イン・マイ・ルーム.COM

ブルーグラス、カントリーなどアメリカン・ミュージック、酒、B級グルメなどなど・・・・

オレンジピールチョコレート

2008年12月30日 | 舌鼓
今年最後の記事です
オレンジピールチョコ、オランジェ、オランジェット、ソレイユ、などいろいろな呼び方があります、オレンジピールをチョコでコーティングしたもの

前回のオレンジピールに引き続き、またまたまた戴きましたYoshimiさん手造りオレンジピールチョコレート、ラッピングもお上品だっ!




これは美味いっ!
コーティングしたチョコをカリッと噛む、中から果肉のほろ苦さと砂糖の甘みがジュワー~と、チョコの甘さが口の中で絡み合って、もうたまりません、そしてジャックダニエルのロックをゴクッ!と流し込む、プファぁ~・・クセになります。。。

っとここまではいいんですが、ウィスキーが先か、後か、呑んでいていつも悩んじゃう・・・

「ゴディバ」のオランジェなど、いくつかのお店のを食べましたが決して引けをとりません、なにしろオイシイ!

後日談
右の細長いのは柚子だそうです、丸いのがオレンジ、食べていてわかんなかった(苦笑)

皆様良いお年を~
コメント (8)

CHRIS SHARP:Working It Out

2008年12月28日 | ブルーグラス
前回記事のクリス・シャープ、映画「オー!ブラザー」のサウンド・トラック部門でグラミー賞、IBMA賞をジョン・ハートフォードと受賞、ハートフォード晩年、最後の4年間のツアーに同行

奥さんが日本人の関係からか、昨年来日ツアーも行ってました、残念ながら行けませんでしたが

このアルバムには日産自動車のCMにも使われた「サニー・サイド・オブ・ライフ」も聴くことができます

ロジャー・ミラー、バック・オーウェンス、デルモア・ブラザース、クリス自身のオリジナルなど12曲、ブルーグラス・シンガーには珍しい癖の無いバリトン・ヴォーカルが聴けます、

2008年レッド・クレイ・レコード
コメント (2)

THE TIPTON HILL BOYS:Lucky

2008年12月27日 | ブルーグラス
クリス・シャープ(ギター、ヴォーカル)、ケヴィン・スラダー(スタンドアップ・ベース、ヴォーカル)、ジョージ・バックナー(バンジョー)、トリオのティプトン・ヒル・ボーイズ

ブルーグラス、マウンテン・ミュージック、カントリー、オリジナル、とクリス・シャープを中心としたバンド

このアルバムには他にケヴィン・アダムス(ピアノ)、ジョッシュ・グレイヴス(ドブロ)、ボビー・ヒックス(フィドル)、などペダル・スティール、ドラムス、なども加え、よりポップ色が強いアルバム全14曲です

2003年レッド・クレイ・レコード
コメント (6)

武平まんじゅう:日光市

2008年12月25日 | 舌鼓
海外では「Merry Christmas & Happy New Year」の季節となりました、それとはま~ったく関係なく・・・・

栃木県民だったら一度は口にしたことがある饅頭「武平まんじゅう」
またまたYoshimiさんから戴きましたこのまんじゅう

日光の今市にある和田菓子店が製造元、なんでも昔はパン、カステラ、を売っていたパン屋さんだったとか、でもパンが売れなかったのでまんじゅうを売ったところ大当たり、今じゃ一日4000~5000個を販売してるらしい、もちろんいきなり行っても待たされるだけ、電話予約が賢い

黒糖を練り込んだ皮に北海道産のこし餡、平べったく潰れてるんじゃないかと思うほどの薄さ、でも一度食したら癖になり二度三度と・・・


日光見物の帰りに如何?電話予約を忘れずに、0288-26-8054
コメント (4)

VINCE GILL:Breath of Heaven-a christmas collection

2008年12月23日 | カントリー
ヴィンス・ギル、12枚目にして初のクリスマス・アルバム、パトリック・ウィリアムス指揮のフル・オーケストラをバックにして、またバックコーラスも入り、カントリー色薄い、荘厳なクリスマスアルバムに仕上げてます

クリスマス・ソングの定番「Winter Wonderland」、「Silver Bells」、「Blue Christmas」、「O Holy Night」、「Let It Snow,Let It Snow,Let It Snow」,そしてジャズシンガーのメル・トーメ作曲「The Christmas Song」他11曲
やはりこの方、評判どうり歌は上手いですね。

1998年MCA RECORDS
コメント (2)

竹内まりや:EXPRESSIONS

2008年12月21日 | MUSIC
350万枚を売り上げ、今なお売れ続けているベスト盤「Impressions」から14年。デビュー30周年の今年、さらにスケール・アップした究極のベスト盤が遂にリリース。デビュー曲から、最新シングルまでレーベルを越えた選曲と、最新リマスター音源で聴く、竹内まりやの歴史がここに!全42曲収録!
今年、オフィシャルHPとCDショップとで行われた収録曲リクエスト投票の結果を反映しつつ、デビュー時のRCA(現:BMGジャパン)から現在のワーナーミュージック・ジャパンまで、レーベルの垣根を越えた収録曲全42曲は竹内まりや本人がセレクト【竹内まりやHPより】

