イン・マイ・ルーム.COM

ブルーグラス、カントリーなどアメリカン・ミュージック、酒、B級グルメなどなど・・・・

I've Got My Love To Keep Me Warm-Steve Tyrell

2010年09月29日 | MUSIC
こちらの記事のスティーブ・タイレルさんを1曲「I've Got My Love To Keep Me Warm」
しゃがれた、決して美声じゃありませんが味のあるヴォーカルを・・・・


「アメリカのシューベルト」と云われたアーヴィング・バーリンさんの作品です、そうあの「ホワイト・クリスマス」、「ガッド・ブレス・アメリカ」などなど沢山の曲をヒットさせた、アメリカを代表するソング・ライターでした

I've Got My Love To Keep Me Warm-Steve Tyrell


コメント (12)

Oh, My Papa!-Eddie Fisher

2010年09月27日 | MUSIC
25日の朝刊に、アメリカの歌手エディー・フィッシャーさんが亡くなった旨の記事がありました、享年82歳

1950年代、カントリーでお馴染みの「エニー・タイム」、そしてこの「オー・マイ・パパ」などのヒット曲があります
この「パパ」は水商売の女性の方々が仰る「パパ」とは違います・・・ん?・・・・父親賛歌です・・・・

この画像右のデビー・レイノルズと結婚、しかし数年後に彼女を捨て左のエリザベス・テイラーと結婚、世間の失笑を買い落ち目に・・・そしてエリザベスさんにも捨てられちゃう~


Oh, My Papa!-Eddie Fisher


コメント (6)

I'm Sitting On Top Of The World-Bobby Darin

2010年09月25日 | MUSIC
古くはレス・ポールとメリー・フォード、シナトラ、ディーン・マーティン、などの方々にとり上げられた曲「I'm Sitting On Top Of The World」、1920年代Ray Hendersonという方の作品だとか・・・映画「キング・コング」リメイク版にも挿入された曲

ボビー・ダーリンもこのアルバムで歌ってます、

奥さんのサンドラ・デーと、と云っても今の若い方は知らないか・・・・


I'm Sitting On Top Of The World - Bobby Darin

コメント (9)

A Tramp On The Street-Hank Williams

2010年09月23日 | ハンク・ウィリアムス
前回記事の流れで・・・このボックスから1曲
ゴルゴダの丘(曲中ではカルバリと詠んでる)で十字架に磔にされたイエス・キリストと、路上で亡くなっていった放浪者を歌った「A Tramp On The Street」(作:Grady and Hazel Cole)

ハンクはこういった宗教関連を歌うときは「Luke the Drifter」(彷徨えるルカ)名義としています、3分50秒と彼にしては長いですが、ハンク節を堪能できる1曲です。

この画像、左からジュニア、シニア、ハンクⅢ、ハンク家三代そろい踏み・・・



The Health and Happiness Shows,Oct 1949
A Tramp On The Street-Hank Williams
コメント (6)

The Lady Is A Tramp-Steve Lawrence

2010年09月21日 | MUSIC
こちらのアルバムから1曲「The Lady Is A Tramp」

この曲、多数のミュージカルを作曲したリチャード・ロジャースの作品、シナトラはもちろんですが、エラ・フィッツジェラルドの名唱がありますね

余談ですが
ハンク・ウィリアムスの作品に「A Tramp On The Street」と云うモラリティ・ソングがあります、この場合の「Tramp」は「放浪者」と解釈してます、こちらの「Tramp」は「自由奔放な・・・」、女性となるようです・・・・


おしどり夫婦として有名な奥方、イーディ・ゴーメさんと

The Lady Is A Tramp-Steve Lawrence


コメント (8)

You Ate The Apple-Tim O'Brien

2010年09月19日 | ブルーグラス
"HOT RIZE"のティム・オブライエンが今年リリースしたアルバム「Chickin & Egg」からもう1曲「You Ate The Apple」

