歩かない旅人

 彼がなした馬鹿げたこと・・・彼がなさなかった馬鹿げたことが・・・人間の後悔を半分づつ引き受ける。ヴァレリー

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017年11月30日 参議院予算委員会 青山繁晴 北朝鮮・森友・加計・硫黄島

2017-11-30 22:30:17 | ユーチューブから

この国会中継は地上波テレビでは無視するでしょう。

日本の危機より特定アジアの方に顔が向いているからです

 

2017年11月30日 参議院予算委員会 青山繁晴 北朝鮮・森友・加計・硫黄島

コメント

渚のアデリーヌ

2017-11-30 11:19:47 | ユーチューブから

BGM

渚のアデリーヌ

コメント (1)

 【北朝鮮漂着鮮】「処罰される恐れ8人返還は慎重に」脱北者や支援団体が声明。

2017-11-30 10:08:09 | ブログ欄を探索して遊ぶ。

 

    

  

     ここ北朝鮮関係のニュースが、様々続いています。好い話題ではありません、非常に迷惑千万な話ばかりです。月刊雑誌『正論』1月号の特集は「非礼国家」としての韓国を取り上げていますが、非礼に関して言えば北朝鮮も負けず劣らず、正常な感覚の通じない国です。

  ブログ『厳選!韓国情報』から三つ、北朝鮮関係のニュースを取り上げます。最初は朝日新聞の記事からですが。この記事は一目人道主義的に見えますが、北朝鮮拉致問題などには触れませんし、そんな事件が有ったかなど忘れ去ったかのようないい加減な記事です。

      

  彼らは生き残って日本に漂着したというだけでなく、その他に何人上陸に成功しているかもしれません。テロリストを先ず疑うべきです。テロリストには人権はありません、最も危険な犯罪者グループなのです。

     次の取り上げたミサイル青森沖着水とどういう整合性を取れというのでしょうか。優しい日本人は舐められているのです。北朝鮮に長くかかわっているといつの間にか北朝鮮シンパに成って仕舞うのには何か理由があるのでしょか。

 

 🚤 🚤 🚤 🚤 🚤 🚤 🚤 🚤

 

 【北朝鮮漂着鮮】「処罰される恐れ8人返還は慎重に」脱北者や支援団体が声明。

 

     2017年11月29日カテゴリ:

       http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/e/6/e644ba19.jpg

     漂着船の「8人返還は慎重に」 脱北者や支援団体が声明
     朝日新聞:2017年11月29日08時48分 

     秋田県に漂着した船で北朝鮮から来たとみられる8人について、

      朝鮮を脱出して日本に住む人(脱北者)や、支援団体「北朝鮮難民救援基金」などが28日に東京都内で記者会見し「8人は北朝鮮で処罰される恐れがある。北朝鮮へ戻りたいという意思確認だけで問題ないのか、慎重な対応が必要」などとする声明を発表した。

        

       http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/d/5/d5fdb25f.jpg

       
  声明によると、日本に上陸した8人は、北朝鮮に戻ると当局の取り調べを受けて監視対象となり、処罰される恐れもあるという。脱北し2004年に日本に戻った川崎栄子さんは「いったん外国に上陸した者は、北朝鮮ではスパイと疑われて処分されかねない。本人が希望するから帰せばいいという簡単な話ではない」と述べた。

 

  🚤 🚤 🚤 🚤 🚤 🚤 🚤 🚤

 

 

  北朝鮮が弾道ミサイル1発を発射 53分飛翔し青森県沖250キロに着水

 

