ニコニコ日記・咲顔

一日が一生。感動したことを心咲顔で書いています。
旧http://blog.zaq.ne.jp/kijimuna/

5時間25分はきっついなぁ

2010年07月31日 | 日記
阪神中日戦の延長12回ドロー  2試合分観た感じです。
最終23時36分の阪神甲子園駅発に乗らないと 焦りながらの12回
ノーアウト満塁をしのぎ負けはないと確信して席を立ちました。



今年始めての甲子園は1塁アイビーシート、家人との観戦は始めてかもしれない。
喉は枯れているし耳はジンジンしてる感じ、メガホンを持つ手は痛い。
首位タイガースは今年は違うな。
 マートンの調子が戻れば一気に行けるなぁ~
コメント

Tバックではありません。

2010年07月30日 | 日記
金曜日は、大学時代のいつものメンバーの吞み会。
話が尽きないのでそのまま友人宅になだれ込んでしまった。
酔うと声が大きくなる私に何度もダメダシが入る。
 うるさくてすいませんでした。近所迷惑
学生時代を思い出した51才でした。

友人宅で靴を脱ぐと・・・あれあれ悲惨な靴下。(笑)


おじさんの営業のあかしで~す。
また、この靴下をはいて朝帰りしました。
臭そうでごめんなさい・・・・
コメント

実家の家庭菜園

2010年07月29日 | マザー
休みを取って実家の母の元へ
テレビがいよいよ映らなくなって1週間、楽しみの朝ドラ「ゲゲゲの女房」も見れないと・・
32インチTVを買う。母曰く、電気屋さんは、車でないと行けない・・・
以前は、街の電気屋さんがいろいろやってくれた。
そうだな、高齢社会だと言うのに商店街はガレージになりで大型化している。
ショッピングセンターも広すぎる。

電化製品を買うのは嬉しく楽しい出来事ですね。
小学校の時、学校から帰って来るとカラーテレビが家にあった。
アポロ11号の月面着陸のその時だった(1969年)


ところで
家の隣の畑には、ゴーヤ、きゅうり、しそが毎日取れる。
始めてもらったのがミョウガだ。
地面すれすれに芽を出して花を咲かしているんですね。始めて観察しました。

  

とれたておゴーヤは、薄切りにして塩でもんでポン酢をかけて食す。
シャキシャキ感と苦さが何とも美味しい。

  
コメント

茄子の刺身

2010年07月28日 | 食する
東京での仕事のあと、親友と久々に酒を酌み交わす。
有楽町のマルイの花屋さんの前で待ち合わせ、近くの居酒屋に向かうが
どこも満員で予約が必要なんだ。金曜日なら分かるが水曜日の19時なのにねえ。
恐るべしトウキョウ。結局6件目で喉を潤すことができた。落ち着いた感じの居酒屋。

泉州茄子の刺身 600円


人から聞いたのですが『水ナスは包丁入れたらあかんよ。手で裂くんよ』と、
塩分が気になる漬物でなくて、生の茄子はふかふかの食感が美味しかったですね。
お兄さんが「泉州」を和歌山などと言うからちゃんと大阪南部と教えておきました。


ところで、親友は一緒に女性をお連れしていた。
お互いバツイチ同士のカップルの誕生だ。この年で恋人同士と言うのはいいもんだ。
全男性の欲望である「はだかにエプロン」を実戦したとニタリ顔で話していた。
女性もノリがいい。聴いていてこちらが恥ずかしくなりますわ。
今度はお互いを大切にしいや。
コメント

タイガース首位 バンザーイ!!

2010年07月27日 | 日記
ヤッター 後半戦の第一戦で早くも首位でっせ!!「ブラちゃん最高よ」
今日は仕事しながら聴いていました。

iphoneはやっぱり素晴らしい。
先日、ラジオ受信ができる無料のアプリを教えてもってもうどっぷりです。
もう、携帯ラジオも要らなくなったね。と言うものiphoneは電波放送で無いので
電車の中でも聴くことができるんです。ヤッターって感じです。

今日の朝のABCラジオ、我らが道上洋三さんが話をされていました。
矢野捕手のこと。(サンスポより)
阪神・矢野燿大捕手(41)が26日、大阪市内の大阪社会福祉指導センターで会見し、
自身の背番号にちなんだ『39(サンキュー)矢野基金』を設立することを発表した。

 「僕たちは恵まれた環境の中で野球をやらせてもらって、応援ばかりしてもらっている。  恩返しがしたいと思いました」

 運動機能が失われていく病気の筋ジストロフィー患者と、児童養護施設の子どもたちへの 応援基金を募る。今後はチームメイトにも呼びかけていくつもりだ。

 また、右ひじ痛を抱える自身の状況にも言及。「この時期には戻れるという手応えはい。 辛いというのはあるが、とにかくきょう1日を頑張るということを目標にやっている」。 折れそうになる心を、必死に奮い立たせる胸中を明かした

