F.I.T濱田のPersonal Blog

My WORKs & My TRADE

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1月14日の東京株式市場デイリーコメント

2011-01-14 07:12:30 | Weblog
1月13日の東京株式市場は投資環境の落ち着きから買い優勢となりました。
日経平均 10,589.76円(+76.96円)
日経平均先物 10,560円(+40円)
TOPIX 937.74(+8.10)
東証1部騰落数:値上り1,100銘柄、値下り426銘柄、変わらず145銘柄東証1部売買代金1兆5,226億円、売買高22億6,135万株

東証1部・2部市場
三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)、みずほフィナンシャルグループ(8411)、三井住友フィナンシャルグループ(8316)、新生銀行(8303)など大手銀行株や、野村ホールディングス(8604)、大和証券グループ本社(8601)、松井証券(8628)など証券株が買われ上昇。
また、三菱地所(8802)、住友不動産(8830)、東京建物(8804)など不動産株や、プロミス(8574)、アコム(8572)など消費者金融株、丸紅(8002)、伊藤忠商事(8001)など商社株、DOWAホールディングス(5714)、大阪チタニウムテクノロジーズ(5726)、東邦チタニウム(5727)など非鉄金属株の一角が買われ上昇。

新興市場
JASDAQ平均、マザーズ指数がそろって上昇。
デジタルガレージ(4819)、サイバーエージェント(4751)、スカイマーク(9204)、タカラバイオ(4974)、ACCESS(4813)、オンコセラピー・サイエンス(4564)、日本ベリサイン(3722)などが上昇。
個別では、フルスピード(2159)、モジュレ(3043)、イントランス(3237)、いい生活(3796)、ナノキャリア(4571)、エスティック(6161)、リバーエレテック(6666)、ぷらっとホーム(6836)、エリアリンク(8914)などがストップ高。

まずは昨日のNY株式から
NYダウ:11726.15(-29.29)
ナスダック指数:2733.38(-3.95)
シカゴ日経先物:10610円(+75円)
短期基調:上向き
中期基調:上向き
25日移動平均線:10335円(+2.43%)
サイコロ●○●○●○●○○●○○「7勝5敗」
日足:小陽線
(コメント)
12日のNY株式相場は反落となっております。

本日の東京株式市場はSQ算出日に相当。
今後の相場を占う意味でも週末終値がSQ値を上回るか否かに注目です。
12月のSQ算出日は高値が一度もSQ値にタッチしない「幻のSQ」となり、その後上値の重い展開になっており、今回もそのような事態となれば、利益確定売り圧力が強まる可能性がありそうです。また逆に上回る形となれば、11000円の大台回復が視野に入ってくることも想定されます。

市場は買い安心感の高まりから出遅れた銘柄も買われ、底上げ循環物色は継続しております。
新興市場の個別では、サイバーエージェント(4751)、デジタルガレージ(4819)、イー・ガーディアン(6050)、アクロディア(3823)などの主力銘柄の一角にまとまった買いが入ってきており、来週にかけてもこの広がりを見せるか、本日、週末でもあり、注目してみたいと思います。
コメント   この記事についてブログを書く
« エルピーダ株のドルコスト平... | トップ | 1月17日の東京株式市場デイリ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事