春 夏 秋 冬

めぐり来る 春夏秋 麗しき 大和し護れ 民草いとえ 
          

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新インフルエンザを「日本インフルエンザ」と外国人が言い出したという

2009年05月22日 12時26分55秒 | 思想信条
今朝のフジテレビ「サキヨミ」でだったかと思うが、新型インフルエンザの話で面白い事を言っていた。
「新型インフルエンザを恐れてマスクを着用し、又大勢の人が行列をしてマスクを買いあさっている状況などが、海外で報道されている。
それを見た人達が、このインフルエンザを『日本インフルエンザ』と呼んでいる。」との話であった。

もともと弱毒性と言う事が分かっているから、
諸外国では日本人ほど神経質になってはいないのだろう。
どうして日本人はこのインフルエンザに限って、ここまで神経過敏になってしまったのだろう?

噂によると(これもテレビでチラッと言っていたのだけれど)
インフルエンザを発症した生徒が、他の生徒に
「お前の所為で・・・・」という事でいじめに会っていると言う。
インフルエンザにかかった生徒の通う学校の校長先生などが、涙を流さんばかりの記者会見をしたりしている映像を見た生徒たちが、
初めにインフルエンザにかかった生徒を、責任者として憎むと言う事になったらしい。

何故校長先生が、其処までナーバスになられたかと言ったら、
きっと、その学校が有る自治体(府県)全域に休校措置が取られると言う、
重大な事態になる事が分かっているからであろう。
つまり、「我が校の生徒の所為で、ご迷惑をおかけします。」と言わねばならない羽目になったと思ったからではないだろうか。

日本国民が此処まで新型インフルエンザを恐れているのも、
同様の理由によるのではないだろうか?
自分が発症したら、学校名が出されるとか、会社名が出されるとかで、
所属団体に迷惑をかけることになったら一大事、と言う恐怖心が、
新型インフルエンザを恐れる恐怖心の中の、かなりの部分を占めているのではないだろうか?
もし罹ったとしても、これまでに流行っていたインフルエンザと、同じくらいの病状になるだけと分かっているのに、
これまでのインフルエンザは冬のさなかでもそんなにまで神経質になってはいないのに、この暖かい季節に此処まで大騒ぎするというのは、別の理由があると言っても過言ではないのではないだろうか?

もしかしたら、計らずも自分がインフルエンザに罹った時、
マスクもしていないし、全然何も対策をしていなかったと報道されるような事になったりしたら、
世間の目はいっそう厳しくなるかもしれないから、
せめてその攻撃だけでも受けずに済む為の予防策として、
マスクだけは手に入れたいと、血眼になっているのかもしれない。

これもテレビで話していた事だけれど、
「手も消毒し、マスクもきっちりかけていた人が、インフルエンザに罹り、
其処までやっていなかった人が、罹らずにすんでいたと言う事例もあった。」と言うことであった。
気にして気弱になっていると、免疫力が完全な状態で働かなくなると言う事があって、こういう事例も出るのではないだろうか?
何事においても、のんきにのびのびしている方が、本人の持てる能力を存分に発揮できると言うものではないだろうか?

何処から考えても、政府のインフルエンザ対応策は、やっぱり大げさすぎる。
県内に一人でも罹患者が出たら、県内の全県立高校を、発症地との距離にかかわらず、総て休校にするなど、全く形式的な対応を地方は要請されているらしい。
国民の迷惑を無視して、対策と称する大げさなだけで、不必要で実効性があるとも思えない対応を、自治体の長に要求する事が間違いの元だったのではないだろうか?