我々オジサンたちのアイドル?竹内まりや究極のベスト盤、曲がダブッても一向に構わない、買ってしまった(苦笑)

2008年ワーナーミュージック・ジャパン
コメント (6)

オレンジピール

2008年12月19日 | 舌鼓
かみさんのお友達、私のブログ仲間(こうお呼びして良いだろうか??)Yoshimiさんから、昨夜戴いた手造りオレンジピール

オレンジの皮の砂糖漬け、なんですが・・・・これ、ウィスキーのつまみに最適、特にバーボン・ウィスキーとは相性抜群、口に含むと、皮独特の香り、苦味、砂糖の甘み、が混然と口に広がり、もう何ともいえない美味さ

このオレンジピール、鎮静作用、利尿作用、消化促進作用もあり、体にも良いみたい、中国では、オレンジの皮を乾燥させたものを「陳皮(ちんぴ)」と呼び、揚物や炒め物にも使うそうな、一種の薬膳かな・・・・

あぁ~また酒がすすんでしまう(嬉笑)・・・・チョコレートで包んだのも美味いですよ~
Yoshimiさんご馳走さまでした。

コメント (4)

BLUE HIGHWAY:Through The Window of A Train

2008年12月18日 | ブルーグラス
1995年アルバム・デビューの実力派ブルーグラス・バンド「ブルー・ハイウェイ」9枚目のアルバム「スルー・ザ・ウィンドウ・オブ・ア・トレイン」

結成以来不動のメンバー、ジェイソン・バールソン、ロブ・アイクス、ショーン・レイン、ティム・スタッフォード、ウェイン・テイラー、の芸達者5人

ドブロのロブ・アイクスは、今年10回目のIBMA最優秀ドブロ奏者賞を受賞しているテクニシャン

コンテンポラリー・ブルーグラスを聴かせてくれますが、トラッド・ファンも納得のサウンドです、それぞれがリード・ヴォーカル、楽器巧者、作曲もするマルチ・プレイヤー揃い、このアルバムも全て自信を持ってのオリジナル12曲、3年ぶりのアルバムも納得の聴き応え

実力とも素晴らしいバンドに間違いないですが、贅沢を承知で言えば唯一ヴォーカルがチト弱い?と感じるのは私だけでしょうか・・・

2008年ROUNDER RECORDS
コメント (4)

小鯛のささ漬け と アサヒヤマナナニイマル

2008年12月16日 | 舌鼓
この時季になると戴く、福井県若狭湾の「小鯛のささ漬け」、新鮮な小鯛を上品な塩加減、酢加減で仕上げた絶品です


寒流と暖流が交わる魚の宝庫、若狭近海でとれた新鮮な小鯛を微妙な塩加減と酢加減で「あんばい」良く調味されてます
笹の葉と昆布と共に杉の小樽に詰められ、杉の香りと磯の香りをほどよく調和させ、昔からの製法で一枚一枚ていねいに作られてます。

これには、もう酒しかないでしょう
「朝日山」、「久保田」、「越州」、など高価なイメージの新潟・長岡の朝日酒造・・・・ですが、以前にも記事にした手頃な値段で旨い酒「アサヒヤマナナニイマル」があります

端麗辛口、口あたりすっきり・・・です。

コメント (4)

When You Wish Upon A Guitar

2008年12月13日 | MUSIC
個性的なスタイルを持つ二人のギタリストが、厳選された五人の国内若手ギター制作家の作品を手に、”魂”を込めて熱演。制作家と奏者、それぞれの個性をあらわにする究極のコラボレーション・アルバム【アルバム帯から】

二人とは(敬称略)住出勝則小松原俊、のギタリスト


五人の若手ギター制作家とは(敬称略)
FUJII GUITARS藤井圭介、SUZUKAWA GUITAERS鈴川弘也、KAMEOKA GUITAR亀岡隆之、HIDAKA GUITAR日高雅樹、FELLOW高崎和義、


このアルバムを記事にしたのには訳がある、FUJII GUITARS藤井圭介は甥っ子にあたるから・・・

五人が製作した5本のギターで、お二人が1曲ずつ、FUJII GUITARSはミュージカル映画「シェルブールの雨傘」、ユーミンがクレイジー・キャッツのために作曲した「スティル・クレイジー・フォー・ユー」(ここでオリジナルが聴けます)の2曲、

聴いてみると、みな音はいですね、奏者も上手いからギターが気持ちよく鳴ってます、でもやはり身贔屓でしょうかFUJII GUITARの”音”が好みです、全11曲

この中でおやっ?と思った曲「You Raise Me Up」、荒川静香さんがトリノオリンピックで使った曲、「ロンドンデリーの歌」の旋律にも似た佳曲です・・・

もしご関心がある方はドルフィン・ミュージックより入手できます、念のため私にキック・バックは一切ございません

2008年IRUKA MUJIC
コメント (4)