エチュードの頃

思いつきを書きとめておくために。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

液晶モニタを修理してみる

2007-12-23 | PC・小物
知人が3年越しで使用しているプリンストン PTFWV-15が故障したとの由。

症状は、電源スイッチを入れても画面が一瞬点いてすぐ消える、というもの。
パワーランプも画面が点く時には緑色で、消えるとオレンジ(スタンバイ状態)になり、それを繰り返します。

有償修理に出すなら金額的に買い換えてしまった方がマシな昨今。
といって地球資源と庶民の懐が逼迫している現在、高々3年程度で次々と買い換えを強いられるのも如何なものか。

てなわけで、あくまでダメモトでチャレンジ。
お約束ですが追試される方は自己責任でお願い致します。


液晶モニタをいじるのは初めてですが、毎度ながらネット検索が大変重宝な時代で
液晶モニターの杜様ほか相当数のサイトで修理体験談が紹介されております。

最近のPC関連機器の故障パターンとして、電解コンデンサが逝ってしまうというのが多いようです。
というかそういうパターン(外観で判断可能な故障)でなければ自分のスキルでは手に負えません。(…


何はともあれ、まずはネジを外してみます。


これでスタンドが外れます。

続いて矢印のネジを外し、△印の所からマイナスドライバーのようなものでこじって裏蓋を外します。
なお△印の近所内側に基板があるので破損しないようご注意を。


外したところ。
赤い矢印のコネクタを外したら、ピンクの矢印のツメを除けつつ枠を外します。


今度は液晶パネルを分離するわけですが、この写真の状態になる前に左右四隅のネジを外しておきます。
赤い矢印の所は粘着テープ?でケーブルが固定されているのでこれを剥がし、ピンク矢印のコネクタを外します。


左下の赤矢印にはD-SUB15ピンコネクタの固定ネジ。
右下には電源コネクタの押さえ板。
それぞれ外したらピンク丸印の基板固定ネジを外し、最後にピンク矢印の基板固定ピンから基板を外します。


出てきた基板。


以下、実はすでに当該コンデンサを交換してしまった後の写真ですが…
全体を眺めるも、どうも膨れている様子がないのです。
強いて言えば、右のピンク矢印のコンデンサ(10V1000µF)と、その斜め左上の赤矢印のコンデンサ(16V1000µF)の横に、白く粉が吹いたような跡がついていました。
これらを低ESR品105℃の16V1000µFに交換。細かいスペックはよく判りませんがご容赦を。
他のサイトによると、25V耐圧品にした方が何かと安心かも知れません。

それと他に25V470µFが数個あり、こちらは目視上異常はありませんでしたが念のため交換。
要するに大き目の奴を交換しておいたという事です。(いい加減)


上の写真の緑色枠部分の接写。


こちらは水色枠部分の接写。


いったんこれで修理完了とし、組み立てたところ見事、無事復活しました。



…ところが、その後わずか数日で再発ですよ。
あからさまにコンデンサが膨れていたわけでもなかったので、やっぱり素人修理じゃダメだったか。



…と諦観中のところ、偶然にもヤフオクで修理用コンデンサを出品されていた方が親切にも修理ヒントを書かれていたのを見つけました※。

それによると、再発防止にはコイル・トランスのハンダ盛り直しが必要との事。

藁にもすがる思いでやってみます。
ちなみに施術した場所は、3つ上の写真のピンクで丸く囲んだ3箇所です。

裏から見るとこんな感じですが、隣同士くっつかないように慎重にハンダを乗せました。


それから2ヶ月ほど経過しますが、今度は大丈夫のようです。
(あーよかった)
モッタイナイ世代にぎりぎり引っ掛かる?自分としては、こうして物を最後まで使い切れるのは何よりも嬉しい事です。

関連情報を公開して下さっている諸氏に改めて感謝を申し上げます。


※ハンダ盛り直しについては現在、前述の液晶モニターの杜様の「17インチ液晶モニター(Princeton PTFWV-17)の修理(つづき)」ページに記載されています。
手法解説はそちらの方がはるかに丁寧ですので、当ページはPTFWV-15についての補足情報としてご覧頂いた方が良いかも。


(2009-2-28追記)
バックライト切れによっても同様の症状が出ることが判りました。

同型機で、現象としては電源ONで画面が一瞬点いてすぐ消えるのは同じ。
しかし電源ランプが緑色のまま、というところが異なります。
コンデンサやクラックを確認しても解決できず、トランジスタも外してチェックしたりしてみましたが特に異常はなさそう。
そうこうするうち、偶然にバックライトの片方が点かないことを発見。
パネル部分をバラしてみると何故か端から5ミリ位の所で折れていました。
(まさかバラした時に折ったわけじゃないよな…)
とりあえず手持ちのジャンクから似たような長さのバックライトと交換したら嘘のように復活。
ちなみにバックライト部分を外す際にパネル部分のシート類がバラけてきたりするので結構焦ります。
ままよとバラけるに任せていると、入り込んだホコリがのちのち画面に見えて気分が今いちになるので注意です。

最近は新品の液晶モニタ(しかも数ランク大型)が随分安くなってきましたので、「事務用だからとりあえず映りゃいいの」用途でなければ素直に買い換える方が良いかも知れません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« マスゾエ下ろしでいいの? | トップ | 自動車メーターのスイープ機能 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コンセントとモニターにつなぐコードを上にあげないと電源がとうらない (kingusakane)
2012-03-11 21:10:22
タイトルを参考に対象ほうを教えてください!
細かいことは分かりませんが… (エチュードの頃)
2012-03-18 15:20:16
そのタイトルではどこか断線しているように思えます。

対症法としては、自分なら
(1)まず電源コードを変えてみる。
パソコンの電源コードと同じタイプなら、とりあえずつなぎ変えてみて普通に電源が入ればコードが断線している。
もし電源がACアダプタだったら、出力側にテスタを当てながらコードをいじってみて異変がないか確認。
(2)それでダメなら本体のコネクタ付近が怪しい。
ご自分で出来るなら中を開けて、基板に乗っているコネクタ部品のハンダ付けが割れていないか見てみる。あるいは部品自体が壊れかけていることもあるので、その場合は部品交換になります。

御健闘をお祈りします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

PC・小物」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事