イン・マイ・ルーム.COM

ブルーグラス、カントリーなどアメリカン・ミュージック、酒、B級グルメなどなど・・・・

MICHAEL JACKSON : Ben  

2009年06月28日 | YouTube
マイケル・ジャクソンさんの訃報が飛び込んできました・・・
この方について、全く詳しくはありませんが、「Ben」だけは何故か記憶に残ってるメロディです、合掌。

恐怖のねずみベンと、孤独な少年ダニーをテーマした映画1972年「ベン」のテーマ曲
マイケル・ジャクソン14歳、ソロ2枚目全米チャートNo1のヒット曲


Ben - Michael Jackson


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

EYDIE GORME:Blame It On The Bossa Nova(恋はボサノバ)

2009年06月25日 | YouTube
1963年全米チャート7位を記録したイーディー・ゴーメ歌う「恋はボサノバ」がYouTubeにありました
この方ポップ歌手と思いきや、1940年代後半からジャズのビッグ・バンドで歌いはじめていたそうな

この曲学生のころ、友達の家で聴かされて知り、この曲が入ったアルバム「Blame It On The Bossa Nova」を探したが入手できずあきらめていましたが、つい数年前やっとCD化され何十年ぶりの希望が叶いました


Eydie Gorme - Blame It On The Bossa Nova

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

STEVE LAWRENCE:SINGS SINATRA

2009年06月22日 | YouTube
フランク・シナトラを敬愛して止まない、今やアメリカン・ポップス界の大御所スティーブ・ロレンス
彼がシナトラに捧げたアルバム「STEVE LAWRENCE SINGS SINATRA」
リチャード・ロジャース、コール・ポーターなどアメリカン・スタンダードを、ビッグ・バンドをバックに朗々と歌い上げた全14曲

2003年GL MUSIC

スティーブ・ロレンス1960年4月全米チャート7位の大ヒット「Footsteps」邦題「悲しき足音」がYouTubeにありました
日本ではダニー飯田とパラダイスキング、フランツ・フリーデルでヒットした記憶が、かなり古いお話で恐縮・・・・若かりし頃、飲み友達2人と足繁く通った東北F市のバー「マキ○ム」、呑みながら有線へ必ずリクエストしたのがこの「悲しき足音」、今でもこの曲聴くと当時の良き思い出が蘇える、思いで深い1曲

Steve Lawrence- Footsteps
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

the LONESOME RIVER BAND:OLD COUNTRY TOWN

2009年06月20日 | YouTube
フラット&スクラッグス、ビル・モンロー、などのトラディショナル・サウンドをルーツとしている「ロンサム・リバー・バンド」、オリジナル・メンバーは
Tim Austin on banjo lead vocalist, Steve Thomas on mandolin and fiddle, Rick Williams on banjo, Jerry McMillan on bass

このバンドもメンバーの入れ替わりが結構あり、Dan Tyminski,Ronnie Bowman,Sammy Shelor,ティム・オースティンが去ってKenny Smith,Don Rigsby,などなど、現在は・・・知りません

これ「OLD COUNTRY TOWN」は1994年リリース、L・R・B3枚目のアルバムです、ダン・ティミンスキー、ティム・オースティン、ロニー・ボーマン、サミー・シーラー、と個人的に好きなメンバー

1994年SUGAR HILL RECORDS


上記アルバムのタイトル曲「Old Country Town」1993年の映像がYouTubeにありました、メンバーも同じです16年前ですからロニー・ボーマン32才、ダン・ティミンスキー26才です、チョット田舎っぽい感じもしますが・・・・
LONESOME RIVER BAND - OLD COUNTRY TOWN
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

RONNIE BOWMAN:The Man Tryin' To Be

2009年06月17日 | YouTube
1991年、1994年、と2枚の「The Lonesome River Band」のアルバムでリード・ヴォーカル、ベーシストとして注目を集めたロニー・ボーマン2枚目のソロ・アルバム「The Man Tryin' To Be」

L・R・Bのアルバムで、ダン・ティミンスキーとのデュオがいい感じでした、ソリッド風、コンテンポラリー風と・・・・

ここでもダン・ティミンスキーを迎えていい感じです、ただ'95年、'98年とAmerican Bluegrass Music AwardsのMale Vocalist of the Yearを獲得している自信のせいか、ヴォーカル重視でちょいとポップっぽい、と言いいますかフォーク調の曲が半数、ヴィンス・ギル、リッキー・スキャッグス、サム・ブッシュ、トニー・ライス、ジェリー・ダグラスがバックのブルーグラス風の曲が半数、ブルーグラスを期待して聴くと裏切られますが、これはこれで良いんじゃないでしょうか・・・全12曲