ところで日本政府が諸外国も呆れるほどの、大げさな対応を続けている理由は、何処にあるのだろう?
「麻生政権は国民の安全をを此処まで最重要課題として取り組んでいます。」と言う宣伝がしたいが為の、大げさな対応だったのではないだろうか?
先日から麻生総理自らから、テレビに顔を出して、インフルエンザの対応について語っておられるようであるが、
「総選挙がなかったら、麻生さんはテレビに出てたかな~」と、バラエティー番組でも、出演者が呟いていた。
其処まで国民の健康に気を使っている政権が、どうしてMOX燃料と言う、通常のウランの250倍もの放射能を持つ燃料を、わざわざ輸入して地元の心配も無視して、強行させたりするのだろう?
本当に危険な事には目を瞑り、何でもないことを大げさに言い立てて国民を脅し、
国民の安全に気を使っている振りをするという、姑息な手段に終始する麻生政権。
総理が、足掻けば足掻くほど信用は失墜して行っているが、
せめて郵政対策で、西川社長の再任阻止という、鳩山総務相の頑張りを、
麻生総理は今度こそ腰砕けにならず、終わりまで支えて欲しいものである。
コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 裁判員制度 今日スタート | トップ | 日本郵政社長をめぐり、孤立... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ejnews様 (和久希世)
2009-05-23 22:02:20
お忙しい中、コメント有難うございます。
そう言えば引越しをすると書いておられましたね。同じ州内なのでしょうか、それとも?

さて、日本のこのインフルエンザに対する反応の仕方は、かなり異常なようですね。
北朝鮮の人工衛星打ち上げの時もそうでしたが、政府がやたらと国民の不安を掻き立てているように感じます。
多分、国民に隠したい事も有ってと思いますが、
不安を掻き立てておいて、それを見事に処理して見せたと言う実績を作ろうと目論みもあったのではないかと思います。
北朝鮮の飛翔体の時には、誤探知、
今度のインフルエンザでは、空港で見つけて、水際で防いだと言って自慢したかったのでしょうけれど、ざるが水を抜けるように、罹患者がすり抜けて、自宅に返帰ってしまって、水際作戦も不首尾に終わったと言う事ではないかと思います。

どちらの場合も政府の無能振りをさらけ出しただけで、
目論んでいた選挙運動になるどころか、振り回された国民の不信を買うだけに終わったということでしょうか。

外国からは嗤われるし、国民こそいい迷惑ですよね。
ejnews様 (和久希世)
2009-05-23 22:07:03
申し訳ありません。
書き直しした自分のコメントを消したつもりで、頂いたejnews様のコメントを間違って消してしまいました。
折角頂いたコメントを、取り返しの付かない事をしてしまいました。
お許しください。
Unknown (ejnews)
2009-05-24 06:42:10
引越しは直ぐ近所にします。
 私のコメントの事は気になさらないでください。皆ヘマはするものですから。
 ヘマと言えば最近私もブログでヘマをやらかしまして、私の過剰反応だと今思えるのですが相手の方からの回答が無いので未だどういう理由で勘違いが起こったのか解らないのです。コメントでかなりきつい批判をしてグッバイを言ってしまいましたので“水盆に返らず”かも知れませんね。
ejnews様 (和久希世)
2009-05-24 10:00:50
優しいお言葉を有難うございます。
これからは、こんな事のないように気をつけたいと思いますので、
これに懲りられず、これからもどうか宜しくお願い申し上げます。

それからお引越し先、ご近所だったらそう生活環境も変わられる事もないでしょうから、安心ですね。

批判のコメントをされた件ですが、すべての意見において一致する人など、この世に有るとは思えませんので、その人と又話したいとお思いなのなら、別のエントリーの時、コメントを入れられたら良いのではないでしょうか?
そう言えば私達も、討論した事がありましたよね。
でも、対立したのは或る事に関する意見だけで、すべてにおいて違うわけでは有りませんし、大筋の意見においては、共感する事が多いと思っていますので、ejnewsさんへの親愛の情に変わりはありません。
人間関係において、時に誤解は避けられない事でしょうし、それほど気になさることもないのではないでしょうか?

コメントを投稿

思想信条」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

世界中に知れ渡った日本社会の脆さ、危うさ+アソウ首相の“ヒットラーの国家社会主義”観 (とむ丸の夢)
流行性感冒が少々流行っただけで,日本はヒステリー&ノイローゼ状態になる!  ジャパンは,バカみたいに脆い (もろい) ぞ. 鼻たらしの風...
名称変更 (高知に自然史博物館を)
 新型インフルエンザへの対応について,国の方針が大きく変った.私はあまり興味もなかったので,この方針転換の経緯を詳細に追跡したわけではない.しかし,もし詳細に追跡したレポートがあれば,この国の政府が方針変更するときに行われるさまざまな合理化やゴマカシや...