春 夏 秋 冬

めぐり来る 春夏秋 麗しき 大和し護れ 民草いとえ 
          

ブログ休止のお知らせ

このブログの表題に入れた短歌の、春夏秋冬の中の冬の字が、誰かによって削られて、修正不能になって久しいのですが、昨日から編集画面までが、誰かにいじられたようで、出す事が出来なくなっています。 この記事作成画面も、何時使用不能になるかもしれない状況にありますので、 春夏秋冬はこの記事をもって、しばらく休ませていただく事にしました。(2010年3月) * * * * * * *  Fc2ブログに不祥事が起き、広告主が引き上げたそうです。 Fc2は何時終了になるか予断を許さない状況かと思い、 気になる過去記事を少しずつ、こちらのブログに写す事にしました。(2015・4・24)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

春夏秋冬

2009年08月31日 16時40分09秒 | 思想信条
春夏秋冬 - 作詞・作曲:泉谷しげる

季節のない街に生まれ
風のない丘で育つ
夢のない家を出て
愛のない人にあう


人のためによかれと思い
西から東へかけずりまわる
やっとみつけたやさしさは
いとも たやすく しなびた


春をながめる余裕もなく
夏を乗りきる力もなく
秋の枯葉に身を包み
冬に骨身をさらけ出す。


今日ですべてが終わるのさ
今日ですべてが変わる
今日ですべてがむくわれる
今日ですべてが始まるのさ


季節のない街に生まれ
風のない丘で育つ
夢のない家を出て
愛のない人にあう


となりを横目でのぞき
自分の道をたしかめる
またひとつ ずるくなった
当分 てれ笑いがつづく


今日ですべてが終わるのさ
今日ですべてが変わる
今日ですべてがむくわれる
今日ですべてが始まるのさ(繰り返し)


今回の総選挙で、民主党は308議席を獲得した。
鳩山代表をはじめ、民主党の方々にとっては此れからが正念場になると思われる。
困難な事も雪崩のように押し寄せてくるかも知れないけれど、
どうか初志を貫徹して、国民の為の政治が行われるように、頑張って頂きたいと、切に願われる。
今日ですべてが終わるのさ
今日ですべてが変わる
今日ですべてがむくわれる
今日ですべてが始まるのさ

と私達国民は、民主党がこれからもたらしてくれるであろう、友愛の社会に期待して、
今や遅しと、民主党の動き出すのを待っている。





コメント   トラックバック (1)

総選挙投票日

2009年08月30日 14時24分48秒 | 日常徒然
遂に投票日を迎えた。
懸念されたお天気も、朝から良いお天気で、陽があたると暑いけれど、
気温はそれほど高くもなく、申し分の無い投票日日和である。
夫は夕方娘と一緒に行きたいと言うので、
私は一人で、11時ごろに選挙に行った。

投票番号が539番だった。
ゴー サンキューで、芽出度いな!なんて思って一人でほくそ笑んでいた。
どうやら政権交代は出来そうなと言う情報ばかりなので、なんとなくウキウキ。

此れも新政権が動き出すまでの事で、
新しい政権の遣る事が、総て国民のウキウキに繋がる事は、不可能であろうけれど・・・・・
でも今日だけは、憲法無視の無法者政権に退場してもらえる事で、良しとしておきたい。
最高裁判事には、全員に×印を付けた。
一人でも罷免されたら好いのだけれど・・・・・
(竹内行夫には過半数の×が付きます様に)

今度の選挙には若い人も、大勢出かけられたのかな?
若い人が投票に出かけないのも、
政治家が若者を、不利な状況に放置する原因の一つであったと書いていた人が有った。
政治家はその位、票数を気にする生き物であるらしい。

次の時代をになうのは今の若者なのだから、
これからは若者も、政治によく目を光らせて、
郵政選挙の愚を反面教師として、
賢い政治活動ができる大人になって下さったら、
小泉以降の数年間の暗い政治も、無駄ではなかったと言うことになるのかも知れない。

なんとなく幸先よく感じられる、総選挙投票日であった。

追記
日本がアブナイさんが、次の歌の載せておられた。
私のブログ名でもあるで、写させて頂きたいと思う。
泉谷しげるさんの「春夏秋冬」の一節
『今日ですべてが終わるさ~。今日ですべてが変わる。
 今日ですべてが報われる。今日ですべてが始まるさ~。♪』
コメント (2)   トラックバック (2)

