りゅーとライフ

(MiddleTown Dreams)「りゅーとぴあ」と「ビッグスワン」をフランチャイズに新潟生活を楽しんでいます。

『高学歴女子の貧困 女子は学歴で「幸せ」になれるか?』 う~ん、人文系大学院に行っておいて貧困…とか

2014-02-28 23:54:23 | 

Dscf4005

  最近出た新書 大理菜穂子+栗田隆子+大野左紀子+水月昭道 共著 『高学歴女子の貧困 女子は学歴で「幸せ」になれるか?』を一読。

 内容は大学院(特に博士課程)を修了又は中退した「高学歴女子」たちの置かれている境遇をルポルタージュ的記述と統計資料とを組み合わせて描いたもの。『高学歴ワーキングプア』で有名になった水月昭道さんが監修&一文を入れている。

 一応、娘をもつ身として、タイトルに惹かれてついつい買ってしまったのだが、対象になっているのは人文系(特に英語)の大学院を出て、大学にとどまり、非常勤講師をやっている方々ばかりで、「人文系の大学院に行くなんて、世捨て人とまでは言わないが、貧乏になるのは分かりきっている訳で、それで貧困うんぬん…とか今更言われてもなぁ…。」と言うのが正直な感想。

 好きな仕事をして高い給料をもらえれば最高だと私も思うが、世の中には需要と供給というものがあるわけで、面白い仕事は競争率が高い(ハイリスク)か、給料が安い…というのが相場なのではないだろうか?私なんかは自分に甘く、人にも甘くの大あまちゃんだが、本書の主張には「流石に甘過ぎるよなぁ…。」と思ってしまった。

 あと、考えたのは、これからの女性の生き方。

 これまでは男性が稼いで、女性が支える…という昭和サラリーマン型家庭が主流っぽかった訳だが、この情勢下、男一人の稼ぎで家庭を支えられる若者は激減、同時に独身女性も激増している訳で、女性も自分で稼ぐ(お小遣いを稼ぐではなくて、ちゃんと生活費を支える)意識をもたないと結婚も難しいんだろうなぁ…とか考えてしまった。

 前にも書いたことがあるが、女性が家庭を支え、男性が稼ぐ…と言う考え方は多くの男性に多大なプレッシャーを与えているのではないだろうか?男性だって働きたくて働いている人なんて本当に少ないと思うのだ。(私なんかはやめられるものなら即刻仕事を辞めて、昼から酒をかっくらって音楽聴いていたい。)
 確かに昔は体力を必要とした仕事が多く、男性の方が働くのに優位だったのかも知れないが、ソフト経済の進展で男性の優位性などは今やほとんどない様な気がするし…。

 私はフェミニストではないが、能力ある女性にはガンガン働いてもらって、男性を楽にして欲しい…と改めて思った『高学歴女子の貧困 女子は学歴で「幸せ」になれるか?』であった。

コメント

一番嫌いな3月がやってくる…。なんとか乗り切るしかない。

2014-02-26 23:33:37 | 新潟ライフ

 ソチ・オリンピックが終わったと思ったらもう3月が目前。本当に時の経つのは早いもの。 

 4月になればラ・フォル・ジュルネ新潟、新潟クラシックストリートが開かれるし、サッカーのワールドカップを始め、大リーグ、自転車ロードレース…とスポーツ・イベントが目白押しで、非常に楽しみなのだが、その前に難関、年度末を乗り切らねばならない。 

 多くのサラリーマンの皆さんがそうだと思うのだが、なにしろ年度末、3月というのは本当に慌ただしい。仕事は詰まってくるし、人事異動、引き継ぎ、歓送迎会でバタバタしているうちに新年度に突入してまたバタバタ。

 特に今年はカミサンが異動確実と言うことで、3月、4月はどうなることやら…ということで、本当に憂鬱。(既に残業モードに突入しているし…。)

 早くリタイヤして年度末なんて関係ない年金生活者になりたい…と思うのだが、少なくとも十数年経たなければ無理。まぁ、がんばって乗り切りたいと思っている。

コメント

アルビレックス新潟 プレビュー開幕編 2014 今年も謙虚に「俺たちが新潟を熱くする!」

2014-02-25 23:46:13 | サッカー

   Dsc04230

 ソチ・オリンピックに気を取られているうちにJリーグ・ディヴィジョン1の開幕がこの土曜日に迫ってくる。

   書店でアルビファンマガジン「プレビュー アルビレックス新潟 開幕総集編2014」が売っていたので、即購入して一読、気分を盛り上げる。

   今年のタイトルは「俺たちが新潟を熱くする!」。一昨年「最強アルビレックス」とぶち上げて降格争いどっぷりはまってしまった後遺症が続いているのか、今年も当たり障りのないキャッチ…と言ったところ。
 
   しかし、東口、三門の移籍はあったものの、例年に比べれば移籍流失は最低限に抑えた感のある今年のアルビレックス、昨年後半の快進撃を考えれば口に出しては言わないが、「今年こそ真の意味での最強アルビレックス。」「今年こそ何かタイトルを…。」と思っているサポは多い事だろう。

   今年のホーム開幕戦は東口を引き抜いた因縁あるガンバ大阪。是非、ガンバを叩いて、開幕ダッシュに成功して欲しい…と思う次第である。

コメント

15年振りのスキー。来シーズンから本格復帰しようかな…。

2014-02-24 21:51:36 | スポーツ

Dsc04211

 日曜日はアンサンブル ルヴォワールの記念すべき第1回演奏会へ行きたかったのだが、強制家族サービス・デーとして娘と一緒に三川温泉スキー場へ。(涙)

 バルブ世代の私、ご多分に漏れず、大学、社会人なりたての頃は年10回以上のペースでスキーに行っていたのだが、30過ぎてからは激減、今回、スキーに行ったのはなんと15年振り。

 スキーは他のスポーツに比べて板にウェアに…とイニシャル・コストが掛かるし、実際行くにしても車を走らせて…と、とにかく金の掛かるスポーツと言う事で、一回止めてしまうと、再びやり始めるのには相当なパワーがいるのは事実。

 ただ、最近はバブル世代が40過ぎになり、再び子供と一緒に行き始めた…ということで、少し復活の兆しアリ…と言うことらしい。

 確かに、実際ゲレンデに行ってみると、開放感があって、「スキーってやっぱり良いな…。」と思ったのは事実。(三川温泉スキー場は本当にちっちゃいスキー場だけど…。)

 娘も何かしらないけどスキーに夢中になっている様だし、新潟に住んでいてスキーをしない…というのももったいない話だし、来年辺りからウェアと板を買って、スキー本格復帰しようかな…と思った日曜日であった。(月曜日はお約束の筋肉痛。イテテ…。)

コメント

強制家族サービス・デー。早く子育て期終わらないかなぁ…。

2014-02-23 17:51:36 | 新潟ライフ

 今日2月23日は新潟市ではクラシック・コンサートが数多く行われた盛況日…ということで、新潟市江南区文化会館で開かれる新潟市ジュニアオーケストラ教室アンサンブル ルヴォワールの記念すべき第1回演奏会へ。」と意気込んでいたのだが、「また一人でコンサート?」と言う物言いが家族から付き、「新潟期待の紫竹友梨さんがソリストとして出るんだぞ。一緒に行くということでなんとかならないか?」との悲痛な願いも却下され、結局、子供とスキーに行くことに…。(涙)

 まぁ、年間50回以上コンサートに行っているので強く出られない…と言ったところだが、コンサートは一期一会な訳で本当に残念。早く子育て終わらないかなぁ…と思った日曜日であった。

コメント (7)