mukan's blog

つれづれなるままに ひぐらしPCにむかいて

さあ、そろそろ梅雨明けて、夏山か

2019-07-21 15:58:09 | 日記
 
 昨日はSeminarがあり、午後はお出かけ。帰宅するころ軽く雨になる。ヨーロッパ人なら傘などささずに濡れて歩くに違いないと思いながら、手持ちの携帯傘をかざして駅からの道を心地よく辿る。Seminar後の会食で一杯やったのが利いて来て、家に着くとすぐ風呂に入って横になりたかったのに、録画したアニメを見ているうちについつい見入って、床に就いたのは夜11時ころになってしまった。
 
 今朝は、三週間ぶりに雨の落ちていない日曜日。順延されていた団地のクリーンデイが実施。カミサンは自然観察があって出かけたので、私が草取りに出る。5月末までほぼ一年半一緒に団地の理事を務めた方々とも、久々に顔を合わせてごあいさつ。急に知り合いが多くなった感じだ。話しかけてくる方々もいて、やっと団地が私の住まいになった感じ。29年目にして、だ。
 
 草取りの後、団地の修繕専門委員会。こちらは、昨年度の理事長として、まだあと一年お努めがあるので、出席する。給水管・給湯管更新工事の設計管理会社を選定する手続き段階に入った。まず、工事関係の広報して業者を公募する。その書式、そこへ書き込む項目だけでなく、近ごろは、新聞に記載するものよりうんと内容の濃い、デジタル版も用意して「建築関係新聞」のサイトにアップする。その細かい項目を綿密に作成してくれる方が、委員の中にいる。ほとんど専門的なことばと項目とが並ぶのだが、今年就任した修繕専門委員長が、議事の進行に集中しない。というか、委員たちの話のテンポについて行けず、自分の世界にすぐ入り込んでしまう。どこで身に着けたやり方か、他の委員の発言を繰り返して確認しながら、メモをする。その一つ一つに自分の意見をかぶせようとするから、次への展開になかなか入れない。今期の理事長が進行を拾って次へもっていこうとするのだが、委員長がそれをまた元に戻してしまう。そうだよなあ、輪番お努めの素人集団だから、こういうペースの方がいても、それを受容しなけりゃいけないのだろうねと思いながら、私は眺めている。委員の中には、「あなたで大丈夫か」と極めて率直に口を挟む方もいる。ご当人は、役割上私が担当しますと、気づいていないのか気づいているがトボケているのか、平然としている。
 
 議事は、午後1時までかかった。帰宅してお昼にする。食後、録画しておいたドキュメンタリー番組を見ているうちに寝入ってしまい、終わるころに目が覚めた。おやおや、もう3時になっている。録画を止めたらニュースが流れ、そうだ今日は投票日だと気づく。投票所入場券をもって出かける。地方区と比例区に投票するが、投票所の立会人というのは、どんな方がやっているのだろうか。なんともつまらない顔をして、黙って投票者をみている。奇特な方々だと感心する。外へ出てみると、陸続と投票所へやってくる人たちと出逢う。埼玉県は人口が増えているといっていたか。
 
 そうそう、草取り後の会議までの時間に、今月28日から三日間のレンタカーの予約をした。いつもなら駅レンタカーのジパングクラブで少し安いのを申し込むのだが、福井駅の駅レンタカーは西日本なのでその得点はないという。料金を聞くと、18500円ほどする。ネットで調べれば、もう少し安いのがあるんじゃないかと思って見てみると、それより2000円以上安く借りることができる。さかさかとそちらに予約して、山の同行者たちに「レンタカーの予約も完了」とメールをした。その地方の天気を調べると、27日までは雨だが、28日から晴れ続きになっている。やっと梅雨が明けるか。
 
 まだ一週間あるが、体調を整え夏山へ向かう気分に、ギアを切り替えていかなくちゃと、今朝ほど自覚したばかりの足元の団地のことから気持ちは離れ、夏山の人となっているのではあります。
コメント   この記事についてブログを書く
« 何を求めているか | トップ | 正面からモンダイに向き合う »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事