 児童養護施設の子ども達を球場に呼んでいる阪神タイガース・矢野燿大選手。
今回のきっかけは自分のファンの筋ジストロフィー患者のお見舞いに行った時でした。
生活に必要な電動車いすが高額である為、運動機能が少しずつ失われていく病気にもか
かわらず症状に合わせた車いすを持てない患者さんが多いことを知りました。
「応援してもらうばかりだった自分も恩返しがしたい」
この思いを社会福祉法人大阪府社会福祉協議会の協力のもとに基金として
  立ち上げることになりました。

道場さんいわく、今の苦境している時に基金を立ち上げることは深い意味があるんです。
コメント

冬はまた 夏がましじゃといいにけり

2010年07月26日 | 日記
暑いのは半端じゃないようです。
会社の通風口から熱風が逆流して暑いのなんのって。
周りの55才以上の(たまたまかも?)おじさんの一人は午後から半休し、
他の人は、「調子悪い」「「熱中症かもしれへん」などなど体調には気をつけましょう。


「冬は又夏がましじゃと言いにけり」「冬は又夏がましじゃと言いにけり」
上島鬼貫 万冶4年〈1661〉伊丹に生れ、元文三年 (1738) 78歳で没

伊丹小学校のころ「おにつらの墓」に行った記憶は、あるのだが何処だっかな。
「冬は又夏がましじゃといいにけり」人間味があっていいなぁ~落語の世界のようの広がりますね。
この時代は、クーラーもなくて夏も今日のような暑さでは大変だっただろう。冬もしかり。
熱中症で6人が亡くなった記事を見たけど、体調が悪い時は無理したらあかんで。

コメント

おじさんが喜ぶPOP

2010年07月25日 | 日記
「お願~い!無理に触らないで」 桃尻娘より
スーパーで見つけました。男性は絶対に嬉しいポップですね。
食品のスーパーは9割は女性だと思うんですが女性にも受けるんでしょうか。不思議だ。


     


「お願~い。やさしくさわって!」だとイヤラシイものになります。
「お願~い。強くさわらないで!」も誘っている感じ?
どうでもいいけど、ふっとした。ニヤとしたPOP。
まあ、買うのは別の話でしたが・・・・(笑)
コメント

熱中症にご注意

2010年07月24日 | 日記
会社では「暑い暑い」と言ってはため息を発する同僚にはうんざりしている。暑いのは当たり前よ。 
たまに(汚い話だが)「しょんベン行こ」と言って立ち上がるやつ。静かに言ってこいよ。  
どちらも口癖なんだろうが・・・私も気をつけなければね。


今日も35度の暑さでした。
今日のトレーニングは5キロのペットボトルに入れた水を背負って4時間歩行に挑戦する。
16時家を出発して枚方市駅まで1時間。途中、名物の氷屋さんは並んでいました。
いつもの机は撤去され持ち帰りのみで残念そうでした。

  

歩行開始1時間ではまだまだ余裕たっぷりなのでまた今度食します。

京阪樟葉駅に着く頃はのどの渇きと暑さによって気持ちが悪くなってきました。
ポカリスエットを買って少し休んだんですが、結局2時間15分で断念しました。
4時間あれば京都までと思っていたんですが残念。
樟葉駅トイレで着替えてクーラーの効いた車輛の人になりました。
無理は禁物です。今日は腰に違和感がありました。
コメント

やっぱり暑い日は地ビールですね。

2010年07月23日 | 食する
今日もとけるような暑さでしたね。アスファルトの照り返しで体感温度は40度?は間違いない。
仕事で阪急茨木市駅の保険所があるビルを出ると「光化学スモッグ注意報」が発令されていました。
     
   
sukeが小学生の頃は、館内放送で「外に出ないでください」案内があった。
目が痛くなったりして保健室にいく人もいたなぁ~と懐かしく思った。
健康を犠牲にして経済成長していたんだな。今の中国のように・・・


こんな日は、まっすぐ帰るわけない。ニューミュンヘンのサッポロビアレストランへ直行。
早速、地ビールで乾杯
予約も入っていいたけど6時半には満員の市況ぶり。
見渡すとミュンヘンは、年齢が高いですね。ある種のノスタルジーを味わっているのだ。

同席した70才の慶応ボーイは、名物「鶏のから揚げ」をかぶりついておられた。
ビヤホールは、昔からビールと唐揚げはセットだったと思う。
 この方の人脈はすごくて今日も面白い人の話を聞いたのでまた紹介しますね。
コメント

また出費

2010年07月21日 | 日記
千里中央で飲んだのはいいけどまたまた京阪電車で寝てしまった。
「座ったらあかん」と思っているのだがダメだ。
京阪電車最終八幡駅止まりだった。

タクシーで5千円弱とは・・トホホホホホ
恥ずかしながら「いくらかかりますか」と聞くと
「大阪からだと1km330円だけど京都からだと280円ですよ」
「お客さん安いんですよ」ですって。財布の中身を見られたような屈辱だ。

でも料金は一律金額だと思っていた。こんな勉強は入らないが・・・
コメント