ニコニコ日記・咲顔

一日が一生。感動したことを心咲顔で書いています。
旧http://blog.zaq.ne.jp/kijimuna/

伊勢神宮

2018年09月19日 | アウトドア
9月18日(火)5時半起床。伊勢志摩は、いい天気になりました。ミル姫の散歩からスタートです。朝食は、7時からフロントが用意してくださるフレンチトーストとホットコーヒーが非常に美味かった。
  
キャンプでいつも思う光景は、朝起きると散らかりまくってゲンナリすることだ。今回も片づけから始まった。食材も買い過ぎるしシンプルキャンパーには憧れてしまう。最近、芸人のヒロシさんのキャンプあるあるをテレビで観たけどまたブームになっているんでしょうか。小生はダッチオーブンで鶏の丸焼きが作ってみたいと思っているけど、今のところダッチオーブンは、カレーを作る鍋になっている。
  
伊勢志摩エバーグレイスのグランピングを後にして、伊勢神宮・内宮へ。ココも受付でミル姫を預けるが鳴き声が宇治橋を渡っても聞こえてくる。約1時間強の試練でした。
  
おかげ横丁には、ゲージに入れたまま歩く。すし久で「てこね寿司」を食そうと決めていたんだけど、ミル姫が鳴く恐れがあったのでちょい食いで済ますことにした。伊勢うどんは、2回目だけど好きだねー。もちろん赤福は食さねば。
テレビで観た志摩地中海村に行こうと提案したけど、ネット検索で満足したようで却下。ぼちぼち帰ることにしました。


還暦旅行でいいスタートができました。これからもがんばります。
コメント

伊勢志摩エバーグレイス

2018年09月18日 | アウトドア
9月17日(敬老の日)家族が還暦祝いをしてくれた。有馬温泉なんかいいんじゃないのと話していたんだけど、よく家族でキャンプに行った経験もあって子供たちが流行っているグランピング(グラマラス(Glamorous)なキャンピング(Camping)の造語)で、伊勢志摩にいくことになった。
  
10時半に車に乗り込んで西名阪道で伊勢西ICへ。食材はもちろん松阪肉でしょうね。スーパーでなくてお肉屋さんを捜すと、昨年の3月5日に伊勢神宮を歩き巡った旧街道に入り懐かしい道路を走る。そのまま14時ごろ伊勢神宮の外宮へ参拝。事前に調べたトイプードルのミル姫を預かってくださる受付にお願いするも鳴き声が止まらない。かわいそうだけど仕方がない。
スイーツ男子が御朱印デビュー。駅前の肉屋さんで松阪牛100g1,300円ぐらいを1kg購入して、車を賢島の方向に走らせる。

  
伊勢志摩エバーグレイズ 色々な部屋の種類があるけど、ペット可の6人部屋。台所、冷蔵庫、水洗トイレ、シャワー付きの部屋、マットはあるけどシーツやタオルケットは持参。一人約5,000円ぐらい。メインは、BBQで食材と酒は、びっくりするほど用意万端!

  
缶ビールで乾杯して、満開みっきーからのプレゼントの獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分 をぐびぐび。自転車なりからのモルトウイスキー西郷どんのハイボールを呑みながらハンモックで爆睡状態。用意したワインは呑めないのは残念だわ。旅館では味わえないアウトドアーでした。

コメント

横山大観展

2018年07月14日 | アウトドア
7月13日(金)昨夜は名古屋に宿泊。有給休暇を取っているけど観光地が思い浮かばないので、そうだ!京都だ、京都国立近代美術館だ。京都駅から市バス100番に乗って七条から三条の平安神宮で下車。最近の市バスは外国語のアナウンスが流れている。また、三十三間堂や清水寺に近づくと見どころアナウンスが流れていました。進化してるやん。
  