 北朝鮮ミサイルはICBMか 高度4000キロ超 防衛省
11月29日 6時12分 NHK

        http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/1/2/124b1b57.jpg

  29日朝早く、北朝鮮西岸から弾道ミサイル1発が発射され、およそ50分間飛行して青森県西方の日本海の日本の排他的経済水域内に落下したと見られます。

      高度は4000キロを大きく超えたと推定され、防衛省はICBM=大陸間弾道ミサイルと見て詳しい分析を進めています。

  防衛省によりますと、29日午前3時18分ごろ、北朝鮮西岸から日本海に向け弾道ミサイル1発が発射され、およそ1000キロ飛行して青森県の西およそ250キロの日本海の日本の排他的経済水域内に落下したと推定されるということです。

      これまでのところ、船舶や航空機などへの被害の情報はないということです。

     ミサイルが飛行した時間はおよそ53分間で、高度は4000キロを大きく超えたと推定され、これまで確認された中で最も高い高度だということです。

      通常より発射の角度を上げて高く打ち上げる「ロフテッド軌道」で発射されたと見られ、防衛省は最大射程が5500キロを超えるICBMと見られるとしています。

         

  北朝鮮が弾道ミサイルを発射するのはことし9月15日以来で、日本の排他的経済水域内に落下したと推定されるのはことし7月28日以来、7回目です。

  7月28日のケースでは、北朝鮮が「火星14型」と呼ぶ新型の弾道ミサイルが同じようにロフテッド軌道で発射され、高度は3500キロを超えたと見られていますが、今回はこれをさらに500キロ程度上回ったと推定されています。

     また、飛行時間も8分ほど長くなっていて、通常の角度で発射した場合の射程距離は従来より大幅に伸びていることが予想されるということです。

           

  防衛省は、北朝鮮のミサイル開発がさらに進んでいると見て、ミサイルの種類や飛行コースの詳しい分析を進めています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

      こんどはNHKのニュースからです。朝日新聞もNHKも北朝鮮人が公然と入り込んで職員としてニュースを発信しています。驚くべきことにこの外人、しかも敵性人を雇う事に何の危機感も持っていないのが

      日本の現状です。しかも今度撃ったらアメリカは本気だと示すはずです。

  日本の安倍首相も覚悟を決めていると思います。高く打ち上げたミサイルが正常に目標を定めた場合、アメリカ本土に届くと言う事を、公然と示して恐れを知りません。今までのアメリカではないことを示し、日本も、国民の生命地財産を守るためには先制攻撃もあり得ます。

 

 🚤 🚤 🚤 🚤 🚤 🚤 🚤 🚤

 

 北朝鮮が日本に警告「朝鮮民族千年来の敵、挑発の代価は必ず百倍、千倍払わせる

       2017年11月29日

 

     北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は28日、日本の安倍晋三首相を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

  朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり

     先日、安倍は諸国で行われた国際会議で数人の国家元首に朝鮮に対する「圧迫共助」を請託しながら、国際社会が「強い圧力を行使して政策を変化」させなければならないと言った。

  わが国の周辺諸国には、「朝鮮の核・ミサイル開発を阻止」するために「建設的な役割」を果たしてほしいと哀願し、南朝鮮のかいらいには自分らのように「対朝鮮制裁と圧迫の度合い」を強めろと訓示した。

  一方、安倍一味は日本内部では「脅威」だの、「最も深刻な安保上の危機」だのと言って朝鮮に対する戦争の雰囲気を鼓吹することに熱を上げている。

  28日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これは共和国に対する許せない敵対行為だと糾弾した。同紙は、安倍一味がいわゆる「脅威」について喧伝して反共和国対決騒動に狂奔するのは日本だけでなく、国際社会にも重大な脅威となっていると主張した。

        http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/b/8/b8edfd48.jpg

       http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/5/d/5d712d5f.jpg

  また、米国の対朝鮮敵視政策とアジア太平洋支配戦略実現の突撃隊になって朝鮮半島と地域の情勢を激化させている日本の反動層は朝鮮人民とアジア人民の不倶戴天の敵、世界平和の癌的存在だとし、次のように強調した。

       http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/4/e/4e2b2e3b.jpg



  歴史的に朝鮮民族に計り知れない害悪だけを及ぼしてきた千年来の敵、過去の罪悪に対する謝罪と賠償はおろか、新たな罪を上塗りしながら再侵略野望をためらわずにさらけ出す憎らしい島国の反動層に対するわが千万軍民の憤怒と敵愾心(てきがいしん)は活火山のごとく沸き返っている。