憲法無視の最高裁判事は、罷免しよう。 もう無法者に政府を任せるのは止めよう。

2009年08月29日 08時29分03秒 | 思想信条
歴史的な違憲判決が出たのは、昨年四月でした。
(その時のことを書いた文書を、下部に引用)
この判決が出たとき、当時はまだ現職であった田母神航空幕僚長は、違憲判決を聞いて、
「そんなの関係ね~」と嘯いたのでした。
現職の自衛隊航空幕僚長が、この憲法をないがしろにする発言をしても、
時の政府は何の処分もしませんでした。
(田母神が罷免されたのは、全く別の事件の為でした。)

自公政権は日常的に憲法違反をしていたから、
感覚が麻痺していたのでしょうか?
この違憲判決が出た件の、責任者である元外務事務次官の竹内行夫を、
麻生総理は2008年10月21日 憲法の番人と呼ばれる最高裁判所判事に、任命したのでした。
これほどの憲法無視があるでしょうか?

これほどの無法者ぞろいの政府が、かつて何処に有ったでしょうか?
例え気に入らない憲法であったとしても、
只今現在は、厳然として、日本国憲法であるのですから、
日本国の政府なら、何を置いても守らねばならないはずのものを、
何の躊躇も無く、無視して罷り通るという事が、何を意味するか?

自公政権の考えでは、
法律とは国民に守らせるものであり、
政府は無視してもかまわないものであると言う、
暴君そのものの体質を、あらわしているという事を、
意味すると思います。

こんな政権をこれ以上、政権にとどまらせておくと言うことは、
日本を無法者に委ねると言うことになると思います。
もう絶対に自公政権の者に国会で、
自分達は守る積りは無いけれど、
国民に押し付ける為の法律を、作らせてはいけないと思います。

無法者に議員バッジを許していたら、日本は世界から無法国家と言われるようになってしまうでしょう。

そして私達は、恥ずかしげも無く最高裁判事の任命を受けた、竹内行夫にも、
最高裁判事国民審査で、しっかりと×印を付けて、
きっぱりとその非を、白日の下にさらしましょう。

憲法を無視の最高裁判事は、罷免しよう!

(引用)
歴史的な違憲判決 
2008年4月17日、名古屋高等裁判所で控訴審
判決が言い渡されました。法廷には約200名が
詰めかけ、感動の瞬間を共有しました。
  私たちは、この判決を受けとめて上告せず、
5月2日にこの判決が確定しました。

 現在イラクにおいて行なわれている航空自衛隊の空輸活動は、(中略)武力行使を禁止した
イラク特措法2条2項、活動地域を非戦闘地域に限定した同条3項に違反し、かつ、
憲法9条1項に違反する活動を含んでいることが認められる”
                                   
上記の判決は、下記の提訴に対する判決でした。(提訴2004年二月23日)
・「憲法9条の違反」
・ 憲法前文にある「平和的生存権」の侵害
・「イラク特措法」違反
・「米英の侵略行為」への加担



コメント   トラックバック (3)

ペシャワール会のDVD発売される

2009年08月28日 07時51分21秒 | ペシャワール会
少々旧聞ですが、ペシャワール会の苦闘の記録の、DVDが発売されるそうです。
以下、西日本新聞を写します。

荒野に緑 「命」の記録 アフガン用水路 近く完成 苦闘の歩みDVDに ペシャワール会2009年7月29日 14:20  
30年に及ぶ戦乱と干ばつに苦しむアフガニスタンの難民を支援している非政府組織「ペシャワール会」(事務局・福岡市)が同国東部で2003年から建造してきた全長約24キロの農業用水路が近く完成する。善意の寄付金と汗で成し遂げる難事業。同会は用水路完成までの歩みを記録したDVD「アフガンに命の水を ペシャワール会26年目の闘い」を作り、販売を始めた。益金をさらなる支援に役立てる。

 DVDは01年9月11日の米中枢同時テロ後のアフガンで米軍の空爆が始まった中、現地で貧困層に食糧を配給するスタッフの活動なども含めた過去10年間の映像を56分間にまとめている。用水路の建造も同時テロ後の危険な環境で敢行された。