岡崎公園内の京都国立近代博物館は、初めて来ました。エレベーターで3階へ。もちろん音声ガイドは必須で、今回のナビゲーターは中村獅童さん。生誕150年の横山大観の若い頃の写真は、びっくりするほどの男前! 岡倉天心を師匠として日本画を学ぶ姿勢がよく分かりました。風を筆で描く空気感に感動します。墨絵のようにぼかしている朦朧体から片方だけをぼかす技術はすごい。40mの蒔絵になっている生々流転は、水の一生を描いた大作です。関東大震災に遭遇したけど奇跡的に現存している。現在は後期の展示なので水は川から海に流れる最後の場面でした。そしてやっぱり富士山が素晴らしい。冬の富士、春・夏、夜の富士などすべてに顔があるんです。写真の富士の群青色と雪のデザインがいい。

家に帰る前に成田山不動尊で少しいっぷく。徐々に赤みが増してくる19時20分頃の空は、ぼかしのかかった大海のような一枚の絵のようです。
コメント

Red Bull Air Race Chiba 2018

2018年05月27日 | アウトドア
5月26日(土)昨夜は、よく呑んでよく寝たので東横インの朝食のカレーはガッツリ食し、Mさんと8時半にフロントで待ち合わせて海浜幕張駅へ。
  
朝早いのに駅には多くの人が降りてくる。エアレースは、海に向かうけどほとんどの人は、途中で分かれる。その方向はAKBの握手会があるようです。客層が違うと思ったわ。今日の天気は、雲が多くて25度の気温なので過ごしやすそうだ。日焼け止めを忘れたけど大丈夫だろう。スタッフの誘導する一般エリアは、前回と並ぶ場所が違ってZOZOマリーンスタジアム前に設けている。列に並びながら千葉市が配布しているガイドブックを観ながら10時の開場を待つ。
  
土曜日が予選で日曜日が決勝戦のエアーレースだ。見どころは、徐々にテレビ露出も増えてきた昨年優勝した室谷義秀さんの2連覇。最高時速370km、最大重力加速度12Gの中で操作技術、判断力、体力、精神力を試される過酷なスポーツだ。13時から始まるレースの前にモーターパラグライダーが上空から舞い降りてきたパル・タカツさんのアクロバティックな空を飛ぶ姿は優雅でした。
   
小生たちは、スマホでの写真で十分だけどやっぱり望遠レンズの写真は美しい。カメラ好きにはたまらない被写体ですよね。前のおにいさんのカメラは、持つのも大変そうな望遠レンズがついていました。
zozoマリンスタジアムの周りには、イベントなどもやっていて楽しく過ごせるし、多くの屋台には美味そうな食材。小生たちは、10時から17時過ぎまで一日中呑んでばかりでした。今年も楽しい楽しいイベントが終わりました。来年も来れたらいいねとMさんを話しておりましたがどうなることでしょう。
コメント

中之島バラ園

2018年05月12日 | アウトドア
5月11日(金)明日、地元で開催される退職準備セミナーに参加するので年金の金額などを事前に調べるために薬業年金センターに電話で聞いてもよく分からない。半休を出して北浜近くのセンターを直接訪問することにした。でも専門用語が頭に入らない。まあまあおおよその金額は理解できたと思うけどどうなんでしょうね??。16時前に終わって気持ちが良い天気なので街を散策していると思い出したのがポールを買ったメーカーのシナノさんに教えてもらった天満橋のはちけんやにある「一般社団法人 全日本ノルディックウォーク連盟」。担当の方にいろいろ説明してもらった。歩くっていいなー。特に今日のような天気の日にはねー。そのまま北浜の方に歩いていくと無料の中之島バラ園が満開でした。
  
堂島川と土佐堀川に挟まれた中州で橋の向こうは中央公会堂が見えます。約310品種、約4000株のバラが見事でした。小生は、ベンチに座りながらレストランで生ビールを注文して日光浴しながら読書しておりました。あ~しあわせ!
コメント

造幣局の桜の通り抜け2018

2018年04月15日 | アウトドア
4月14日(土)家人と車でココロの勉強会に出席した帰りに天満橋の桜の通り抜けに行く。雨が降ってきたのは人が少なくていいだろうと思ったけどそれなりに混雑していました。約560メートルの遊歩道に134種類の桜が350本並ぶ、さすが造幣局だ。大阪城に駐車しているツアーの人も多いようだ。車じゃなかったら屋台で呑み食いするのになー。残念!

