ふじみ野市不動産センター|不動産屋のひとり言

街の不動産屋が日常で感じた事や出来事を勝手気ままに書いてます!

お客様の声 26

2018-11-30 16:20:40 | 仕事のこと

この度、ふじみ野市内の土地の売却をお手伝いさせて頂いた

お客様より「お客様の声」が届きました。

平成29年暮れの押しつまった12月に一人暮らしの母が亡くなった。

96歳と高齢なことから、当然この日のくることは予測していた。

生前母から「私が亡くなったら、早くこの土地と建物を処分しなさい」と言われていた。

周りは新築された建屋ばかりで、築50年の木造の古家は、母の家一軒のみであった。

 

時々敷地内に捨てられた煙草の吸殻を見つけると、火災の心配で不安そうに電話をしてきていた。

売却希望の不動産は、建物はマイナス評価で、家の裏側が4メートル公道に面した土地のみ

評価になると予測していた。

 

不動産屋を探すに当たり、先ず地元の信頼できる不動産屋を探すことにした。

幸い母の家の郵便受けに投函されていた「ふじみ野市不動産センター」のチラシを保管していたので、

主人に相談し訪問した。

その時対応して頂いた柴崎さんから、好印象を受けたので早速お願いすることにした。

主人と、これから何かと煩雑な手続きが必要になるので忙しくなると話をしていた。

 

しかし実際には、安心して、すべて柴崎さんにお任せして、当方では只経過を見守るだけであった。

その結果、約3ヶ月間と言う短期間で、こちらの希望通りの金額で売却でき、満足した結果が得られた。

現在はふじみ野市不動産センターの選定に間違いがなかったと夫婦二人満足している。

予想以上スムーズに全ての手続きが完了し、安堵し、早速母の墓前に報告した。

今後は50年近く住みなれた愛着のある土地に、立派な建物が建ち、

幸せな家族の入居されることを願っている。

最後に、貴不動産センターの益々のご発展を願っております。ありがとうございました。

 

<当社より>

わざわざワープロで「お客様の声」を作成頂きありがとうございました。

文中にあるように、初めてご相談に来られて、その場で売却のご依頼を頂きました。

後日お聞きしたことによると、大手を始め多くの不動産業者からアプローチを受けていた

とのことでしたが、そんな中で当社のような地元の不動産屋にご依頼頂けたこと、

感謝とともに今後の大きな自信にもなりました。

また何かお役に立てることがありましたら、いつでもお声を掛けてください。

今回は本当にありがとうございました。

 

 

*他にもたくさんのお声を頂いていますお客様の声(売却のお手伝い)

 

不動産売買専門(仲介・買取) ふじみ野市不動産センター

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 空き家、そして遺言 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

仕事のこと」カテゴリの最新記事