  われわれは、日本反動層のよこしまな妄動を決して傍観せず、極悪な反共和国挑発の代価を必ず百倍、千倍に払わせるであろう。

  安倍一味は、島国の運命をかけて、博打をしてはならない。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

     よくこれだけ汚い言葉を書けるものですが、元は朝鮮語であり。それを訳したのでしょうが、その訳し方に意図があるのでしょうか.朝鮮語ってみんなこんな言い回ししかできない言葉を持った民族なのでしょうか。しかも自分たちの立場が全然分かっていない、人民はあ動物以下に見ているのでは無いでしょうか。

       

     命がけで板門店から脱出した北朝鮮エリート兵士が手術したら。体中回虫が満ちていて全部撮ったら命にかかわると途中で回虫在中のまま手術を終え、何とか命を取り留めたようです。

     口では威勢のいいことを言っていますが日本海側に押し寄せるあの船とも言えない、木片に8人の死体を載せて漂流したり、8人生き残って居たり。口では威勢のいいことを言っていますが、やって居る事は、最貧国の命がけのやり方に見えてしまいます。

   

   北海道松前町沖で発見された国籍不明の木造船。乗員の姿も見える=2017年11月29日午前11時6分、本社機「希望」から

      北海道では10人ぐらい乗った北朝鮮とみられる船が、漂流し、食料を要求しているようです、そんな中またミサイルを撃ちました。金一族の生き残りをかけた最後のあがきでしょう。トランプ大統領は、一応国連で議題にし、本気度を見せつけるでしょう。

      日本も有事の際は無傷では済みませんが、毅然と拉致被害者救出隊を北朝鮮に派遣し、金一族を追い詰める事が最も肝要だと思います。

   トランプ大統領は一応国連に北朝鮮の制裁を議題に上げました。やるべき手続きを踏んだとみて良いでしょう。トランプ大統領はアメリカを再び戦える体制にの国に、変換させました。日本も国民の命と財産を守る為すべきことを、するでしょう。

    

   これだけ日本の近辺にミサイルを撃ち込まれ恫喝されている日本が、何もしなければ世界の軽蔑を受けます。やるべき時はやるのが日本です。やれば徹底的に敵陣を完膚なきまで叩くでしょう。民間人を攻撃するようなことは日本の軍隊には無かったことです。

コメント

八角理事長が恐れる貴乃花からの”暴露内容”がやばすぎる…協会を拒否し続ける理由となったある事件に驚きの声…

2017-11-29 12:17:05 | ユーチューブから

ガチンコだけになるとけが人だらけになります。

年6場所は多すぎる気もしますが、経営を圧迫します

注射もある程度許す、それが長く続いた理由かもしれません。

 

八角理事長が恐れる貴乃花からの”暴露内容”がやばすぎる…協会を拒否し続ける理由となったある事件に驚きの声…

コメント

メディアに潰されたか 日馬富士引退声明

2017-11-29 11:53:00 | IRONNAから記事を拾う

 

 

      

  

  今日朝十時ごろテレビに速報欄が流れ、日馬富士が引退を声明したそうです。本当の所はぼやかしたまま、只暴力をふるったのは怪しからんという世間一般の意見に、日馬富士もやめる気になったのでしょう。テレビ界はしばらくはこれに関わるでしょうがその後は。

   

  何といっても白鳳はモンゴル力士界のボス的存在だと思います。その白鳳の前で、貴乃花部屋の貴ノ岩は煙たい存在に思え、少し可愛がってやろうという空気はあったと思います。

