りゅーとライフ

(MiddleTown Dreams)「りゅーとぴあ」と「ビッグスワン」をフランチャイズに新潟生活を楽しんでいます。

まさに圧巻!新潟メモリアルオーケストラ 第22回定期演奏会

2012-09-30 20:03:10 | コンサート

Img036

 祖母の告別式があったため、行けるかどうか分からなかった本コンサートであったが、告別式が予定より若干早く終わったため、礼服のまま滑り込みセーフと言った感じで、山岡重信さん指揮による最後の新潟メモリアルオーケストラ定期演奏会に立ち会うことが出来た。

 指揮:山岡重信

 プログラム
 バッハ:トッカータとフーガニ短調  (管弦楽編曲 山岡重信)
 ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」
   ~~~
  ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調

 
  本公演、長年本オーケストラの指導にあたってこられた山岡重信さんと新潟メモリアルオーケストラとの最後の公演、それに大変に魅力的なプログラム(山岡さんがお選びになったとか。)、その相乗効果か、ほとんどの席が埋まっており大盛況。「私は山岡さんの指揮姿を目に焼き付けとおきたい…。」と言うことで1階7列目中央やや左に席をとり公演を待つ。

 
 P席に木管、金管を配置した大編成オケはまさに圧巻。これを見ただけで、震えが来たというか、一気に期待が高まる。

 オープニングは山岡さん自ら管弦楽編曲したバッハのトッカータとフーガニ短調。

 バックに配された木管と金管が極めて効果的、音を立体的に浮かび上がらせ、今までに聴いたことない大迫力のトッカータとフーガニ短調に度肝を抜かされた。単に音響的な面白さを狙った…というのではなく、音楽的な必然性を感じさせるオケの配置で、本編曲はトッカータとフーガの管弦楽編曲のスタンダードとなるのではないだろうか。トライアングルも効果的な素晴らしい編曲、それにその魅力を十分表現しきった見事な演奏だったと思う。

 続いて2曲目はハルサイこと春の祭典。

 私は聴けなかったが、ハルサイは以前の定期公演会でも採り上げられた難曲。こんな難曲を最後の公演に持ってきたということはそれだけ自信がある…と言うことなのかもしれないが、大編成から生み出される渾然一体と鳴った重心の低いサウンドはこれまた大迫力で圧倒されっぱなしだった。

 細かい精度について言えばそこはアマオケ、幾らでも指摘することはできるのだろうが(私は出来ないけど…。)、そんなことを言う気にさせない気迫がオケから溢れ出ていた素晴らしい演奏だったと思う。 (この演奏を聴いて、「あそこの部分が…。」、「あのピッチが…。」と、いちいち気になる人は耳は良いのだろうが、はっきり言って不幸な耳の持ち主と言う気がする。)山岡さんもとても80歳を超えているとは思えないエネルギッシュな指揮振りで、まさに驚異的としか言いようがない。序奏からエンディング いけにえの踊り まで一気に聴かせ、ハルサイ好きの私も大満足の演奏であった。

  そして第二部。いよいよベト7ことベートーヴェン交響曲第7番イ長調。

 「最初の一音が響いた瞬間、名演を確信した…。」というのはオーバーだが、最近のトレンドとは正反対の粘りと適度な重みのあるこのベト7はまさに私好み。
 第2楽章も明るい感じだし、独特のリズム感は山岡流と言うのか良く分からないが、やはり個性的で好みは分かれるとは思うが、個人的には細かい事を言わず、全てをオーケストラに、音楽に身をゆだねたい…と思わせる本当に気持ちの良い7番、リップなしで大変な名演だったと思う。

 ブライトな響きながら、重厚感溢れる迫力ある第4楽章が終わると大歓声とともにブラボーの嵐が…。これに応えるオケと山岡さんに花束が贈呈され、感動的なコンサートは幕となった。

 私はアマオケ事情には疎いのだが、一人の指揮者が17年間にも渡ってアマオケ、(それも地方オケ)を指導、20回の共演を果たすと言うのは希有と言うレベルを超えて奇跡的なことだったのではないだろうか。このような素晴らしいコンサートを地元で聴くことができた幸福を1音楽ファンとして今更ながら噛みしめる次第である。

