バイク乗りの不定期雑記帳。

バイクのメンテナンスやら修理やら料理やらの雑記帳です。
ぼちぼちですが…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひょんな事で。

2014-10-31 00:29:25 | 日記
格安ゲット!




同じガンマ乗りの友人よりウォルターウルフのⅢ型を格安で譲り受けました。
友人がかなりのこだわりをもって仕上げたガンマでボルトナットまで純正にこだわってます。

例えばプラスチックの平ワッシャなどはメーカー欠品なのであちこちからかき集めたモノだったり、外装には防震ゴムを挟んで割れを防いだりと小技も利いてます。

これ、乗るのがもったいないなー…
アッパーカウルが諸々の事情で再塗装しなければならないのとナンバーが無いので暫くは乗れませんが眺めるだけでも格別ですね。
コメント

そろそろ2

2014-10-26 17:20:02 | 日記


フランジがあるとグリップが入らないのでカッターで削りとってしまいます。



スイッチを取り付ける部分にパーツクリーナーで丁寧に洗浄
(スイッチを付けた画像を撮り忘れました)


先のパッシング回路に分岐
本当は圧着したかったんですがリングスリーブが欠品してましたので仕方無く付随していた割り込みを使いました。



マイナス側はフレームに電気的に繋がるところへ。
こんな細い線でM8穴の端子は持ってません。こいつも取り急ぎ。

プラスもマイナスも後日、正式な結線方法に変える予定です。



キーオフは冷たく、キーオン(エンジン始動)では暖かくなるのを確認。
思わず笑みが溢れます。



そして今年もハンカバのお世話になります。

自分は右手の中指だけが異常に冷たくなり痛みすら覚えます。
他の指は暖かくても…です。病気なのかな?
なので手の防寒対策は特に気を使います。

試走したかったけど雨が降ってきちゃいました。がっかり…
コメント

そろそろ

2014-10-26 16:38:54 | 日記
朝が寒くなってきたので通勤スペシャルのスカイウェイブの冬支度をしました。

少し前にバイク用品店が店じまいをして、そこのポイントカードが無くなるのと叩き売りをしていたので言ってみたら



これ!グリップヒーター!
ずーっと欲しかったけど値段に戸惑っていました。
割り引きやポイントカードで格安になったので思いきって買いました。




作業前に説明書を熟読。
配線禁止として
・ヘッドライト、ウインカー、ホーン
・細い線
・バッテリー直接
・イモビ等セキュリティ

細い線は火災の危険、バッテリー直接は消し忘れてバッテリーあがり、セキュリティも同様と万が一を考慮

これはわかるがライトやウインカー、ホーンはなぜ?
電線の容量がギリギリいっぱいなのか??



とりあえず分解。
黄色いコネクターにひときわ太い線を発見。
左のスイッチターミナルへ向かっている。


スイッチターミナルを分解してみるとパッシングスイッチの電源なのが判明。
ヘッドライトの電源は禁止と書いてあったが調べてみるとパッシングスイッチとヘッドライトのアップの回路は別回路。
て、事は個人的にほぼ使わないパッシング回路は大丈夫!と、(他を探すのが面倒くさいので)強引に納得し、こいつを使う事に。
あくまでも私的な判断なので配線される場合は自己責任でお願いします。



キーオンで測定すると12ボルト、キーオフで0ボルト
これなら使えますね。



配線を決めたらモノの取り付けです。
内径の太いのがアクセル。当然ですね。




アクセルグリップを外すとフランジになっていてグリップがはまりこんでいました。


続く
コメント

今週末はその2

2014-10-19 21:25:52 | 日記
ターミナル部のナットやワッシャが



こんな順番にはまってます。

茶色いパーツはベイクで出来ていて絶縁体で金属の本体(マイナス)からボルト(プラス)を絶縁しています。



本体枠から外す時はこんな感じ。



これがブラシのアッセンブリー。発注してもこれと同じパーツが届きます。

良く見るとへたって縁が反り上がってます。



アーマチュアは汚れてますがへたりはありません。洗浄しておきます。

廻らない理由はブラシがアーマチュアにギリギリ当たらない程度にへたっています。
これは組んでみないとわからないので確認は出来ません。
ものすごく微妙な隙間なのでバラして洗浄、組つけると微妙に当たるので一時的に復活します。

ブラシのへたりが確認出来たので組み付けエンジンを始動して一度、オーナーに返却。
そしてバイク屋さんに発注。

次いでチョイノリ



前足がDIOのZXかな?かわってました。
タイヤ交換してからエンジンを始動…しません。

ブルータスお前もか!





キャブを分解するとチョークが腐ってました。

他にはコックからガソリンが漏れたり、白煙が出たりメーターが動かなかったりと出るわ出るわ不調の原因。

必要パーツを発注し、今週は終わりました。

発電機?触ってもいません(笑)
コメント

今週末は

2014-10-19 20:59:43 | 日記
近所の仲の良い人から、別々にFTR223とチョイノリの修理依頼とひょんな事から発電機の修理と言うか修理して販売と言うか な案件が突然舞い込んできました。

FTRはタイヤ、ブレーキパッド、バッテリーの交換、チョイノリもタイヤ交換

と、聞いていました。

まずは



リア廻りをはずして



タイヤを外し



新品を組みます。



パッドは終わってます。



交換してあとはバッテリーも交換し、さぁ!エンジンを始動!

始動! し…どうしないぞ?

リレーが『カチッ』とは言うもののセルモーターはピクリとも動かない。

あー…ブラシがへたってるかな?と思い、セルモーターに繋がっている+の線と-の線にテスターを当ててセル以外スイッチを押すと13vの出力がある。

セルのブラシが濃厚で



本体を外し



ボルト2本を外し



カバーを外しますが防水パッキンもあるので切らないように気をつけましょう。



反対側にブラシがあります。



ブラシの粉がたっぷり!
ドライバーの先にワッシャがありますがモーター軸の末端にワッシャが入っていますので無くさないようにしましょう



ブラシ側に+の線が繋がるターミナルは複雑に絶縁ワッシャが入ってますので分解するときは気をつけましょう。

続く
コメント