  日馬富士はモンゴル力士界の若頭的存在です。当然白鳳の意を忖度して代わりに可愛がったと思いますが、普通力士界の中ではそんなに珍しい事では無いでしょう。しかしそれをどの位、白鳳が見物していたかが問題です。その場にいなければ分かりません。

  テレビ界は。すっかりこれに話題の主力を奪われた感じです。本当は、「モリカケ」をしつこく取り上るつもりだったのでしょうが、テレビ朝日だけが、未だに執拗に取り上げていますが、他の局は、本当の悪は誰だ、貴乃花か日馬富士か、協会の体質か、相撲界の体質か。

  と、すっかり旭鷲山、朝青龍などモンゴルOBまで引っ張り出して話をコンがらせて、はしゃいで、います。そんな中で貴乃花親方が自らの出世のために協会に戦いを挑んでいるという文を発表した、ジャーナリストが居ます、初めて名前を知った人です。

  私の真反対の意見ですがどういうことを言いたいのか読んでみたいと思い、此処に全文載せました。

 

  🔔 🔔 🔔 🔔 🔔 🔔 🔔 🔔

 

 自らの出世のために「綱」を汚した貴乃花親方が小憎らしい

        

 

   杉江義浩(ジャーナリスト)

 

 

  横綱日馬富士が貴ノ岩を殴りつけたとされる暴行事件は、本当にそんなに悪質な大事件なのでしょうか。必要以上にマスコミが振り回されてはいないでしょうか。

  一人の大相撲ファンとして報道される内容を見ていると、むしろ加害者である日馬富士の方が気の毒になり、貴乃花親方の方が小憎らしく思えてくる、不思議な感情にとらわれてしまいました。

  勿論、張り手一発でも、土俵の外で行われれば、暴力は暴力です。許されて良いという道理はありません。ましてや日本の国技である大相撲の頂点に君臨する、神聖なる横綱ともあろう者が、暴行事件を起こして警察に取り調べられる等とは、情け無い限りであります。  

       2017年11月15日、日馬富士や貴ノ岩らが休場したことを示す大相撲九州場所4日目の電光掲示板=福岡市の福岡国際センター

  しかし今回はそのような正論はワイドショーに任せて、私は一連の騒動の本質に迫ろうと思います。

 

  私は十数年前、奇しくも同じ九州場所の真最中に、横綱武蔵丸を密着取材したことがあります。苦労して日本相撲協会からもらった取材許可書には、但し書きが付いていました。

  力士が気乗りしないときには取材を断ることがあり得る、という文言とならんで、取材中に力士からいかなる暴力を受けても訴訟しないこと、という一文がありました。

 

  どんな恐ろしい取材現場になるのだろう。私はビクビクしながら福岡の武蔵川部屋宿舎を訪れました。まもなく早朝から竹刀を持った親方の前で、新弟子たちの迫力満点のぶつかり稽古が始まりました。なんと立ち会いの瞬間、額と額を全力で激突させるのです。

 

  頭と頭の骨がぶつかり合う「ゴーン」という音が部屋中に響き渡り、若い力士は脳震盪(のうしんとう)を起こしてふらふらになります。意識を取り戻して再びガツン。

  文字通りのガチンコ相撲の繰り返し。これでは死んでしまう、と思わず親方に言いたくなった頃、土俵の上は交代し、力士たちは互いに頭を左右によけて、相手の肩にぶつかるような稽古が始まりました。

  相撲の歴史をひもとくと、戦国時代の勧進相撲では、相手を殺してしまうことも普通に行われていたようです。そんなルーツを持つ相撲の凄みに、私はぐいぐいと引き込まれていきました。

  先輩力士から受ける新弟子の稽古では、土俵の内外を問わず、私の目には暴力としか映らない光景も多く目にしました。その異様な雰囲気の朝稽古に比べると、稽古の終盤に現れた武蔵丸は、おおらかでユーモアがあり、ようやく私をホッとさせてくれました。