 DVDには、土木工学の知識がない同会現地代表の中村哲医師(62)が高校の教科書で独学して穀倉地帯の再生計画をまとめる経過や、人々が乾いた大地で1500本もの井戸を掘り、用水路建設に汗を流す姿が刻まれている。

 限られた資金の中、用水路の護岸建設には筑後川の伝統的工法を採用。針金で作ったかごに石を詰めて積み上げ、地雷から抜き取った火薬を掘削工事の爆薬に転用した。

 建設中には悲劇もあった。昨年夏、スタッフの伊藤和也さん=当時(31)=が武装グループに殺害されたが、中村医師たちは現地にとどまって工事を継続。現地は今、気温50度を超す猛暑に見舞われているが、ついに最終段階を迎えている。

 DVDについて、同会の福元満治(みつじ)事務局長は「戦乱と干ばつで荒れた農村に平和を取り戻す闘いの記録。現地の喜びを映像で伝えたい」と話す。

 同会によると、用水路の建造で、傭兵(ようへい)や難民にならざるを得なかった人々を延べ60万人雇用でき、3000ヘクタールの田畑がよみがえり、15万人が暮らせるようになったという。

 DVDは、中村医師が西日本新聞に寄せた文章などを収録した小冊子付きで2625円。ナレーションは俳優の菅原文太さんが無償で引き受けた。送料不要。申し込みは同会=092(731)2372。    ×      ×

 ■ペシャワール会

 1983年、パキスタン北西辺境州で貧困層のハンセン病治療をし、79年の旧ソ連侵攻で生じたアフガニスタン難民も治療する中村哲医師の支援組織として結成された。会員数約1万3000人。寄付金により同州やアフガニスタンで複数の病院や診療所を運営している。受診者は延べ100万人を超える。中村医師は2003年、アジアのノーベル賞といわれるマグサイサイ賞(平和・国際理解部門)を受賞した。

=2009/07/29付 西日本新聞夕刊=

追記
[紹介]医者、用水路を拓く--
アフガンの大地から世界の虚構に挑む 

コメント (2)   トラックバック (3)

アフガニスタンの農業用用水路完成する。

2009年08月27日 11時18分45秒 | ペシャワール会
京都新聞の一面に、アフガニスタンの大勢の人々が喜び合っているが写真載っていた。(ネットにもこのニュースがありましたもう一つ
希望の水路 遺志実る」と言うタイトルで
ペシャワール会の伊藤和也さんの遺志をつぎ、アフガン人らが今月、全長約24キロの農業用水路を完成させ、通水を喜んだ。と言うものであった。
アフガニスタン戦争が長引いているので、ペシャワール会のあの用水路も、爆弾で壊されているのではないかと心配していたので、この記事で水路の完成を知り、私もとても嬉しかった。

しかし、現地ではタリバンが攻勢を強めているので、現地スタッフは今も脅迫を受けており命の危険にさらされていると言う。
ペシャワール会の現地代表の中村哲さんは、今一時的に福岡に帰っておられるけれど、
秋にもアフガニスタンに戻られるので、その時に用水路開通の記念式典を開く予定とのことである。
長い年月をかけて現地の人と共に、現地の人の為に、最後の方はそれこそ命がけで、用水路を作ってこられた、ペシャワール会の方々に、心からの拍手を送りたい。
そしてこんな人々がある一方で、無暗に爆弾を打ち込んで、人々から生活の手段も何もかも奪っていく、戦争と言うものの理不尽さに戦慄させられる。

一日も早いアフガン攻撃の終結が祈られる。

追記
インターネットに、このニュースが載っていると言う事を知らなくて、
新聞記事のまま、中村哲さんが秋にアフガニスタンに戻られてから、開通式をされると書きましたが、8月初めに通水式を中村さんがされたと言うことでした。
お詫びして訂正します。

コメント (2)

今度の総選挙は 日本が法治国家であるかどうかが問われる選挙でもある

2009年08月26日 13時05分10秒 | 思想信条
今度の総選挙は政権選択の選挙と言われていますが、
昨日ブログに竹内元外務事務次官のことについて書いてから、色々考えているうちに、やっと気がつきました。
今回の総選挙で、
このまま自公政権を続けさせると言うことは、
臆面も無く憲法無視法律無視をやってのける政権を、
国民が容認したことになる、
法治国家として絶対に見逃してはならない、
重大な意味を持つ選挙でもあったのでした。

