イン・マイ・ルーム.COM

ブルーグラス、カントリーなどアメリカン・ミュージック、酒、B級グルメなどなど・・・・

肉の万世  「万かつサンド」

2006年10月29日 | 舌鼓
神田・万世橋の「肉の万世」、万世橋の由来も「肉の万世」の真ん前にあるから・・とか、元々は電気屋さんだったらしい。


ステーキが売りものだが、どうして「カツサンド」が旨い



1箱600円、1センチ以上の厚い豚ロース肉が待っている



からりと揚がったカツにたっぷりソースをかけ、マスタードバターを塗ったパンでサンド



ウースターソース、ケチャップ、の酸味のきいたソースがたまらん、ビールと相性最高




栃木県は「肉の万世」佐野インター店、宇都宮インター店、にて購入可能。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

CARL SMITH 「Time Changes Everything:Mr. Country」

2006年10月28日 | MUSIC
50年代南部的な感覚と、トラッド・カントリー・スタイルでヒットを飛ばしたカール・スミス。
51年のナンバー・ワ ン・ヒットとなった「Let Old Mother Nature Have Her Way」など、全盛期のヒット24曲のCD。

1977年ショービジネスに嫌気が差しカントリー界から引退、現在はテネシー州に500エーカーもある農場で2度目の妻ゴールディ・ヒルと悠々自適の生活を送っている。
因みに最初の妻はカーター・シスターズのジューン・カーター、そうジョニーキャッシュの奥さんだった人、二人の間にはカントリー・ポップ・スターのカーレン・カーターが生まれている。

2006年JASMINE RECORDSより発売
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GEORGE STRAIT    「It Just Comes Natural」

2006年10月27日 | MUSIC
現役シンガーとして「カントリー・ミュージック・ホール・オブ・フェイム」入りした、ホンキー・トンクの道をまっしぐら、ジョージ・ストレイト最新作。

いつもの通り、トニー・ブラウン、プロデュースの、ストレート・カントリーを聴かせてくれる、1曲目の「Give It Away」が通算53曲目のビルボード・カントリー・シングルの1位となり、このアルバムもトップ・カントリー・アルバムで1位を獲得(今週2位に落ちちゃったけど・・)と、勢いはまだまだ続きそう、いや~参ります。

今回は、ビル・アンダーソン、ガイ・クラーク、など多数のソング・ライターの15曲がびっしり。

2006年MCA Nashvilleより発売
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

Tony Bennett 「Duets: An American Classic」

2006年10月26日 | MUSIC
故フランク・シナトラをして「お金を出して見たいと思うのは、トニーのステージだけ」と言わしめたトニー・ベネット。

その彼が80歳を迎えて記念のアルバムを出した、だがそんじょそこらのとは大違い、タイトル通りデュエット・アルバムだが参加したメンツが素晴らしい、デキシー・チックス、ポール・マッカトニー、ジェイムス・テイラー、エルトン・ジョン、ビリー・ジョエル、セリーヌ・ディオン、ダイアナ・クラール、スティビー・ワンダー、エルビス・コステロ、スティング、など20人近いスターと競演してる、録音もトニー自身が、ロス、ニュージャージー、ロンドン、と数箇所のスタジオへ出向き、生のレコーディングをしたとのこと。

名曲「霧のサンフランシスコ」などでグラミー賞を通算13回受賞している、超ベテラン、アメリカを代表する歌手のこのアルバム聴きましょう。
何種類か出てますが、ボーナス・トラック含め全23曲、20分のDVD付のを買いましょう。

2006年SONY BMG MUSICより発売
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

BURT BACHARACH & FRIENDS    「GOLD」

2006年10月24日 | MUSIC
”バカラック・サウンズ” ”バカラック・マジック” などと呼ばれている偉大なポップ・ミュージック作曲家バート・バカラック。

「ビーチボーイズ」のブライアン・ウィルソン、「ビートルズ」のジョンとポール、「サイモンとガーファンクル」のポール・サイモン、これらの人達も素晴らしい曲を我々に聴かせてくれているが、それ以上にこの方は素晴らしい、あらゆるジャンルの曲を作り、かつヒット曲のオンパレード、凄過ぎる!

1957年マーティー・ロビンスの「The Story Of My Life」がヒット曲の始まり、「Walk On By」「Close To You」(1963年)、「What The World Needs Now Is Love」(1965年)、「I Say A Little Prayer」(1967年)、
映画音楽でも「何かいいことないか子猫チャン」(1965年)、「007/カジノ・ロワイヤル」(1967年)、「失われた地平線」(1973年)、そして、映画”明日に向かって撃て”の「雨にぬれても」(1969年)ではアカデミー作曲賞、歌曲賞を受賞している。

過去のオリジナル・ヒット曲41曲を2CDにして発売された、これ買いです、絶対!
えっ!?この曲もこの人が作ったの?って曲ありますよ!!