      十両に昇進し、部屋の看板の前でガッツポーズを見せる貴ノ岩(左)。右は師匠の貴乃花親方=2012年5月、東京・中野区の貴乃花部屋

 

  なぜこの話をしたかというと、大相撲の世界というのは、我々の非常識が常識になるような、特殊な世界だということを強調しておきたいからです。究極の暴力を日本の伝統文化にまで昇華させた、世界に例を見ない存在です。

  力士の身体はそれだけで武器です。ですから日馬富士の件でスポニチが第一報を出したとき、私は非常に違和感を持ちました。

  まずビール瓶で貴ノ岩を殴ったという表現。力士がそんなことするだろうかという疑問でした。実はビール瓶というのは、中身が入っている状態では重く威力のある鈍器になりますが、中が空の状態では軽いし瓶の方が割れてしまって武器としては微力なものです。

 

  それよりは力士の素手の方が、ずっと破壊力がある凶器です。私のような素人が力士に張り手で頭をはたかれたら、それだけで死んでしまうかも知れません。日馬富士がわざわざビール瓶で殴るという行為には、どうしても意味が見いだせずに、首をかしげるしかありませんでした。 

  カラオケのリモコンであろうと何であろうと力士の場合関係がありません。素手そのものが凶器なのですから。

 

  もう一つは報じられた診断書です。「右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」という記載です。本当に髄液漏など起こしていたら、全治2週間どころではない重傷です。いや命に関わる重態でしょう。

  でも医師は「疑い」と書いているだけであり、よく読めばそれほどでもないことがわかります。全治2週間というのも負傷した10月26日から起算して2週間です。

 

  実際に貴ノ岩は翌日に鳥取の巡業に参加していますし、いくら力士が並外れた体力を持っているとはいえ、2週間での復帰は現実離れした回復力だということになります。

  ワイドショーが日馬富士の暴行のひどさを語るために、こぞって引用したこの診断書は、実はちゃんと正しく読めていなかっただけで、本当は軽傷に近いものだったのではないかと私は思っています。

 

  何よりも理解に苦しんだのは、日本相撲協会の理事でもある貴乃花親方が、この事件を協会の八角理事長や危機管理委員会に報告せず、いきなり県警に被害届を診断書とともに提出した

    

  もちろん一般社会の常識としては、暴力事件などが起こったらまず警察、それから内部調査という手順を踏むべきだとされています。しかし日本相撲協会というのは、文部科学省管轄の公益財団法人です。

  日本の国技としての伝統や精神を受け継いでいくために、さらに言えば暴力を神格化させた特殊な世界の自治のために、半官半民の立場を与えられています。

 

  日本相撲協会には、不祥事などに備えて、組織の内部で解決するためのシステムがあります。危機管理委員会です。それは外部から招いた元地検特捜部の検事や弁護士などを含む、特別な委員会。

  すなわち今回のような内輪の事件が起きたときには、真っ先に相談すべき機関です。なぜそこに貴乃花親方は最初から報告しなかったのか。通報義務を無視して単独行動に出たのか。

 

  組織の力学、というものがあります。組織の力は、その組織を守る方向に作用する、という法則です。

  それに従えば、貴乃花親方は今回のような事件の場合、まずは日本相撲協会に通報して、危機管理委員会の判断をあおぐ。その上で警察沙汰にするかどうか、結論を下すというのが自然な流れです。

 

   その自然な流れに逆らって、今回の軽微な事件を最初から警察沙汰にし、刑事法廷も辞さない構えでマスコミにアピールした貴乃花親方の態度は、組織を守るというよりも、組織を相手にして追い詰めているように見えます。

  組織と敵対して追い詰めると、いったい何のメリットが貴乃花親方にあるのか。それを考えていくと、日本相撲協会の理事長の座をめぐる、現在の八角理事長と、理事長選に負けた貴乃花親方との確執以外考えられません。

