イン・マイ・ルーム.COM

ブルーグラス、カントリーなどアメリカン・ミュージック、酒、B級グルメなどなど・・・・

「静心山荘」 福島市・高湯温泉その二

2007年01月29日 | 風景
福島市から車で約30分、磐梯吾妻スカイラインの入り口にある高湯温泉、 東北三高湯と呼ばれる昔からの湯治場、 山形の蔵王高湯、米沢の白布高湯、そしてここ福島の吾妻高湯、 白濁した硫黄泉、源泉掛け流しの温泉は昔からの湯治湯として人々から愛されていた、 歌人斉藤茂吉もその一人だったらしい ここ「静心山荘」は以前も紹介したが、こんな感じの落ち着いた建物、 格安の宿泊料金で料理は抜群、おかみ . . . 本文を読む
コメント (8)

「Stories We Can Tell」 THE EVERLY BROTHERS

2007年01月26日 | MUSIC
ドン・エヴァリーとフィル・エヴァリーのエヴァリー・ブラザーズ リッキー・ネルソン同様、幼い頃からカントリー・ミュージックが耳に入ってくる家庭環境で育ち、その影響でデュオ・グループを結成、実兄弟の彼らの売りはなんと言ってもカントリー系のクロス・ハーモニー、クロス・ハーモニーとは1940年代のデルモア・ブラザース、そして極めつけはルーヴィン・ブラザースが築いたカントリー・デュオの唱法です 1957年 . . . 本文を読む
コメント (2)

GRAM PARSONS

2007年01月24日 | MUSIC
カントリー・ロックといえばグラム・パーソンズ、ウェスト・コースト音楽史上永遠に忘れてはならないお方 彼は1966年にニュー・ヨークでインターナショナル・サブマリン・バンドを結成します、このバンドがカントリー・ロックの始祖、その後ロスアンジェルスに本拠を移し、たった1枚のアルバム「Safe At Home」を発売する バーズの「Sweetheart Of The Rodeo」、そしてフライング・ブ . . . 本文を読む
コメント (2)

「Deja vu」 Crosby,Stills,Nash & Young

2007年01月19日 | MUSIC
バーズのデヴィッド・クロスビー、バッファロー・スプリングフィールドのスティーヴン・スティルス、ホリーズのグレアム・ナッシュが結成したCS&N、「アコースティック・ギターでロック」、「華麗なハーモニー」、が売りのバンド。 「デジャ ヴ」はこの辺りの音を聴くには無くてはならないアルバム、何故?って、1枚のアルバムで4人分聴けるから・・・??、3人のほかバッファロー・スプリングフィールドの元同僚ニール . . . 本文を読む
コメント (4)

「DESPERADE」 EAGLES

2007年01月16日 | MUSIC
グラム・パーソンズ、バーズ、CSN&Y、フライング・ブリトー・ブラザーズ、などが切り開いてきたウェストコースト・ロック、広義な意味でカントリー・ロックを完成させたのがこの「イーグルス」じゃないだろうか リンダ・ロンスタットのバック・バンドだった、グレン・フライ、ドン・ヘンリー、バーニー・レドン、ランディ・マイズナーが「イーグルス」として1971年独立、2枚目のアルバムとしてこの「デスペラード」を . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (1)

「ザ・ベスト・オブ」 ROY ACUFF

2007年01月13日 | MUSIC
今の人は知らないかな?「Wabash Cannon Ball」、「The Great Speckle Bird」、などのヒット曲で知られるロイ・エイカフのベスト盤、上記の2曲はビルボード誌がカントリーのランキングを始める8年前1936年の録音となるから・・・ 彼はカントリー・シンガーとして優れているというより、誠実な人柄と優れた興行手腕、そして司会者としての天性の才能で人気を支えていた、シンガー . . . 本文を読む
コメント (8)

「生もと造り」 大七酒造・福島県

2007年01月09日 | 日本酒
「完熟生詰・生もと造り」福島県二本松市・大七酒造、なんでも日本酒本来の、手間隙かけた昔からの酒造りが「生もと造り」らしい 瓶裏のラベルにこう書かれている 【寒造りの酒は、春先に搾られ、夏の間涼しい酒蔵の中でゆっくりと熟成の時を過ごします、それを冷気の訪れる初秋に出荷するのが「ひやおろし」。「完熟・生詰」はさらに熟成期間を伸ばし、木枯らしが吹き始める初冬から、満を持して出荷されます、云々】 と能書 . . . 本文を読む
コメント (6)

「HEART LIKE A WHEEL」 LINDA RONSTADT

2007年01月06日 | MUSIC
シンガー・ソングライターではないが選曲の良さ、そしてポップ・カントリーではないが、カントリーをロックのフィーリングで、よりカントリーっぽく歌うリンダ・ロンスタット、彼女が一番カントリーっぽく歌っていた頃の最高のアルバムが、これっ! 何と言ってもハンク・ウィリアムスの名曲(彼の曲は全て名曲)「I Can't Help It If I'm Still In Love With You」がベストだ、ポ . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (1)

HANK WILLIAMS

2007年01月01日 | ハンク・ウィリアムス
【口上】 覗いていただいた皆様、本年も相変わらずのお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。 飽きっぽい自分が1年間よくぞ続いたと思うこのブログ「イン・マイ・ルーム.COM」、タイトルは、ビーチ・ボーイズの名曲「In My Room」から拝借させていただいた。コメントを殆んど毎回いただいた「オ寒さん」、そして「Mtさん」、「ナーさん」には感謝です . . . 本文を読む
コメント (8)