五色の風

琉球音楽の夜

二週間前に行った沖縄料理のお店で、今日、沖縄からアーティストを招いてのライヴがあると聞き、再び行ってみた。

はるばる沖縄から来道したのは、地元沖縄を中心に活動しつつ、全国でも精力的にライヴ活動を行っている、「ヨナミネ商会」というユニットのお一人で、「店長」という名前で活動されている、渡嘉敷三男さんという方。
今日まで全く知らない方だったけど、沖縄の音楽を間近で聞くのは初めてだったので、楽しみにしていた。


(「ヨナミネ商会」さんの公式サイト)
http://www.geocities.jp/y_showkay/


披露された曲は、有名な「島唄」や「花」、「恋しくて」など、沖縄の定番ソングもあったが、私も相手も、殆どが初めて聞く曲ばかり。
しかし、初めてなんだけど、どこかで聞いたことがあるように思える調子の曲や、どこか懐かしさを感じさせてくれる曲もあり、すんなりと曲の世界に入っていくことができた。
中には、かけ声に合わせて盛り上がれる曲があったり、曲の合間に、沖縄の言葉で「乾杯」を唱和したりしながら、約3時間(途中休憩を挟んで)、20人ぐらいで一杯になる小さな店内は、大盛況のまま時間が過ぎていった。
今日の席は、店のマスターが決めた指定席で、私達はステージのまん前に陣取る形となり、本当に間近で聞けたのも凄くよかったと思う。
ぜひ機会があれば、またこうしたライヴに参加してみたいと思える内容だった。





これは、ステージの前に置かれていた物。
沖縄の伝説の獣「シーサー」のようでもあるが、どこか違う動物っぽい部分もあって、珍しさを感じたので一枚撮ってみた。





前回食べなかったメニューの一つ、「タコス」。
ちょっと開いてしまってみっともなくなってしまってるけど、巻いた状態にして、縦にして食べるのが美味しい味わい方です。





今日のフードメニューで一番美味しかったのが、この「もずく」。
酸っぱいものが苦手な私は、三杯酢のもずくは全くだめなんだけど、これは、全然酸っぱくなくてとても美味しかった。
最初は、相手が私の分も持ってきたのだけど、苦手な三杯酢だとばかり思っていたので、「持ってきてもらった手前食べないわけに行かないしなあ・・・、我慢して食べよう」と思っていたら、あらまビックリこんなに美味しいなんてという感じでした。
どこかで売ってないかなあ・・・?本当にまた食べたいですこれは。
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最新の画像もっと見る

最近の「日々のもろもろ」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事