えに甘える。昼ごろだったので同僚に「山梨のおいしい料理を食べよう」と持ちかけたが堅実な彼は「どんな場所かわからないので新宿で食べましょう」と普通の返事をする。
      
新宿西口からバスで都留(つる)まで行く。いい天気だったが富士山まではまだ遠い。山の中に民家が建っている店もない、タクシーも走っていない場所でした。飯食っていて良かったわ。でも富士なになに・・河口湖などの名前を見るだけでうれしいねぇ~
コメント

尊農攘夷

2011年10月26日 | 日記
円最高値75円73銭、タイの洪水の長期化、TPP環太平洋経済連携協定など日本はどうなっていくのだろう。
新聞のコラムでTPP関連記事の中に一言で言い当てている四字熟語を発見。「尊農攘夷」
コメント

珍しいお酒で乾杯

2011年10月25日 | 日記
同僚の送別会をしてやった。「してやった」と言うのは、たまたま帰るのが遅くなったので「袖すり合うも他生の縁」と言うこともあり3人で居酒屋に行った。彼、ぐちるぐちる。ズーッとしゃべっていた。小生が話を変えてもう一人の彼と笑い合って話が終わると、またもとの話に戻していまう疲れるタイプだ。良く来店していたのだろう店の人からシャンパンならぬ日本酒がプレゼントされた。

     
醴泉(れいせん)玉泉堂酒造 
純米吟醸とあり普通の酒のようだが白い沈殿物があった。「活性にごり本生」とあり、栓には「吹きだします」とラベルが張ってある。恐々開けると炭酸がシュワーっとすごい勢いで飛び出してくるからすぐに締めた。少しゆるめたり締めたり10分の格闘の末に呑めることができた。炭酸ポイ日本酒は市場に出ているがこの酒の麹パワーに驚く限りだった。味は少し甘くて呑みやすい。

「こんなの知ってる?」 と言って出してきたのが霧島酒造の新製品?
     
「冬虫夏草」と書いてあり、虫?ゲーって感じですが虫に生えるキノコを浸漬するそうだ。さすがに金霧島はプレゼントしてくれませんでした。話の内容も別にないので酒の紹介になってしまいました。仕事に上下はないから全力でガンバレと言って送ってやりました。
帰りにハンカチのようなものをプレゼントされていました。若いけど良く気がつくママの気持ちが嬉しい一日でした。



コメント

寝屋川市も広い

2011年10月25日 | 日記
寝屋川市の健康まつりに参加しました。地元なので気軽に「行きますわ」と返事したけど、早合点して思っている場所とは違った。高倉町にある教育センターは、家から車で20分ぐらいなのに迷った末到着。

     
体育館で介護予防のイベントをしていました。平日なので子供たちが居なくて本当の高齢者ばかりでした。でもここに来る方は何にも問題がないと思われる。参加されない方、参加できない方をどうすのかが行政と民間が力を合わせることだと思う。じゃあどうするのか

小生も血管年齢をチェックしてもらいました。ショックです。老化進行度が早く、血管の弾力性が非常に低下している。血管測定年齢は65歳でした。バランスの良い食事と運動が大切  そんなこと子供でも分かってる。じゃあどうするのか

小冊子に答えが掲載されていました。
<目標設定は5W1Hでバッチリ>
私は、(いつ)までに(どのうように)なりたいから(いつ)から(どこで・何を・どのくらい)しようと思う。
としっかり目標を書き込むことからスタートすることだ。

こんなことも分かっているのだが・・・
コメント

豊中市は救命力が世界一

2011年10月23日 | 日記
昨日に続き健康まつりに参加しました。今日は豊中市の「いきいき長寿フェアー」アトラクションもいろいろありました。和太鼓はみなさん好きですよね。小生なんかマラソン大会で聞いたら魂に響いて涙が出そうになったことを思い出す。フラダンスはお年寄りは目をつぶりましたが子供たちはかわいいねぇー。ちんどん屋さんや猿回しもあり楽しかったですよ。ジャグリングは魅力的だ。なぜか小生もやってみようーと思うのだ。テニスのボールなんか何度買ったことか。

        

そうゆうことで、ジャグリングを教えていただきました。まあ練習しかないと思うのですが数学が絡んでるだって。奇数の3個なら交差させながらボールを回す。偶数の2個なら片手で上下する。4・4・1というジャグリングがあって足すと奇数・・・なんかよくわからなくなった。頭がよくなるそうだ。わかる気がする。
フーセンでは、ミッキーちゃんがかわいかったです。

救急救命に関して世界一だそうです。
豊中市は、市民や事業者の皆さんの救命意識が高く、救命講習修了者数の人口に対する割合が全国でトップレベルであり、また、救急隊数、救急救命士数の市域面積に対する割合も全国のトップレベルであることを誇っています。
コメント

検査でも5千円かかるか!

2011年10月21日 | 日記
飲み会は集中してしまう。今週は呑んでばかりだったので今日は真面目に帰ってきました。久しぶりに雨が降っています。忙しい一週間でしたなぁ。土・日も、健康まつりの応援で出勤で~す。土曜日は天王寺。日曜日は豊中市役所に行ってま~す。

最近、小生の周りの人が定期検診で引っかかる人が目立つんです。4年前に大腸ポリープの検査をして問題はなかったけれど再診しようと思ったのでした。血圧の薬をもらっている医院で紹介状を書いてもらって京阪香里園の駅前にできた関西医大に行く。

     
しっかり者の家人から、「前回は保険が効かなかったからえらい高かったやん。保険効くか聞いといで」と言うので医院の紹介状をもらったわけなのだ。新しい病院は、ちゃんと説明をしてくれるのでいいですね。迷っていると「初めてですか」と声をかけてくれる。次にどこに行けばいいのか丁寧に教えてくれる。診察待ちも画面に番号が表示されているし、30分遅れなど書かれているのでイライラすることもない。名前を大きな声で呼ばれることもない。今日は、尿検査と血液検査と医者の問診だったけど診療費が5,000円とは驚きだ。次回のお尻挿入は一ケ月後に予約を入れました。

ところで
タイガース真弓監督ご苦労さまでした。たまに読む新聞記事では、あなたはやさしい監督であり、部下(コーチ)をうまく使えなかった管理職として反面教師でありました。
コメント