多摩川 江戸川 ボウズ日記

釣りに本腰になって1年ほどの管理人が、ボウズ続きに負けずに悪戦苦闘する様子を公開するブログ。結局ボウズばかり!?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ボーズとハイライト?(3)

2013-08-12 13:46:08 | 釣り
平成25年8月10日
灼熱地獄ルアーフィッシング
第2ラウンド開始(午後4時~)

新兵器SALTEX100をセットして川幅が広くなった多摩川にキャスト。

これの基本性能はほとんどAREA10と同じで、レンジは表層。
ただし、針はひとつ少なくて2点。
水面を漂う小魚のような感じに引くことができます。
ルアーフィッシングで大事なのは「いかに魚が食いつく可能性のある場所にルアーを滞在させるか」いうことだそうです。
その点で考えると非常に優秀なルアーです。
ほっといても、しばらくはその場に滞在してくれます。これがバイブレーションだと即沈没して根がかりです。

色は、背中が蛍光黄色、腹がオレンジ、サイドが白。
いわゆる「チャートバック」と呼ばれるカラーリング。
目立つので魚からのアタックも多いらしいです。
また、見た目も綺麗なのでお気に入り。

キャストを続けていると、となりのスポットに入ろうと親子連れが近づいてきます。

自分のSALTEXを指差して、
子供「ねえ!おかーさん!あれ見てー!お魚泳いでるー!」
母親「違うわよ、そこの男の人が投げたやつよ!」


俺、魚じゃなくて子供を騙しました。子供を騙すなんて…俺は悪い奴です。ごめんなさい。

しばらくキャスト&リトリーブしていましたが、なかなかあたりが無い。
第2ラウンドも当たりなしか・・・。ε=(・д・`*)ハァ…
仕方ないので、チャートIno90sに切り替えます。
結構重さがあるルアーで、空気抵抗も考えられていて遠くに飛ばすことができます。
もうかれこれ何百回もキャストしたので、初期のころから比べると上手にはなりました。
思えば・・・筋肉痛になる日もありました・・・。(遠い目)

飛距離重視で投げていると、かなりいい感じにキャストが決まりました。

!?
なんだ?何かがかかりました。
重いけれど、引っ張ると動いている。
・・・根がかりじゃない。でも、魚の反応でもないような・・・?
引き上げる途中でちょっと軽くなりました。水面を勢いよく飛び出して戻ってくるルアー。
ふう、ルアーをロストしなくてよかった。結構高いんだよね。これ・・・。

あれ?

えええっ!('A`)!!しっぽが…無い。

これが噂の尻尾切断?…ていうか尻尾切られてどうする!?

これはどう考えるべきでしょう。
1 川底に繁っていた植物に絡まってしまい、無理に引っ張ったからこうなった
2 すごく大きい魚が食いついてきて、針ごと噛みちぎった
3 これまで投げた衝撃が蓄積してヒビが入り、普通に投げていたら破損した

いろいろなことが考えられますがshinの中では「2」の線で考えようと思っています(笑)

今日のハイライト
「メガネ回収」&「子供を騙すほどの腕前」&「尻尾切断」
そしてshinは今回もボーズです(;▽;)


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
「ボーズとハイライト?」をお送りしました。そろそろ諦めたほうがいいでしょうか?次回「夏をあきらめて」に続く…?(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ボーズとハイライト?(2) | トップ | ノー・モアー・ボーズ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ああぁ…尻尾… (ぱんつ)
2013-08-12 22:09:53
こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

尻尾切断…いけません…いけませんね。
うちのコはやっと立派な再生尾ができたところですから
尻尾とか切断とかには敏感ですのよ。
ルアーさんの尻尾も再生しますように…。
水中に潜む脅威 (shin)
2013-08-12 23:46:11
ぱんつ様
コメントありがとうございます。ほんとショックでしたよ。
「あ、ルアーが無事に戻ってきて・・・ない!」(゜O゜)
どうすればしっぽは再生できるのでしょうか・・・(;_;)

ルアー代もバカになりませぬ。うう。

コメントを投稿

釣り」カテゴリの最新記事