春 夏 秋 冬

めぐり来る 春夏秋 麗しき 大和し護れ 民草いとえ 
          

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『善良な市民の政治についての無関心の支払う代償は悪人によって支配されると言う事だ。』プラトン

2009年01月11日 17時33分07秒 | 思想信条
マスコミに載らない海外記事さんの「ガザ危機についてのブッシュへの手紙に次のような一節が有ります。
このガザ破壊に反対のデモをした、予備兵も含む、何千人ものイスラエル人は、明らかにレビー氏に同意しています。しかしながら、彼らの勇気あせる態度は、イスラエルによる、国際的な報道機関差し止めの為、自社記者をガザに入らることさえできないアメリカのマスコミには届いていません。

イスラエルにも反戦デモをする人が何千人も有るのだと知りました。
その事を知ってい書いたわけではなかったのですが、

英語日本語ニュースさんのワルシャワゲットー。ガザゲットー、のコメント欄に私は次のようなコメントを入れていました。
(引用)
イスラエルの歴史を見ると、哀れにも思えます。
何度もパレスティナと和解を試みていたのに、アメリカやイギリスが邪魔して、結果イスラエルの好戦的な人が国を牛耳って、50年戦争をして、悪名を定着させられる事になったと言う歴史を田中宇さんが嘗て検証しておられましたが、そういう事情が有っても、やってしまったことは取り返しがつかず、責任はイスラエル人皆にかけられる事でしょう。

日本がもし中国か韓国と戦闘状態になって、アメリカの応援で戦争推進派が牛耳る戦争をしたとし、アメリカやイギリスその他の国々の軍事産業を儲けさせ続ける為に、泥沼の戦争となり、止めたくても色々な手を遣ってやめさせてもらえないようになっていたとしたらどんなかと想像するだに恐ろしい気がします。
イスラエルの普通の国民も、アメリカの一般の国民と同じように、
又被害者なのではないでしょうか?
   (引用終り)
これに対して、英語日本語ニュースさんは、プラトンの次の言葉を引用しておられたのが印象に残りました。
『善良な市民の政治についての無関心の支払う代償は悪人によって支配されると言う事だ。』プラトン
日本人は「リホーム詐欺」のような小泉改革なるものにに騙されて、今酷い目に合わされています。
政治に無関心でなくても、騙されても酷い目に会うことも有るようです。
これからどんな騙しをかけてくるか分かりませんが、
精一杯騙されないように用心しながら、
私達の権利である選挙権は確実に行使して、
悪人に良いようにされる国にさせないようにせねばと、改めて思いました。



コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 構造改革という破壊ビジネス... | トップ | イスラエルの戦争と和平 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

思想信条」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

イスラエル―悲しい時代錯誤 (とむ丸の夢)
世界中でイスラエルのガザ攻撃に抗議するデモが行われています。  こちらにはロンドンでのデモの写真がありますが、参加者が手にするプラ...
ハマスとイスラエル・・・タマゴとニワトリ (わんばらんす)
~ 爆弾だけでは絶対にそれを    成し遂げることはできない。~ 敵を攻撃するまえに・・・自国防衛のために その他すべての手段を尽く...
『週刊文春』の2009年総選挙予想 ~ 昨年10月との比較 (きまぐれな日々)
『週刊文春』の2009年1月15日に、政治広報センター社長・宮川隆義による衆院選の情勢分析の記事が出ている。これによると、民主党が280議席を獲...