  来年3月の理事長選に向けて貴乃花親方は、なんとしても八角理事長をスキャンダルで退任に追い込みたかった。そう考えるのは邪推でしょうか。

 

  現役力士としての頂点である横綱を極めた貴乃花が、引退した後も管理職としての親方株を引き継ぎ、ついには大相撲界管理職の頂点である理事長の座を極めるべく情報戦にもつれ込む。そんなドロドロとした相撲協会内での勢力争いが垣間見えます。

  日馬富士の暴行事件をすっぱ抜いたのは、スポニチ一社だけでした。事件から20日も空白の期間があったとはいえ、見事なスクープ記事だったように見えます。

    

  しかしスポニチは貴乃花部屋と関係が深い、いわば貴乃花一門のお抱え新聞社です。そのことを考えると実態は、貴乃花親方によるリークであった可能性が十分考えられます。

 

  自らの出世のために、神聖な横綱の真っ白な「綱」を汚す。その行為が大相撲ファンの私には許せなかったのかもしれません。

 

  傷害容疑で日馬富士は書類送検となるとのことです。それにより横綱の立場は致命的なものになります。暴力を振るった日馬富士も悪いけど、先輩である横綱白鵬からの説教の最中に、スマホで恋人とのやりとりをした貴ノ岩にも非があるでしょう。

  そのどちらも大相撲という特殊な世界の中では、比較的軽微な罪だと私には思えるのです。

 

  大相撲の世界で、現役の横綱を、現役の親方が警察に突き出す。それこそが日本の国技である大相撲が、今まで受け継いできた美しい伝統と、守り抜いてきた神聖なる「綱」の重みを、一瞬で台無しにしてしまう、極めて残念な行為なのだ、と私には感じられます。

 

  私がかつて取材した九州場所での横綱武蔵丸は、番組のために特別に「綱」を見せてくれました。部屋の後輩力士たちが3人がかりで、白い手袋をはめて木箱から取り出し、持ち上げて見せてくれた「綱」は、塵一つ付いていない見事な純白のしめ縄でした。

横綱はご神木と同様に、神様の扱いなのです。

    

 

  その「綱」を締めたときはどんな気分か、という私のインタビューに答えた、当時の武蔵丸の言葉が、「綱」のまぶしい白さの印象とともに思い出されます。

 

  「コレつけると緊張するよ。悪いことできないから」

  武蔵丸はアメリカ人横綱でしたが、日本の心をしっかりと理解していると感じました。日馬富士はモンゴル人横綱ですが、同様に日本の心を理解していると信じたいです。

 

  酒の席で先輩が後輩に手を上げてしまった。今回の事件は一般の社会ではありふれた事件であり、たいていの場合は示談で片づくレベルの事件です。それがなぜ協会内部で解決できないのか。

  この事態を最も残念に感じ、嘆いているのは、事件のために汚されてしまった、横綱が締める純白の「綱」自身かもしれません。

 

 🔔 🔔 🔔 🔔 🔔 🔔 🔔 🔔

 

  相撲は神事だと言います。相撲協会は必ず高学歴が理事長になると言う事はめったにありません。みんな神事である相撲道の伝統を壊さないように、しかし取り入れるべきビデオによる判定などをすかさず取り入れた、柔軟な精神構造も持っています。

  相撲界は特殊な世界です。NHKが無ければ相撲協会そのものが成り立たない位、一応国技として丁髷を結ったスタイルや、様々な儀式は固く伝統を守っていますが、今その相撲界がモンゴル国の出稼ぎの場と化し、日本語をしゃべりますが日本独特の雰囲気は薄れています。

   

  今回の事件も貴乃花部屋の貴ノ岩も、殴った日馬富士も。それを眺めていた横綱白鳳も横綱鶴竜、などほとんどがモンゴル勢です。貴乃花は何に対して怒っているのか。私たち日本人は、日本人の不甲斐なさを嘆いていますが、モンゴルは嫌いではありません。

コメント