2006年Universal Musicより発売
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

磐梯吾妻スカイライン~中津川渓谷  福島県

2006年10月23日 | 風景
ちょっと福島県・高湯温泉へ、友人が経営する「静心山荘」で一泊、翌日まともに帰るよりは紅葉でも・・と


磐梯吾妻スカイラインの吾妻小富士を目指し・・・
運転しながらのカメラなので斜めになっちゃった、この辺り全く渋滞してなかったけどな・・



吾妻小富士の山腹を走りながら、通称「らくだの背」を望む、この辺り、硫黄ガスのため緑は全くなし



中津川渓谷の表示板、見物のための違法駐車多し・・・



下に降りると上がって来るのがしんどいので中津川渓谷を橋の上から、散策している人影が見える、まだ少し紅葉が残ってた


この後、五色沼経由で帰ったが・・渋滞でまいった、マイッタ・・
画像が大き過ぎたか??
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「喜多里」   じゃがいも焼酎

2006年10月21日 | 焼酎
北海道厚沢部町(あっさぶ)はメークイン発祥の地。そこで栽培されるメークインを原料として造り上げたじゃがいも焼酎、「喜多里」きたさと。

函館空港のレストランで一杯飲んだ・・旨いこと・・早速空港内のお土産やさんで購入、もう一本買っとけば良かった、残念!
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

THREE HANKS 「Men With Broken Hearts」

2006年10月20日 | ハンク・ウィリアムス
ハンクシニア、ハンクジュニア、ハンクⅢ、3代の世代がCDの中で一緒に歌っている、レコード・ミキシングのいたずら・・なんだけど、ハンクファンとしてはこういうレコードが在ればいいな、と漠然と思っていた夢のアルバム。
「Move It On Over」「Moanin' The Blues」「Never Again」「Honky Tonk Blues」など全12曲、父、子、孫、が一緒になって歌ってる、ん~~!満足!

ハンクがセイクレッド・ソングを歌う時”ルーク・ザ・ドリフター”としてクレジットしていたが、このアルバムのタイトルにもなっている「Men With Broken Hearts」では3人のレシテーションが聴ける、このあたりは父ハンクの貫禄勝ち、またアルバム12曲目の「Lost Highway」は途中でフェイド・アウトしていって、もう終わりか?と思ってると、隠しトラックとしてジュニアがまだ幼少の頃、父ハンクとの会話がちょっと聴かれる、プロデューサーのいたずら心か?

1996年Curb Recordsより発売
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

浜口庫之助  自作自演集

2006年10月19日 | MUSIC
浜口庫之助というと、我々団塊の世代では放送禁止曲「黄色いさくらんぼ」が強烈な印象に残ってる。

この方「バラが咲いた」「花と小父さん」「涙くんさよなら」「えんぴつが一本」のようなフォークっぽい曲を作るかと思うと、「恍惚のブルース」「愛しちゃったの」「港町涙町」「夜霧よ今夜も有難う」などの演歌風な曲もありの、間口が広い多彩なセンスを持った作曲家でした、
尤も青学の高等部を卒業後、サーフ・ライダースなるバンドを結成、ジャズ・ブームにも乗って名前を売った方だそうな・・・それなりの下地はあったんですな。

一回り以上も歳が違う、女優渚ゆうこさんを奥さんに迎え夫婦円満な家庭を築いていましたが、残念乍ら平成2年亡くなられたしまった。

過去に彼自身が吹き込んだLPから18曲をCD化
1991年日本コロムビアより発売
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

MARTY ROBBINS 「16 BIGGEST HITS」

2006年10月17日 | MUSIC
マーティー・ロビンス1952年~1982年までのベスト・ヒット16曲のアルバム。

彼最初のカントリー・ヒット「I'll Go On Alone」、'55年の「Singing The Blues」、名曲「A White Sport Coat And A Pink Carnation」、彼最大のヒット「El Paso」、ゴードン・ライトフット作の「Ribbon Of Darkness」、彼の奥さんを歌ったといわれている「My Woman,My Woman,My Wife」、そして'82年のヒット「Some Memories Just Won't Die」など

こうして改めて聴くと、歌は上手いし、さまざまな音楽のスタイルも歌え、カントリー歌手というイメージを失わない、ポップ・バラード・シンガーじゃないだろうか、死の翌年'83年カントリー・ホール・オブ・フェイムの殿堂入りをしている。

1998年SONY MUSICより発売
コメント
この記事をはてなブックマークに追加