フィッシュレプリカ

渓流魚のレプリカ・ブローチをオールハンドメイドで作成しています。釣行記事や思い出の魚を紹介しています。

秋アマゴーその4ー(292)

2018-10-16 | 思い出の魚達

9月も終盤、日没が急ぎ足で早くなった事はわかっているんですが、

19時まで竿が出せた夏の感覚がまだ残っているせいか、

その時間のスピードに体が着いていけません。

 

 

禁漁間近、秋の大アマゴを手にする事が出来ました。

しばらく嬉しさの余韻に浸っていると、

先ほどまで強く照り付けていた西日がどんどん弱まっているのに気付きました。

日差しが木々の陰に隠れてしまったんですね。

写真を撮っている間にも辺りが暗くなっていくのがわかりましたが、

何とかその風格と存在感をカメラに収める事が出来ました。

今シーズンもダムなどから遡上する大型アマゴ・ヤマメを封印しました。

その分、渓流に集中していますが、それでもまだまだ時間が足りません。

未だに分からない事がいくつも有り、どれが正解かが分からない事も多いです。

天敵や釣り人などハイプレッシャーの状況で、流れに育つ大アマゴがいかに強者か。

自分はポイントに立つと、いつも大アマゴに試されているように感じています。

そのおかげでピリッと緊張感をもって挑む事が出来ます。

アプローチから捕り込みまで、一度の些細なミスで全てが終わってしまう世界。

自分は過去に何度も愚かな所作で少ないチャンスを逃してしまってます。

なので余計に手にした嬉しさが大きいのだと思います。

 

今回の大アマゴを手にした時も、苦労が報われたなと感じ、それが素直に喜びへと変わりました。

「この時を待っていたんだ。」

今回で秋アマゴは最終回。

次回は秋差し最終回の予定です。

 

 


秋アマゴーその3ー(291)

2018-10-11 | 思い出の魚達

9月の渓流。

水辺に横たわるのは秋の大アマゴ。

この時期になると徐々に秋色が深くなってきました。

とても綺麗な婚姻色でした。

肌理の細かい質感が伝わってきます。

やはりこのガッツリと入ったパーマークは魅力的。

深い秋色も好きですが、この位の秋色は芸術品と言っていいほど美しいです。

大アマゴの場合、また来年の再会はまずありません。

次世代に繋いでくれる事を願いながらのリリース。

秋のこの時期は特に大きな意味があります。

 

続く。

 


秋差しーその2ー(290)

2018-10-06 | 思い出の魚達

この日は秋差しを狙いに。

今回も遡上タイプでしたが、秋色した雄でした^^

ここで言う遡上タイプのアマゴとは、ダム育ちの鱒化した大型アマゴとは異なります。

本流域で育つ本流アマゴの中のタイプを指します。

ホーム本流では大きく分けて遡上タイプと居着きタイプの2種類に分かれますが、

さらにそれぞれが2種類に分かれていて区別するようにしています。

今年の本流シーズンでは、苦戦を強いられ、忍耐の日々だったので、

まさか秋にこんな形で出会えるとは思ってもいませんでしたね。

今回の秋差しは狙い通りとなりましたが、いつもそう簡単にはいきません・・・

それは自分が一番良く知っています^^苦労の思い出ばかりですから。

 

 

 


秋アマゴーその2ー(289)

2018-10-03 | 思い出の魚達

今回の秋アマゴは9月に釣れた個体ですが、婚姻色はまだ薄っすら。 

しかしながら背中の盛り上がりと尖った鼻先は、秋本番。

この渓流の最大の特徴です。

もちろん漁協の管理された渓流で放流もされていますので、もはやこのタイプは少数。

そんな中で求めていたお目当てのギリ尺アマゴ~大満足ですね^^

すでに禁漁となってしまいましたが、

今シーズンを振り返ると、

納得いかない・・・不完全燃焼・・・もどかしい・・・

このへんにしておきます。

川鵜や肉食外来魚の猛威、河川工事などによる生息環境の悪化、

そしてさらに異常な天候不順。

これらの事から魚が減る一方となるのは必至、今後も増える要素は何一つありません。

このままでは楽しめる釣りとはかけ離れていってしまうような気がします。

昔は良かったと言ってしまうと、今は良くないと言ってるのと同じ。

あまりこの言葉は使いたくありません・・・

いっそのこと妥協し、ターゲットとなる魚種を増やし、どんな魚も受け入れ、

釣りのスタイルも広げれば、釣果も増えて楽しい釣りになるのかと・・・

 

しかしながら、果たして本当に楽しい釣りになるのでしょうか。

自分にとって釣りとは人生のパートナー。

釣りのスタイルには拘りをもち、愛情を持って真正面から真剣に魚と向き合っている為、

いまさら現在のスタイルを変えるという事は考えられません。

むしろまだまだ何かが足りないのではないかと思っているほどです。

 

究極の釣りを求め、拘りをもつ事は、

一見、楽しみを制限してしまい、視野を狭め、自分の首を絞めているんではないのかと思う事もありましたが、

今ではそうではないんだと確信しています。

 

自分自身がもっともっと理想の魚や理想の釣りに拘りをもち、

目的を明確にして、常に目標をもちながら挑む事。

それがやがて大きな達成感に繋がり、大きな満足感を得る事となるのだと思っています。

自分にとっての高嶺の花を手にした感動は他の何にもかえられないという事ですね。

 

 

道具は進化し、誰もが容易に楽しめるようになるも、釣れる魚は居ない。

皮肉な現状ですが、それでも釣りは続けていきたいです。

 

 


秋差し。(288)

2018-09-29 | 思い出の魚達

今シーズンも禁漁間近。

と言っても、最終日はどしゃ降り予報の為、

残念ながら本日をもって強制禁漁となってしまいました・・・

怪我無くシーズン終えた事に安堵しています。

 

さて今回のタイトルの秋差しですが、

ここでは、秋に繁殖行動目的で本流から支流に差し上がってくるアマゴの事を示します。

今シーズンの9月は雨続きで本流も支流も常に増水状態。

本来ならば秋差しを狙うには好都合なのですが、

如何せん今年の本流は、何度も触れましたが絶不調に終わりました・・・

つまり、差し上がる個体数が非常に少ないという事です・・・

例年なら渇水の渓流で秋アマゴを狙っている時期ですが、

支流が大増水する事が多く、その数少ない秋差しを狙いに~

 

何度も空振りしますが、ようやく本命の感触^^

タモにおさまったのは、本命の秋差しでした!

でも何故か銀毛の個体。

そして今シーズンを物語るように、天敵の攻撃の跡。

そして、雌。

この1本が今年の本流アマゴの集約です。

ちなみにこの本流アマゴは遡上タイプなのですが、

この遡上タイプは7月にはすでに薄っすらと婚姻色が入るのが通常です。

このサイズにして未成熟の産卵しない個体なのか・・・

秋差しは、また次回で紹介します。