mukan's blog

つれづれなるままに ひぐらしPCにむかいて

何だかよくわからない地震であった。

2015-05-31 17:01:01 | 日記

 ほろ酔い機嫌で座席に座っていたから、いつから止まっているかわからなかったが、車内アナウンスが「先ほどの地震の安全点検のため、しばらく停車します」と放送している。夜の8時40分近く。池袋駅。湘南新宿ラインの車両。「先ほどの地震?」と思ったが、新宿と池袋の間で電車が一時停止したのかどうかも分からない。混雑した車内は、しかし、帰宅する人であふれかえっている。でも我慢強く、皆さんは発車を待っている。

 

 2011年の3・11のときはカミサンが同じ池袋にいて、駅舎から締め出され、「どうしよう」と電話があったから、「歩いて帰っておいで、20kmくらいだから、4時間もあれば帰れるよ」と、笑いながらアドバイスしたことを思い出した。

 

 9時20分頃になって動き出した。私が乗り換えたのは恵比寿駅。8時20分発の湘南新宿ライン。23分に埼京線の快速も来ると表示があったが、浦和まで行ってひと駅戻る方が早いかなと思って、こちらに乗った。だから、電車は赤羽のつぎに浦和に止まる。ゆるゆると動き出すが、一向にスピードをあげない。地震の影響が線路にあるかどうか確かめながら進行しているのであろう。またも私はうとうとしてしまったから、「次は赤羽」というアナウンスが聞こえるまでは、すぐだったように思う。「京浜東北線も埼京線も、まだ動いていません。ご迷惑をおかけします」とつづける車内放送。

 

 この電車に乗っていてラッキーだったと、そのとき思った。たとえ浦和で降理て、その先の電車がなくても、歩いて帰ればいい。ふだん家から駅までの4kmを45分ほどを、往復歩いているから、なんでもない。11時には帰るつけるかと思っていた。

 

 浦和駅に着いてみると、「京浜東北線は、いま、大宮と東十条の折り返し運転をしています」という。やたらと高くなった乗り換えホームと地面とのアップダウンを雑踏と一緒に移動して京浜東北線のホームに出ると、ちょうどそこに大宮からの電車が滑り込んでくる。ありがたい、と飛び乗る。南浦和について降りると、乗り換えの連絡通路の上に出るエスカレータの前。

 

 さかさかと乗り歩いて、通路に出ると、武蔵野線の電車は「1時間遅れ」との標示。ということは、いつ来てもおかしくない。そう思って足を速める。階段のところを、どっと人が降りてくる。今着いたところだ。ホイこれはおあつらえと、人をかき分けてホームに上がると、「ドアが閉まります。ご注意ください」と繰り返すアナウンス。飛び込む。あとに何人かが続く。ドアがプシューと締まる。すぐに電車は発車する。

 

 私の下車駅は、ひと駅だ。駅から歩いて帰っていると、つぎの電車がやって来ているのが見える。「遅れ」ているから、陸続とつづく。結構なことだ。

 

 家に着いてから、「震度4」とか震源が小笠原だと聞いた。「震度4」なら、先日の埼玉北部を震源とするのと同じだ。ふ~んと聞いて、すぐに風呂に入り、今朝まで気持ちよく寝入った。何人かの友人から安否を尋ねるメールが来ていた。昨日一緒だったから、心配したのであろう。

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボディ・エコノミク | トップ |  日ごろの具体性を通して掘り... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事