1998年SUGAR HILL RECORDS


このアルバムとは関係ありませんが、マッカーリー兄弟、今評判の若手ブルーグラス・ギタリストのCody Kilby、をバックにした今年4月最新の映像がYouTubeにありました「Don't Give Your Heart To A Rambler」

Don't Give Your Heart To A Rambler by The Travelin McCourys featuring Ronnie Bowman & Cody Kilby

Ronnie Bowman, Jason Carter on fiddle, Rob McCoury on banjo, Ronnie McCoury on mandolin, Alan Bartram on bass, & Cody Kilby on guitar at Cumberland Caverns March 14, 2009
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

Brad Paisley:More Than Just This Song

2009年06月14日 | YouTube
この記事 「PLAY」からもう1曲
故チェット・アトキンスへのトリビュート・ソング「More Than Just This Song」、彼の写真がいっぱい出てきます、後半はチェットへの敬意を表してかギターもアトキンス奏法へ、ブラッド・ペイズリーとスティーブ・ウォリナーの共作です、ミディアムテンポのいい曲です”お気に入り”フォルダへ保存です

カントリー・ミュージック旬のアーティスト、ブラッド・ペイズリーに目が離せません、今月30日にはニュー・アルバム「American Saturday Night」がリリースされます。

Brad Paisley Steve Wariner "PLAY" More Than Just This Song Chet Atkins Tribute


コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

Brad Paisley:with Buck Owens   Come On In

2009年06月12日 | YouTube
この記事のアルバム、ブラッド・ペイズリーの「PLAY」からの曲
バック・オーウェンス最後のレコーディングと言われている「Come On In」、ブラッド・ペイズリーとのデュオ、ここでのバックはマンドリンとドブロを弾いています、バックが弾くマンドリンとドブロを聴くのも最初で最後でしょう、元気なヴォーカルです

Brad Paisley ft. Buck Owens Come On In


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

BRYAN SUTTON:BLUEGRASS GUITAR

2009年06月10日 | ブルーグラス
ケンタッキー・サンダー、ロンダ・ヴィンセント、ディキシー・チックス、のブルーグラス系、およびドリー・パートン、ブラッド・ペイズリーなどカントリー系のレコーディングにも参加している、ブルーグラス・ギタリスト、ブライアン・サットン2枚目のソロ・アルバム、その名もズバリ「BLUEGRASS GUITAR」

個人的にインストアルバムはあまり好みではありません・・・がこのアルバム良く聴きます、飽きないです全12曲みな佳曲です、なかでも6曲目の「Margaret's Waltz」がいいですね、ボブ・ウィルスの「Maiden's Prayer」(パダジェフスカの「乙女の祈り」ではありません)にも似た旋律、哀愁を帯びたメロディーがなんとも・・・

「ホット・ライズ」でのボス、ティム・オブライエンのマンドリンが良いサポートしてます、クラレンスとローランドのホワイト兄弟を彷彿とさせます。

2003年SUGAR HILL RECORDS
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

小川軒カフェ  レーズンウィッチ

2009年06月07日 | 舌鼓
この記事の小川軒、本家は代官山ですがリーズナブルなカフェが新橋にあります、新橋駅前ビル1号館の「小川軒カフェ」、このお店のオムライスが結構美味い、あまり混まないのがいいです

これが美味い


ご覧のとおり中は半熟でトローリ、自家製酸味が効いたケチャップ・ライス、味もしつこくなく見た目よりあっさり、年寄りにはもってこいの一品

土産に同じビルにある新橋店でレーズン・ウィッチを買いました



以前よりクリームが少ないような・・・

ラム酒に漬けられたレーズンが美味いですネー
「六花亭」のマルセイバターサンドとは似て非なるもの。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

カントリー・ラビッツ:田園プラザかわば-2

2009年06月06日 | YouTube
この記事の映像です、近くまで寄る勇気がなく遠めでスミマセン、因みにこのようなポケットHDカメラですので、ズームはあまり効きません・・・・


曲は「Blueridge Mountain Home」
カントリー・ラビッツ



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加