イン・マイ・ルーム.COM

ブルーグラス、カントリーなどアメリカン・ミュージック、酒、B級グルメなどなど・・・・

Brad Paisley:with Buck Owens   Come On In

2009年06月12日 | YouTube
この記事のアルバム、ブラッド・ペイズリーの「PLAY」からの曲
バック・オーウェンス最後のレコーディングと言われている「Come On In」、ブラッド・ペイズリーとのデュオ、ここでのバックはマンドリンとドブロを弾いています、バックが弾くマンドリンとドブロを聴くのも最初で最後でしょう、元気なヴォーカルです

Brad Paisley ft. Buck Owens Come On In


『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« BRYAN SUTTON:BLUEGRASS GUITAR | トップ | Brad Paisley:More Than Jus... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
聴いた~ (オ 寒)
2009-06-12 18:16:01
良いね~

気をつけないとな~

カントリーにはまらないようにせんとな~~
オ寒さん (ダッフィー)
2009-06-12 20:56:22
聴きましたか~いいでしょうカントリーも!

はまっていただきましょう・・・・(笑)
マンドリンソロの、 (Hoss.べ)
2009-06-13 11:26:59
入り方、にくいね!

1度-4度-5度の循環コードのソロのお手本みたい
シンプルでいて センスいいですね~
Hoss.べ さん (ダッフィー)
2009-06-13 12:49:35
プレイヤーならではのコメントですね

私も聴いて漠然とシンプルな弾き方だなぁ と思います、いい感じですよね。
Unknown (宇都宮のSさん)
2009-06-15 18:16:54
イェ~イ!
BRAD PAISLEYの2連発は強烈ですね。
いいぞ!いいぞ!

12・15THのCGは本当にカッコ良かった。
ギンギンにWILDなGUITARを弾くんだ。
そのあとPICKを投げるんだぜ!

わっはっは!!!
私はINMY ROOMにハマッタぞっ!! KMCAでした。
宇都宮のSさん (ダッフィー)
2009-06-15 21:55:37
カントリー・ゴールド行ったんですか?阿蘇まで・・・負けた~
生ブラッドに接したわけですね、羨ましい~

カントリーのネタはあんまり・・・・
ところで、KMCAの意味は?・・オセエテ。。。

宇都宮在住?ホントに?

コメントを投稿

YouTube」カテゴリの最新記事