憲法無視で、違憲判決が出ても何の反省もしないばかりか、
責任者であった竹内元外務事務次官を,
法の番人であるべき最高裁判所判事に据える様な、
暴挙をやってのけた自公政権を再任したりしたら、
自公政権の憲法無視を国民が容認することになり、
違憲判決など、「そんなの関係ね~」で済ましても良いと、
国民が免許を与えた事になってしまう、
法治国家であることを希望するなら、
自公政権の自公両党を、絶対に放逐せねばならない選挙ではないかと思います。

今回の選挙は、例え私達の思いが届かず、竹内事務次官を罷免できなかったとしても、
自公政権に又政権を許すことだけは、何としても阻まねばならない、
国民としてこれ迄に例を見ないくらいに、重要な選挙なのではないでしょうか?

いよいよ今度の日曜日に迫ってきましたが、
どんな暴風雨であっても、何としても自公政権を罷免する為に、
総選挙には足を運ばねばならないと思っています。

出来れば好いお天気になってほしいものですが・・・・・
コメント (2)   トラックバック (8)

サンデー毎日 違憲政策決定者の竹内行夫最高裁判事を告発

2009年08月25日 16時53分57秒 | 司法問題
今朝のメルマガに、天木直人さんが興奮された様子で書いておられた。
(引用開始)
ついにサンデー毎日の今週号(9月6日特大号)が竹内行夫最高裁判事の罷免運動について書いた。
 昨年4月に名古屋高裁が自衛隊のイラク派兵は違憲であると断じた。
対米従属外交に終始し、その違憲である自衛隊のイラク派兵を決めた責任者は当時の竹内行夫外務次官である。
 違憲である政策決定者が最高裁判事に天下ってこの国の「法の番人」となる。
 これはもはや冗談だ。これほどの矛盾が許されていいというのか
。(引用終わり)

違憲判決の出るような政策を遂行した責任者である、竹内行夫元外務事務次官を、事もあろうに最高裁判所判事に任命するなど、
法治国家であれば有り得ない筈の事であるのに、
此れまでこのことを指弾したマスメディアが全然無かったと言うのがおかしいのだけれど、
此れで選挙の時同時に行われる、最高裁判事の国民審査で、竹内行夫を罷免する事ができるかもしれないという希望が湧いてきた。

只天木さんが心配しておられたように、誰かがこのサンデー毎日を買い占めてしまって、一般の人の目にとまらないと言うことが無ければよいのだけれど・・・・・

私は天木さんのメルマガを見てすぐに、たった一つしかない近所のコンビニに買いに走ったのだけれど、残念ながら置いてなかった。

今日義母の命日で、来てくださったお寺さんに、最高裁判事の国民審査の事をお話したら、
そのお寺さんは、「いつも全員に×印を付ける事にしています。」と言っておられた。
これも良い方法かもしれないと思った。

それ位に自公政権の選んだ最高裁判事は、信用出来ない判決を連発して来ているような気がする。
コメント (6)   トラックバック (1)

アフガニスタン戦争の今

2009年08月24日 16時33分14秒 | 海外情報

アフガン情勢は悪化=世論支持低下懸念も-米軍制服組トップ
 【ワシントン時事】米軍制服組トップのマレン統合参謀本部議長は23日、CNNなど複数のテレビ番組に出演し、アフガニスタン情勢について、「(イスラム原理主義勢力)タリバンの攻撃はより高度化し、情勢は悪化している」との認識を示し、「今後12カ月から18カ月で形勢を変えなければならない」と語った。
 また、米国の世論調査で、アフガン戦争への支持率が下がっていることについて、「懸念している」と述べるとともに、「わたしはベトナム戦争を経験している」とも語り、世論の支持の重要性を認めた。
 一方で、オバマ政権下で、初めて軍事と文民支援によるアフガン戦略を打ち出したことを強調。さらに、国際テロ組織アルカイダについて「米国を攻撃する能力を有し、新たな攻撃をたくらんでいる」と述べ、国民に忍耐を求めた。(2009/08/24-06:40)


