Year In, Year Out ~ 魚花日記
ロッドビルドや釣りに関する話題を中心に。クラシック音楽や本、美術館巡りに日本酒も。
 



ロジャー・スカーレットの Murder Among the Angells(1932年)読了(邦題『エンジェル家の殺人』)。 ボストンの高級住宅街ビーコン・ヒルにあるエンジェル邸には、双子の老兄弟とそれぞれの一家が、対角線を挟んで両側に住んでいる。先代の遺言で、エンジェル家の遺産はどちらか長生きした方が全て受け取るというサバイバル。 ある日、死期を察した兄が、父の遺言を書き換えようと弟に提案 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




マイクル・イネスの Lament for a Maker(1938年)読了(邦題『ある詩人への挽歌』)。 スコットランドの田舎町キンケイグ。当代の領主ラナルドはケチで非道な嫌われ者。ある冬の夜、そのラナルドが住まいのエルカニー城の胸壁から転落死する。折しもそれは、姪のクリスティンと、ラナルドが長らく嫌っていたその恋人ニールの結婚を許すからと、ラナルド自身がニールを城に招いた夜。ラナルドの部屋に . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




マージェリー・アリンガムの Flowers for the Judge(1936年)読了(邦題『判事への花束』)。 ロンドンにある出版社で、役員の一人ポールが数日間姿を現さない。そこは同族経営の老舗出版社で、経営者や役員は親戚や従妹ばかり。ポールは元々そうしてふらっといなくなることも多く、またいつものことかと皆それほど心配していなかったのだが、果たして数日後、地下の書庫で死んでいるのが見つかる . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ニコラス・ブレイクの The Beast Must Die(1938年)読了(邦題『野獣死すべし』)。 最愛の息子をひき逃げ事故で失ったフィリクス・レイン。警察の捜査もむなしく犯人は見つからず、やがて自分で犯人を捜して復讐することを誓う。 彼は推理小説家である。犯人の心理を逆に辿って推論を進め、ついに犯人の居場所を突き止める。言葉巧みに犯人の家族に入り込むフィリクス。彼の復讐の首尾はいかに・ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


京都  


三連休、京都へ。 朝晩はまだ肌寒いものの、梅もほころび始め、近づく春の気配。例によってあちこち歩き回ったが、今回は何かと買い食いばかり。あ、いっつもか・・・ 団栗橋から四条大橋。 少ないとは言っても観光客で溢れる祇園。お目当ての茶房が満席だったので、「和バルOku」再訪。 お昼ご飯に行く途中で見つけた茶房、「丸久小山園 西洞院店 茶房 元庵」。 玉露の淹れ方をしっかり教わる . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




出光美術館で開催中の「狩野派 ─ 画壇を制した眼と手」。 室町時代から江戸時代にかけて画壇を制した狩野派の全貌を、収蔵品だけで見せるというさすがの展示。伝来の「漢画」を鑑定する(もちろん料金を取って)ついでに模写して画嚢にしていたとか、普段不勉強なだけに知らないことの連続。 個人的には前半、探幽の六曲一双の水墨画に目を奪われる。写真は右隻・左隻それぞれの拡大部分だが、実際はこの間に空間があり . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




これまであまり携帯することを考えていなかったのだが、だからと言ってケースに入れないのもなぁ・・・と、手持ちの端切れで縫ってみた。 左はディバイダ―(コンパスの、両端が尖ったものと思っていただければ)でまだ新しいが、右の糸切り鋏は、元々は釣竿作りのために買ったもので、もう13年くらい使っている。いずれも先端が命なので、これでどこにでも安心して持って行ける。       . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日は平日の休日。 元々はあれこれ用事を済ませるつもりだったのだが、せっかくカミさんと合わせた休日、お天気も良いので益子までドライブに。 界隈の道の駅4軒は先月全てまわったので、今回は苺とお昼ご飯に特化。「道の駅にのみや」で買った「とちおとめ」は前回よりもさらに甘さが増し、まさに旬の旬。食べ比べて初めて分かった「スカイベリー」の上品な甘さにも驚き。       お昼は「道の駅ましこ」で、 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




エラリー・クイーンの The Egyptian Cross Mystery(1932年)読了(邦題『エジプト十字架の謎』)。 エラリー・クイーンの国名シリーズ第5作。あるクリスマスの夜、田舎道の交差点で、標識に磔(はりつけ)された死体が見つかる。死体には頭がなく、つまりはT字の磔の状態で、被害者の家のドアには血で描いた「T」の文字。 手掛かりがなく数ヶ月経った頃、エラリーの大学時代の恩師から . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




気温は低いが風もおさまり、心なしか少し日も長くなった金曜日の夜。人影まばらな上野公園を抜けて、東京都美術館に行く。 何年か前にハマスホイの「ピアノを弾く妻イーダのいる室内」が国立西洋美術館の収蔵となり、常設でたびたび目にしていたが、今回はそのハマスホイ作品37点を含むデンマーク絵画の展示。 行ったことのない国のことを云々するのはおこがましいが、やはりその国固有の美感や意識の違いだろう、印象派 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




モーリス・ルブランの The Hollow Needle(1908年)読了(邦題『奇巌城』)。 ある夜、古城に忍び込んだ盗賊の一味。騒ぎに気付いた令嬢が撃った弾は確実に命中したはずなのだが、その手負いの盗賊の行方が分からない。 一味の狙いはルーベンスの名画で、やがてそれはアルセーヌ・ルパンの仕業と分かるのだが、それを見破ったのが若干17歳の高校生ボートルレ。 ガニマール警部やエルロック・シ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




毎朝の乗換駅で「アーティゾン美術館」という見慣れぬ名前を目にし、それが旧ブリヂストン美術館だと知ったのはつい先日のこと。5年の休館期間を経て新装なった美術館の、開館記念コレクション展に行く。 入場は全て事前予約の日時指定制。QRコードでの入場も今はお馴染みになったが、人数制限をかけているのだろう、金曜日の夜間(18:00~19:30)にもかかわらず会場は空間たっぷりで至極快適。 200点を超 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




モーリス・ルブランの 813(1910年)読了(英訳・邦題も同名)。 ダイヤモンド王のケッセルバックがパリにやって来た。何か重要な秘密を握っているようだが、アルセーヌ・ルパンがそれを探ろうとした矢先、ケッセルバックは何者かに殺されてしまう。 姿の見えぬ黒幕 "L. M." との息詰まる闘い。一度は逮捕されたルパンだったが、持ち前の機転と度胸で脱獄に成功し、リベンジを誓う。やがて明らかになる真 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日、苺を求めて栃木へ。 朝は小雪が舞っていたが、茨城に入る辺りからは雨も雪もなく、最初に寄った「道の駅にのみや」で仕入れた苺の甘い香りに包まれながら、道の駅をハシゴする。       お昼は「道の駅ましこ」でその名も「ましこのごはん定食」。食材は全て地元産、もちろん器も益子焼。お替り自由ですのでセルフでどうぞと言われたご飯(益子産こしひかり)とお味噌汁の美味しさに、地元の方々の良心を見た . . . 本文を読む

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




藤沢周平 『暗殺の年輪』(1973年) 読了。 これまでもう何度読み返したか分からない、藤沢周平初期の作品集。 所収5作のうち初めて読んだのが『ただ一撃』で、彫琢の跡を残さぬ、けれど仕上がりとして全く自然で無駄のない文体に、心底驚いたのを覚えている。 何でも漢字を使えば良いという訳ではないとか、流れを切りたいところ、ひと息で読ませたいところを考えて句読点を打つとか、読み返すたび、凄みの効い . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