今年の花は「大提灯」ふっくらと丸い大きな花が提灯のようにぶら下がって咲くそうですが、もう見ごろが終わっていました。残念! 造幣局の人も今年は大変なことでしょう。たぶん苦情が声が上がっているのかも。といっても無料開放なのを忘れていましたわ。
コメント

入学式に列席

2018年04月03日 | アウトドア
4月2日(月)有給休暇をとって満開ミッキーの大学の入学式に列席。←参列でもいいそうだけど別の時に使うので列席にしました。
入学式は、もう最後だもの。今までも参観日やバスケの試合なんか行ける時は出来るだけ出席したから特別感はないけど、未来がある人たちの集まりの中に居るとココロがウキウキします。学長のスピーチから「未来を信じ未来に生きる」とお言葉がありました。大学って学び方を学ぶ場そうです。過去に戻れるのならもっと勉強をしていたらよかったと反省しとります。人生100年時代をよく聞くけど小生もボーっとしていられませんわ。会場には、男性も結構いらっしゃたのは良いことです。学生の半分が下宿だそうで親も大変だ。ミッキーもこれから出会う人たちが広がっていくことでしょう。真っ白いキャンバスにミッキーらしいでっかい絵を描いてほしい・・・。と書きながら小生ももう少し頑張りますわ!


今日は、家人のおかあさんも来られているので、1時間早めに着て平安神宮の神苑でお花見。

ミッキーと別れてお昼ごはんは、3人で予約していた祇園うえもりで湯豆腐と湯葉の会席を食す。たまには落ち着いた京都もいいですね。ノンアルコールで乾杯 ココお薦めです。

家人と義母とは、散り始めているしだれ桜の高台寺で別れて、小生は六波羅蜜寺へ。今日は、25度と5月の気候だそうで暑かった一日でした。御朱印帳を持って社寺まわりしようと計画していたんだけど・・・なんでこう疲れやすいんでしょうね。
コメント

背割堤の花見

2018年04月02日 | アウトドア
4月1日(日)雨も降らずいい天気が続いて毎日お花見日和が続いていますね~。今年のお花見は、家人のリクエストもあって京阪電車・八幡駅の淀川河川公園・背割堤(せわりてい)へ。
  
宇治川と木津川に挟まれた堤に約250本のソメイヨシノがトンネルのようになっている。何度も来ているけどこの美しさと広さは何処にも負けませんねー。風が吹くと桜吹雪きが舞う光景はうっとりしてしまいます。
  
八幡駅前のスーパーで買った寿司とたこ焼きなどを持って背割堤に向かう人の列に続く。人は多いけど約1.4kmと広いので場所選びには不自由しない。座れるような斜面を見つけて乾杯だ。


石清水八幡宮の一ノ鳥居前にある創業250年余の「やわた走井餅老舗」で走井餅セットを食す。刀を模した形だそういだが少し甘かったかなー。

コメント

天王寺七坂2

2018年03月03日 | アウトドア
3月2日(金)一週間前の2月23日に天王寺七坂を歩いた続きです。
  
社外の会合の帰りに谷町九丁目の谷町筋から千日前通りを下って松屋町筋へ。大きな交差点に鳥居があるは初めて知った。目的は、この坂じゃなくて少し戻った場所が、真言坂 マンションの間を進むと生国魂神社の南門に突き当たる。七坂の中でこの坂だけが南北方向だ。車道が無かったら北方向に歩くと高津宮(こうづぐう)がある。仁徳天皇が家々から煙が見えないので煮炊きにも事欠いていると察して、労役を免除したのは有名だ。