ペシャワール会の伊藤和也さんがアフガニスタンで殺害されて1年になる。
現地では伊藤和也さんの追悼の催しがあり、アフガニスタンの大勢の方々が、伊藤さんの為集まられたと、一昨日のニュースで報じていた。
私はこのニュースを見て初めてこの事件のことを思い出したような次第で、
伊藤さんに対して申し訳ないことであった。
それにしても何と色々な事のあった一年だった事だろう。

アフガニスタンの状況は、今やパキスタンまで巻き込んで、去年にもまして惨憺たる情勢だそうで、アメリカも困っているかもしれないけれど、
アフガニスタンの人々のご苦労は筆舌に尽くせないものだろうと、
何年にもわたるご受難に、アフガニスタンの方々に対して、なぐさめの言葉も見つからない。

アメリカは世論の支持が低下している事が分かっていても尚、
この侵略戦争を続ける積りなのだろうか?
アフガニスタンの戦場には、軍事代行会社の人間が、正規軍より大勢派遣されていて、
その会社は莫大な利益を上げているそうである。
(マスコミに載らない海外記事「アメリカ暗殺部隊株式会社」参照)

世界では恐ろしい事が、只今現在も行われているのだと思うと、肝が冷える。
こんな事は一日も早く終わらせたいものであるが・・・・・
コメント (2)   トラックバック (2)

福知山線脱線事故の真の責任者達 摘発さる?

2009年08月23日 16時44分50秒 | 国内情報

JR西社長「歴代経営者に責任」福知山線脱線事故 検証委、設置に前向き   2009.8.22 21:49
JR西日本は22日、JR福知山線脱線事故の被害者を対象にした事故説明会を大阪市内のホテルで開いた。7月に業務上過失致死傷罪で在宅起訴された山崎正夫社長(66)が起訴後、公の場で被害者に直接話すのは初めて。「責任はこれまでの経営者にあり、その任を引き継いだ現在の経営者も重く受け止めなければならない」などと、企業体質をつくった歴代経営者の責任を明言し、終了後の会見では被害者と共同で真相を究明する「事故検証委員会」の設立に前向きな姿勢を示した。

 説明会は非公開で、午前が負傷者、午後は遺族が対象。JR西側は山崎社長と次期社長の佐々木隆之副会長(62)らのほか、事故当時会長だった南谷昌二郎氏(68)、社長だった垣内剛氏(65)も出席し、改めて陳謝した。

 JR西によると、山崎社長は冒頭「なぜ事故を起こしたのか。率直に申し上げたい」と述べ、JR西自らが検証したという事故の要因や背景を説明。日勤教育や余裕のないダイヤ編成に加え、風通しが悪くミスを報告しにくい雰囲気など企業体質にあったとした。

 その上で、事故当時相談役だった井手正敬氏(74)と南谷氏、垣内氏ら歴代経営者の責任を明言した。3氏については遺族35人が不起訴を不服として、神戸第一検察審査会に審査を申し立てている。


脱線事故の後で就任された、山崎社長に責任を押し付けて、本当の責任者達は無罪放免ではちょっと酷いのではないかと思っていたので、
山崎社長が確りと踏み込んだ発言をされて、JR西の問題点や経営責任が、明らかになって良かったと思った。
運転手には、運転が何分か余分に掛ったと言うだけで、日勤教育と言う名の極めて厳しい懲戒処分をさせておきながら、此れだけの重大な事故を起したにもかかわらず、当時の責任者達は事故の後就任した社長を身代わりにして、無罪放免を狙っていたのだから、無責任のきわみである。

それに日勤教育や余裕のないダイヤ編成に加え、
風通しが悪くミスを報告しにくい雰囲気などの企業体質
と言うJR西の問題点をうやむやにしたままでは、
又似たような心理に追い込まれた運転手に、無理な運転をさせることになり、
あのような悲惨な事故を繰り返す事になるかも知れない、
問題のある企業体質を放置する事になってしまう。

山崎正夫社長が、元経営者達から逆恨みされる事をも恐れず、
本当のことを明らかにされた勇気に、心からの賛辞を送りたい。
コメント

国の安全と言うのは、国民の安全と言う意味ではないのだろうか?

