エチュードの頃

思いつきを書きとめておくために。

ADB to USB converter on Da Vinci(改良版を試す編)

2014-01-09 | PC・小物
有志の方が書かれたプログラムをDa Vinciに載せてから1年以上。
これといって不具合もなく、すこぶる快調です。



発表元のスレッドでは活発に意見交換が行われており、その流れからちょっとした更新が発表されたりしていたので、たまに覗いていました。

キー配列の追加対応、といったものは自分の環境になければ構わないものですが、ひとつ
「キー入力を取りこぼすことがある」
という問題について長らく話し合われている様子で、これが少々気になるところではありました。
もっとも自分の環境ではそのままでも特に支障は感じられず、仮に対応不能と判明したとしてもそのまま使い続けるつもりでしたが…

それがその後にみごと解決策が見出されていったらしく、11月28日には改良版が発表されていました。



どうしようか…
単純にプログラムの書き換えだけならやってみても良かったのですが、データポートが以前のPF0からPD0に変更されていたのですね。
もう老眼傾向だし、細かいハンダ作業などはちょっと気合を入れないといけないので…


しかし、せっかく完成度が高まったバージョンができたということで、この際作業を頑張ってみました。

ソースをDLしてみると、以前とはずいぶんファイルの構成が変わっているようです。
特に、前回デバッグ用LEDの記述修正を施したcontroller_teensy.hがなくなっていました。
もうデバッグの必要はなくなった、ということかも知れません。
でも、キーを叩くたびにランプがチカチカ、が楽しめなくなるのは少々寂しい…
もちろん自分で追加するのもアリでしょうが、ちょっと自分の力では、はぁ。

というわけで、今回はプログラムに関してはノータッチ。
そもそも元スレのタイトルが
ADB to USB keyboard converter
と、「for Teensy」がなくなっていますし、READMEにもTeensy以外でも動くだろうという記述がありますので、何もせずともたぶん大丈夫。



コンパイルは、\tmk_keyboard-master\converter\adb_usb下でのmake一発。
あとは出来上がったadb_usb_lufa.hexを書き込むだけ、
…とはいえ書き込みの方がむしろ難儀。
リセットを押して赤いLEDが点滅すること数回…のあたりでEnterキーを押すのですが、これがなかなか。
それでもどうにかタイミングが合い、例の

avrdude done. Thank you.

でやっと安堵。



最後にデータポートの変更と、プルアップ抵抗が以前の「設置を強く推奨:10kΩ」から「必須:1kΩ」に変わっていたので、その修正も。




完成後の動作確認は何ら問題ありません(問題があるとすればもちろん自分のハンダ付けですね)。
これからも変わらず使わせていただきたいと思います。


スレ主のhasu様と他のメンバーの皆様に、改めて感謝を申し上げる次第です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« QNAP TS-112 設定メモ(その3... | トップ | ASAHIネット IP電話Fのパス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

PC・小物」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事