  
生国魂神社から場違いなホテルが並ぶ上町台地を歩くと、真新しい門構えの齢延寺から下っている坂が源聖寺坂 一番見晴らしが良くて石段と石畳が美しい坂でした。お寺お墓が続いている下寺町の松屋町筋を歩くと七坂ではない車が走る学園坂の信号を渡る。

  
口縄坂 立札には<坂の下から眺めると、道の起伏がくりなわ(蛇)に似ている> 有栖川氏の幻坂の本には、ネコが住み着いていると書いてあったけど今日は出会えませんでした。小説では悪さをするネコの物語にはゾクッとしました。坂の上には織田作之助碑が建っています。


ココまでが前回合わせて天王寺七坂です。生国魂神社で参拝しているとスタンプラリーのマップが100円で販売していました。有栖川さんの幻坂が、2年前の発売なのですでにひっそりと盛り上がっているでしょうね。このまま歩き続けました。

  

愛染堂勝鬘院に参拝。愛染さんと親しみを込めて呼びます。多宝塔は重要文化財。「愛染かつらの木」は、桂の木に、ノウゼンカズラのツルが巻き付いている姿が仲の良い男女が寄り添っているように見えるので「恋愛成就・夫婦和合の霊木」として有名です。

      
愛染坂を下って清水坂と天神坂を下からパチリ。逢坂を歩くこと1時間半。幻坂を読むとまた違った歩きができました。いい本に出会いました。何度も歩くとまた違った風景や歴史を感じるんでしょうね。

  
一心寺からJR天王寺駅に向かうと茶臼山の公園、大阪市美術館を横切って駅前の公園に入ると信じられないほどの変わりようにびっくりです。子供が小さい頃に天王寺動物園に向かう時にこの辺りは、ションベン臭くて、おじさんたちは缶ビールを呑みながら将棋をしていた大阪らしい風景を思い出す。もっと昔は、衣装をまとってカラオケを歌っている声が響いていました。全て大阪の歴史ですねー。
コメント

天王寺七坂1

2018年02月24日 | アウトドア
2月23日(金)御堂筋本町での仕事が予定より早く終わり、直帰にしていたので本町駅から大国町駅まで御堂筋線で移動。今宮戎神社で参拝して四天王寺までの道を歩く。大昔は海だったこの地は、大阪城から南方向に上町台地が続いており、南北に走っている松屋町筋から上町台地に向かって谷町筋までが坂道が続いている。

車道の向こうは、天王寺動物園や一心寺がある。2年前には、真田幸村めぐりで歩いた場所だ。この坂は、逢坂という。(地名は「逢阪」) 逢坂といえば、百人一首の「これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関」の琵琶湖と京都を結ぶ坂を思い出す。


逢坂を登ると大阪夏の陣で真田幸村が戦死した安居神社・安居天神があり、その横の坂道が天神坂で、途中に当時の湧き水の雰囲気を再現した場所がある。


京都の清水寺を模した有栖山清光院清水寺には昨年の7月23日に参拝している。京都の清水寺を模したお寺には「音羽の滝」ではなくて「玉出の滝」がある。(三筋の滝のご利益は、滝に向かって左から「学業成就」「恋愛成就」「延命長寿」と言われています) そして清水の舞台となっている横の道が清水坂だ。


谷町筋から愛染堂勝鬘院・本尊は愛染明王。隣の大江神社と大阪星光学院の間が愛染坂だ。このあたりの地名は、夕日丘町で夕焼けは美しい。

今日は3坂で終了。このまま東へ歩くとJR桃谷駅へ。本日の歩数は11,000歩だけど坂道は疲れます。この坂を中学生がダッシュしていた。
コメント