2009年08月22日 16時07分53秒 | 原発・エネルギー問題

一部で基準上回る揺れ=浜岡原発5号機-中電
 駿河湾を震源とする11日の地震で、浜岡原発(静岡県御前崎市)5号機の原子炉建屋1階で観測された数値が、耐震設計で想定した揺れを上回ったことが21日、分かった。中部電力は「安全性に問題はないが、より詳細な評価をしていく」としている。
 同社によると、敷地内の地盤や建物、耐震設計上重要な原子炉建屋などについて、地震観測記録と設計上の想定値を比較した結果、3、4号機はすべての設備で想定値を下回ったが、5号機は、原子炉建屋1階で488ガルを記録、想定値(484ガル)を上回った。ほかの場所は問題なかったという。(2009/08/22-01:48)

原子力発電所の耐震基準は、震度でどのくらいを想定して作られているのだろう?
まさか今回の駿河湾地震の震度6弱を、最高の震度と想定していたと言うことは無いと、期待するけれど・・・・・
少なくとも震度7強を想定していなかったら、地震国日本において万全の地震対策をしていることにはならないのではないだろうか?、どんな地震が来ても大丈夫なように、設計されていると常々政府は保障しているのだから。

ところが今回の震度6弱の地震でも、浜岡原発5号機は、僅かにしても想定値を上回る揺れを観測していたと言うことである。
もし次に、長年恐れられている、関東大震災のような地震がこの地方を襲ったらどうなるのだろうか?

それでも浜岡原発は、5号機も復活させようと、まだ模索しているそうだけれど・・・・・

麻生総理は国の安全について、本気で考えられた事があるのだろうか?
北朝鮮しか、国の安全を脅かす者が無いかの如き仰りようであるが・・・・・
コメント (2)   トラックバック (1)

衆議院選挙公示後4日経過して

2009年08月21日 19時59分46秒 | 思想信条
総選挙が公示されて4日が過ぎました。
選挙のポスターも揃って貼られ、町はいよいよ選挙と言う感じになった部分もあるけれど、
私の町のような片田舎では選挙カーの声が、公示前よりも返って減って、静かになっているように思えます。

公示前には自民党の立候補予定者が、しばしば宣伝カーでやって来て、
「古い政治では駄目なんです。私達若手が政治を変えます・・・・・」と言うようなことをしきりに言っていました。
自民党に籍を置いたままで、「古い政治では駄目」だなんて、
「この人どうして自民党を離党しないんだろう?」と夫と笑っていたものでしたが・・・・・

自民党が駄目な事を知りながら、党を離れる勇気もない、立候補を止める決心も出来ない、ジレンマに苦しみながら立候補している、ほぼ落選と言われている候補者達には、つらい夏になっていることでしょう。

でも、選挙戦が始まったら暑くなるのかと心配していましたが、朝夕は寒いくらいで、日中も酷暑というほどではないので、暑さによる落伍者の心配はなさそうです。
その代わり新型インフルエンザが、徐々に増えているようで、NHKニュースは毎日のように取り上げていました。
新型インフルエンザは弱毒性だと言うことなのだから、暖かいうちにかかっていたほうが、寒くなって罹るよりましだろうし、一度罹れば副作用の心配のあるワクチンなど摂取せずに済むから、新型だからと言ってインフルエンザくらいでそんなにまで神経質になることも無かろうにと、ニュースを見ながら、つい皮肉な事を思ってしまうのでした。
「インフルエンザワクチンへの要望が、強くなるように煽っているのかな?」と。

ギリシャでも、ワクチン摂取をを義務化しているそうですね。

現在のマスコミは、必ずしも国民に必要な事を、伝えているとは思えないので、
何によらず繰り返し報道しているのを見ると、何か裏が有るのかなと思ってしまうのです。

オバマ大統領が、アメリカで人気が下がっているそうですが、
人気が下がっていると言うことは、資本家の為ではなくて、庶民の利益の為に努力している証拠なのかなという気がしてきます。
アメリカでは健康保険の無い人は医療を受ける事ができない位に、医療費が高額だと言うのに、戦後一貫して圧力団体は公的健康保険の創設を阻み続けたそうですが、それをオバマ大統領は創ろうとしていると聞きます。

今民主党の人気が、いやがうえにも上がっていますが、国民の期待に答える政治をやってくれるのでしょうか?
日経新聞などは、見出しもズバリ「民主党は豹変を」と掲げ8月18日の「大機小機」と言うコラムに、民主党は選挙に勝ったら、国民新党とか社民党の言うことなど聞かないで、此れまでの自民党のような政治を続けよと言うような意味の事を書いているらしいですね。
それにしても、日本の全国紙には選挙中の政治家に、当選したら国民との約束など反故にしてしまえ、「豹変」せよと具申する新聞が有るとは!
世も末ですね。

