イン・マイ・ルーム.COM

ブルーグラス、カントリーなどアメリカン・ミュージック、酒、B級グルメなどなど・・・・

Where The Willow Gently Sways - Bill Clifton & The Country Gentlemen

2018年01月21日 | ブルーグラス
1971年日本キングレコードより発売された「ビル・クリフトン ミーツ カントリー・ジェントルメン」から、 柳そよぐころ・Where The Willow Gently Sways このアルバムについてはブログ「超ブルーグラス入門」で詳細に書かれてます September 3,4, 1963, Wynwood Studio, Falls Church, Virginia; Producer; . . . 本文を読む
コメント (2)

Huckleberry Hornpipe - Byron Berline,Sam Bush & Mark O'Connor

2018年01月19日 | ブルーグラス
1月10日記事のアルバムからもう1曲 Huckleberry Hornpipe . . . 本文を読む
コメント

Fox On The Run - Bill Emerson & Cliff Waldron

2018年01月17日 | ブルーグラス
1970年代ワシントンD.C.辺りで人気を博した Cliff Waldron Bill Emerson & Cliff Waldron 名義でリリースされたアルバム Bluegrass Country(1970) から Fox On The Run 詳細は、こちらのブログ「超ブルーグラス入門」で . . . 本文を読む
コメント

Beaumont Rag - Mark O'Connor & Jerry Thomasson

2018年01月14日 | ブルーグラス
当時の全米フィドルチャンピオン4人をタイトルにした1976年のアルバム "A Texas Jam Session Featuring Four World Champion Fiddlers" このアルバム Mark O'Connor Productions から OMAC・レーベルでリリースされたたった2枚のうちの1枚目 マーク・オコナーのリード・ギターで Beaumont Rag . . . 本文を読む
コメント

Alabama Jubilee - Byron Berline,Sam Bush & Mark O'Connor

2018年01月10日 | ブルーグラス
1976年のアルバム "Byron Berline,Sam Bush & Mark O'Connor In Concert" から Alabama Jubilee リード・ギターは当時15歳のマーク・オコナー・・・ Byron Berline-fiddle Sam Bush-mandolin Mark O'Connor-guitar . . . 本文を読む
コメント

I Heard The Bluebirds Sing - The Greenbriar Boys

2018年01月08日 | ブルーグラス
The Greenbriar Boys 1966年最後のアルバム 「Better Late Than Never!」から I Heard The Bluebirds Sing この曲カントリー畑「ザ・ブラウンズ」でヒット、元はカナダのソングライター Albertan Hod Pharis さんの作品 . . . 本文を読む
コメント

East Virginia Blues - The Bluegrass Alliance

2018年01月05日 | ブルーグラス
昔の記事から再投稿 カーター・ソング East Virginia Blues . . . 本文を読む
コメント (2)

正月は日本酒三昧

2018年01月02日 | 日本酒
もう何年になるんだろうテレビ桟敷で駅伝観ながらの酒呑み、昨日元旦は「ニューイヤー駅伝」そして今日は「箱根駅伝」正式には「東京箱根間往復大学駅伝競走」と言うらしい さすがに歳のせいか酒量は減ってる・・・・ 一升瓶4本は全て呑兵衛さんからの戴き物、もちろんこちらからお返しは差し上げてる・・・・ ワイナリーが醸した日本酒「サケ エロチック 生酛」1.5リッター、名前も洒落てる、醸造元は長野 . . . 本文を読む
コメント

There's a Tear in My Beer - Hank & Hank

2018年01月01日 | ハンク・ウィリアムス
諸事情によりこのブログに出戻ってまいりました、本年もよろしくお願いいたします。 1月1日はカントリー・レジェンド ハンク・ウィリアムスの命日、本年65回を迎えます健在であれば95歳 ジュニアとのデュオで There's a Tear in My Beer、勿論音の繋ぎ合わせ・・・ . . . 本文を読む
コメント