奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

水泥南古墳

2008年05月12日 | 古墳
 大和と紀州を結ぶ古道、巨勢道に面しています 撮影日;2008.4.22 

 現状は墳丘径14m、高さ5mの円墳ですが
 1996年の発掘調査で、実際は25mあることがわかっています

 水泥塚穴古墳とともに蘇我蝦夷・入鹿父子の双墓とする説が江戸時代からありました
 築造は6世紀後半の為、半世紀以上の開きがあるようです

★所在地;御所市古瀬塚の前
★交通;近鉄薬水駅より 徒歩15分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;0745-62-3001(御所市観光振興課)

 
石室:南に開口する横穴式で、床面に敷石とY字形の排水溝があります
 両袖式で、全長15m、玄室の長さ4.6m、幅2.4m、高さ2.6m

石棺:玄室(二上山の凝灰岩製)と羨道(高砂市周辺の竜山石製)に刳抜式家形石棺が有ります
 羨道部の石棺の正面の縄掛け突起には、六葉素弁の蓮華文が彫られているので有名です

遺物:須恵器の台付き、壷、はそうが出土
 水泥北古墳がある西尾家に保存されています


『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水泥北古墳 | トップ | 巨勢寺塔跡 »
最近の画像もっと見る

古墳」カテゴリの最新記事