こんな新聞はもし民主党がマニフェストに沿った政策を進めていたら、口を極めてこき下ろすのだろうなと思われます。

毎日静かに日が過ぎていますが、着々と歴史は動こうとしているのでしょうね。
世界的な意味でも・・・・・
コメント (2)   トラックバック (1)

アメリカの新駐日大使着任

2009年08月20日 08時16分29秒 | 国内情報

ジョン・ルース新駐日米大使が日本到着 日米関係をさらに強化する意欲示す
アメリカの新しい駐日大使、ジョン・ルース氏が日本に到着し、「日米がともに協力すれば、達成不可能なことはない」と述べて、日米関係をさらに強化する意欲を示した。
ルース氏は19日午後、家族とともに成田空港に到着し、声明を読み上げた。
ルース氏は「多くの人々とかかわり、学び、日米共通の目的と利益を推進したい」、「(日米が)ともに協力すれば、達成不可能なことはない」と述べ、2010年で50周年を迎える日米同盟をさらに強化・拡大していく考えを強調した。
弁護士のルース氏は、外交経験のない一方、オバマ大統領との個人的な太いパイプがあるとされ、その手腕が注目される。
(08/20 06:12)


8月6日付けの天木直人さんのメルマガに紹介されていた日経新聞の、ルース新駐日大使の事についての記述に、次のような一節があった。
 企業経営者として耳を傾けることの重要さを学んだ(同教授)ルース氏の謙虚に他者の意見を聞く姿勢は、
オバマ大統領との共通点でもある、と日経新聞は書いている。

 人の意見を聞かなかったブッシュ大統領と、そのブッシュ大統領の命令を忠実に伝えるだけのシーファー前駐日大使
とは大きな違いである。

又オバマ大統領は日本には日本の歴史が有るのだから、アフガニスタンへの自衛隊は兵派兵を望んではいないと、言明されたと聞く。
アメリカの希望は財政援助であるのだろうけれど、それもアメリカの言いなりに払わない工夫も出来るのではないだろうか?
新政権が出来るのを期に、聞く耳を持っておられる駐日大使を迎えることが出来たのだから、日本の立場をよく理解してもらって、
日本だけが無理を飲むのではない、米国との新しい関係を再構築する良い機会になればと願われる。
コメント (2)   トラックバック (1)

断末魔の自民党

2009年08月19日 08時04分37秒 | 国内情報

◎麻生首相の程度「低くない」=細田幹事長が擁護
2009年08月19日00時39分 / 提供:時事通信社
 自民党の細田博之幹事長は18日夜、テレビ朝日の番組で、麻生太郎首相について「皆さんがおっしゃるような程度が低い人ではない」と擁護した。これまで漢字の誤読や失言などで首相の資質を問題視する声も出たが、細田氏は麻生政権が最優先に取り組んできた経済対策に触れ、「大不況の対応は立派だ。信用していただきたい」と強調。「これまでの首相の中でも、あらゆる大臣の中でも上等な方だ」と持ち上げた。


細田幹事長も余り賢くないのでしょうか?
あの麻生総理が、。「これまでの首相の中でも、あらゆる大臣の中でも上等な方だ」との認識が、彼の本音であったとしたら、
此れまでの自民党の総理は、愚物ばかりだったと言う意味にもなると言うことにもお気づきでないようです。

細田幹事長の発言が示すものは、現政権の総理幹事長がお粗末なだけなのか、
又は、これまでの自民党の総理総裁が、ほとんど総て愚物だったかの違いに過ぎなくなり、
ご自分で自民党のお粗末さを吹聴しておられる事になるでしょう。

この発言を聞いて、政権交代の必要性をさらに強く感じた人が多いのではないでしょうか?