  来年度、第23回定期は2013年9月29日指揮者に竹内公一氏を迎えて シューベルト 「ザ・グレイト」、ヴェルディ歌劇「ナブッコ」、レスピーギ 交響詩「ローマの祭」と、また、意欲的なプログラムが組まれている。

 いつの日か山岡さんと再度の共演を望むとともに、新潟メモリアルオーケストラのこれからの演奏に期待したいと思う。

コメント (8)

アルビレックス新潟vs名古屋グランパス 爆発5-0!これで勢いに乗って欲しい。

2012-09-29 16:12:15 | サッカー

  J2への降格崖っぷちに立たされている我がアルビレックス新潟。今日はホーム、ビッグスワンで名古屋グランパスを迎え対戦。事情によりスワンへ駆けつけることができず、やむを得ずJスポーツでテレビ観戦。

 前半、いつものようにシュートを打つも、得点ならず…。嫌な気分が広がったものの、後半、ミシェウがPKを決めてからは面白いように点が決まり、結局、これまでの鬱憤を晴らすかの様に5-0の大量得点で勝利。

 これまで平均1点にも届かなかった、アルビレックスが5-0とは…。サッカーとは本当に分からないものだ。正直、これまでの試合で1点でも入っていたら…という気がしないでもないが、この大量得点で一気に勢いに乗って残留を勝ち取って欲しいと思う次第である。

コメント (2)

いよいよ明日!名演必至、新潟メモリアルオーケストラ第22回 定期演奏会

2012-09-29 13:48:29 | クラシック

Dscf2058_3

 新潟大学OB・OGで構成される新潟メモリアルオーケストラ第22回定期演奏会がいよいよ明日、9月30日日曜日、午後2時からりゅーとぴあ大ホールにて開催予定。(1時15分からホワイエにてロビーコンサートあり。) 

 どうも、本定期、これまで20回に渡って指揮をとってきた山岡重信さんとの最後の演奏会となるようだ。プログラムはトッカータとフーガ ニ短調、春の祭典、ベートーヴェンの交響曲第7番。

 山岡さん渾身の指揮による名演が予想させる本公演、私は祖母の告別式で行けるかどうか分からない情勢だが、是非、多くの方に足を運んでいただきたいと思う次第である。

コメント (4)

ティム・クックCEO謝罪。 アップルと楽天の違い…ってこれが普通の感覚だよなぁ。

2012-09-29 11:57:05 | i-Phone

 iPhone-5搭載の独自マップについて、全世界から非難殺到、ついにCEOのティム・クック氏が謝罪文を出したとのニュースを見る。
 謝罪文には、「extremely sorry(たいへん申し訳ありません)」と明確に謝罪しているので、やっぱり世紀の大失敗作だったのだろう。まぁ、あんな未完成品を出してくると言うのにも驚いたが、ここまであっさり謝罪するというのも、強硬姿勢で鳴るアップルだけにちょっと驚き。まぁ、当然と言えば当然なのかもしれないが…。

 翻って、トラブル続出なのにもかかわらず、失敗を認めなかっただけでなく、ユーザーレヴューを消し去った楽天のブックリーダー・コボタッチ。失敗を認めない…というのがグローバル・スタンダードじゃないんだから…という感じだが、両社の対応の違いをこれから市場がどう評価するのか、ウオッチしていきたいと思う。

コメント

祖母の死…。高齢化社会を考える。

2012-09-28 20:17:31 | 新潟ライフ

 祖母が亡くなったとの連絡が届きバタバタ。

 祖母は年齢的にも100歳近く、ここ数年間は所謂寝たきり状態、特別養護老人ホームに入所していたこともあって、特別な感慨も沸かない…というのが偽わざるところ。父親も80歳近く…ということを合せ、改めて超高齢化社会ということを実感する。

 超高齢化社会…、つまるところ、それを支える膨大な社会保障費用<高齢者の幸福感 であれば良いのだが、祖母の場合、老老介護も限界で一昨年から特別養護老人ホームに入所させていただいていただき、その入所費用、医療費合せれば月当り50万円以上の国家予算が祖母に投入されていた筈。それに応える幸福感を晩年の祖母は感じていただろうか…、正直、複雑な気分である。

 とりあえず、モーツァルトのレクイレムを聴いて喪に服したい。

コメント