ブルーグラスからは一歩?前進したかの音造り、もともとこの方は狭義な範囲にとらわれることなく、あらゆる音を追求してきた方、ブルーグラスと云うよりアメリカン・ミュージック・アルバム?でしょうか・・・・納得できるアルバムです

スイング感充分な曲ですねメンツは
Tim-guitar/vocal
Mike Bub-bass
Stuart Duncan-mandolin/fiddle
John Gardner-drums
Abigail Washburn-vocal
You Ate The Apple-Tim O'Brien



宇都宮と云えば、餃子の消費量が静岡県浜松市と日本一を競ってる街、餃子専門店が何店もありますが、そのうちの1店「幸楽」、他店と違うのは、肉類が多く、味も付いてる点
コメント (24)

Sunnyside Drive-The Farewell Drifters

2010年09月17日 | ブルーグラス
このバンド好みなので、あと1曲ご紹介したいと・・・・

バンドの詳細はこのHPをご覧なってください

アルバム「Yellow Tag Monday」、ビートルズの「For No One」のほかは全て彼らのオリジナル曲が占めてます

前作から比べると、より今風なブルーグラス・スタイルへ・・・と云うよりアコースティック・フォーク風?へ、コーラス、ハーモニーも荒さが消え、ソフトへ・・・これが良いのか・・・Music comes round and turns でしょうかねぇ~

Sunnyside Drive-The Farewell Drifters




「蛸ブツ」、軽く塩振って、レモンを絞りかけた、だけのシンプルつまみ、蛸はスライスしちゃいけません、歯ごたえがまったく違いますから、あくまでもブツ切りで・・・寿司屋で注文すると、ブツ切りって言ってるのにスライスされちゃう~
コメント (4)

For No One-The Farewell Drifters

2010年09月15日 | ブルーグラス
この記事のバンド”The Farewell Drifters”デビュー・アルバムから、3年目にして2枚目のアルバム「YELLOW TAG MONDAYS」から、ビートルズの「For No One」

イントロ聴くと、クラシック・ファンでしたらオヤッ? チャイコフスキ-の弦楽セレナーデ?

このバンド、YouTubeに動画が結構あり楽しめます・・・・

For No One-The Farewell Drifters



アップルが9月1日第4世代iPod Touchを発売と報道、iPhone4との違いは電話機能がないだけ、wi-fi環境が条件でTouch、iPhone4同士ならビデオ通話もできるんだそうだ、画面も格段に向上したようで、カメラ、ビデオも付いたか~~買い換える??暫し悩むとしますか・・・・
コメント (13)

Summer Samba-Walter Wanderley

2010年09月13日 | MUSIC
ボサノバというと「イパネバの娘」が有名ですね、私にとっては「サマー・サンバ」英題:「So Nice」、オリジナルはマルコス・ヴァーリさんですが、こちらオルガンで聴くワルター・ワンダレーのテイクがイチバン!、これ聴いてると思わず体のどこかが動いてきちゃう~
一時期携帯の着メロにしてました・・・・

ジミー・スミスのほかにも、こんな素晴らしいオルガン奏者が居たんです。

Summer Samba-Walter Wanderley




ちと古いです今年7月の画像、上杉謙信(幼名・長尾虎千代)が7才から14才まで過ごしたと云われる上越「春日山・林泉寺」の山門を裏から、謙信直筆の「第一義」が見えます、本物は境内の資料館に・・・
コメント (4)

Melodie D'Amoue-Eydie Gorm

2010年09月12日 | MUSIC
このアルバムから1曲「メロディー・ダムール」

このアルバムからは「The Gift」がヒットしたとか・・・ほかにはポップス界でヒットした「恋はボサノバ」も、このアルバム聴くと昔のこと思い出しちゃいます・・・歳とったなぁ~

Melodie D'Amoue-Eydie Gorm



十返舎一九も立ち寄り食した、と云われる越後高田地方の「粟飴」、本家はこちら高橋孫左衛門商店


写真は大杉屋惣兵衛の粟飴、本来は粟、現在は餅米を原料としてるらしい、時たまこうして舐めると子供のころに戻ります
コメント (4)