自民党は初めからこんなにもお粗末な人の集まりだったのでしょうか?
長年の自民党支持者は、何と思っておられることでしょうね。
コメント   トラックバック (4)

円周率の現在

2009年08月18日 20時16分34秒 | Weblog

円周率:2.5兆けたまで計算 筑波大スパコン、ギネス申請
 筑波大計算科学研究センター(茨城県つくば市)の高橋大介准教授(計算機科学)らは17日、円周率を小数点以下2兆5769億8037万けたまで計算し、世界記録としてギネスブックに申請したと発表した。同大のスーパーコンピューター「T2K筑波システム」を使い、約73時間36分かかったという。従来の記録は、東京大と日立製作所が02年に達成した1兆2411億けた。今回は東大などの記録の2倍を目標に、二つの異なる方法で円周率の値を計算。結果は小数点以下2兆5769億8037万7524けたまで一致した。【高木昭午】


今日は高校野球記念日だそうである。
甲子園の高校野球が2回戦にはいり、ますます面白くなっている。
近畿地方というか、京滋地区だけかもしれないけれど、高校野球の時流される、京都銀行のコマーシャルで、黒板に円周率を書き続けて、「なが~い お付き合い」と言うコマーシャルがある。
このコマーシャルを毎日見せられていたら、円周率と言うのは、現在何桁くらいまで分かっているのだろう?とか、円周率は最終的には割り切れるのだろうか?とかなんとなく円周率に興味が湧いてきていた。
そんな時このニュースを目にして、つい心引かれた。

これまでは円周率は1兆2411億けた迄分かっていたのが、
今回筑波大計算科学研究センターの計算で、小数点以下2兆5769億8037万7524けたまで計算したそうである。
このまま計算を展ばしていっていたら、いつか円周率が割り切れる時が来るのだろうか?
ついに割り切れる日が来たら面白いのだけど・・・・・

今日から選挙戦という日に、丸~いお話でした。
人の輪、人の和、平和な世の中を招来することの出来る、総選挙になると良いですね。

コメント

総選挙 明日公示

2009年08月17日 17時02分52秒 | 思想信条

選挙:衆院選 あす公示 1300人立候補予定
 第45回衆院選は18日公示され、30日の投開票に向けて12日間の選挙戦に入る。自民、公明両党の連立政権継続か、民主党を中心とする政権に交代するのかが焦点の政権選択選挙となる。マニフェスト(政権公約)に掲げた政策を実現するための財源や、消費税率引き上げを含む社会保障制度、外交・安全保障などを争点に、論戦が本格的にスタートする。

 衆院選は小泉政権時代の05年9月以来、ほぼ4年ぶり。与野党は、小選挙区(定数300)と全国11ブロックの比例代表(同180)の計480議席(過半数241)を巡って争う。全体では1300人以上が立候補する構え。小選挙区は▽自民289人▽民主271人▽公明8人▽共産152人▽社民31人▽国民新9人--など。


実際にはもうとっくに選挙戦が始まっているのに、やっと明日衆院選は公示される。
公示日の前日である今日我が家には、早々と総選挙投票所の入場券が届いていた。

公示前の選挙運動は禁止されているはずなのに、与野党ともに公然と選挙運動をしているけれど、此れは選挙違反にはならないのだろうか?
現在の法制度は規則をやたらと厳しく設定して、検察の裁量権に任せると言う仕組みを作っていて、
権力側の者の選挙違反は、見てみぬ振りで見逃すけれど、
権力に対立する者は僅かの事でも、選挙違反と言うことで逮捕されると言う話を聞くが、
この総選挙中にもそんな事がおきなければ良いがと、ちょっと心配になってしまう。
自民党も同じように事前運動にも似た選挙運動をしているのだから、
まさか野党議員だけを、事前運動と決め付けることはしないだろうとは思うけれど・・・・・
どなたかが書いておられたけれど、今の日本では多少なりとも選挙違反をしていない議員はほとんど無く、法律違反をした国会議員が日本の法律を決めているのが現状であると言う。

総選挙が終わったら早急に、選挙制度も実情に合った法律に改良して欲しいものである。
何においても、裁量権を取りすぎているのも、国民が不公平な判決に泣かされる原因の一つになっているのではないだろうか?

総選挙の日は、最高裁判所の裁判官の国民審査の日でもあることを、心に銘記して、
不誠実な、裁判官にあるまじき裁判官には、きっちりと×印を忘れず付けたいと思う。
最近の最高裁の裁判を省みると、全員に×印を付けても良いのかもと思ってしまうが・・・・・
コメント (4)