mukan's blog

つれづれなるままに ひぐらしPCにむかいて

あいだみつおか、ノー天気天声人語

2019-03-26 08:29:32 | 日記
 
 今日(3/26)の天声人語は、お粗末。英語とロシア語の翻訳をする人工知能が「精神は尊い」を、「ウォッカはおいしい」と訳したことを糸口に、大阪市内地下鉄の自動翻訳の可笑しな間違いを取り上げる。そして「このニュース、どこかほっとする……。(人工知能が)いずれ人間の仕事を奪っていくのでは、ともささやかれる。おっちょこちょいの翻訳ソフトの頭をなでたくなる」ともっていく。
 
 なんだこれは。AIのできの悪さを揶揄っているだけじゃないか。下手(したて)に出て、非難が返って来るのをあらかじめ封じておいて、そこに居直って(己の)優位性をしっかり確保している。世間話だって、もう少しユーモアを加えないと、IT初期・昭和時代のひと口話になる。まるで「遅れたっていいじゃないか、人間だもの」というあいだみつおをいう署名の入った色紙みたい。なんだこれは? ってもんだ。
 
 なんだかホッとしている場合じゃないよ。ホッとするのは、AIと力比べをしていると思っているから、出てくる思い。そんなにフラットにAIと競っているわけじゃないと、近ごろのAI研究は、人間の適応・劣化を話題に載せているではないか。これじゃ、天声人語は天性人語ってもんだ。天然の次元で世の中を眺めている、私ら呆け老人の回顧語録になってしまう。
コメント   この記事についてブログを書く
« 手違いで、手がけたファイル... | トップ | 山歩きにいい季節 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事