おおした鍼灸院のブログです|東京南青山

刺さない針で優しく治す。妊婦さんやお子さんも心地よく。2004年外苑いちょう並木近くに開院。浅刺接触経絡鍼灸治療院です。

当院で逆子治療を受けた後の体の変化についての感想をいただきました(140人目)

2020年02月12日 | 患者さんからのお便り
逆子治療で来院された方にお聞きしていることです

● 睡眠、食事、お通じ等々、どうなりました?
● どのような意識をしてみました?
● ご自身の安産について、考えてみました?


逆子から意識をそらしてみる
逆子に意識が集中しないように、あれこれ考えてもらう作業もさせてもらっております。

逆子治療は逆子を直したいという気持ちから離れる事も大切です。
というのも逆子を直す事にだけ意識が集中すると、動く動かないにとても敏感になってしまい、不安が増えてしまうことがあるからです。
不安は胃腸の動きを鈍らせ、空間作りに悪い影響をもたらします。

逆子を喜んでみる
逆子から何を学ぶか、、
逆子への視点を変えることは、子育てにも良い影響を与えるので、それらも含め、色々なお話しをさせてもらっています。

今の生活をチャンとしてみる
とにかく逆子であることから離れる、これはとても大切です。
そして、逆子治療後のお体の変化にどのような意味を見い出すか。
それがわかれば、週数高くてもできることは見つかります。

「食べる、出す、睡眠」をよくする
妊婦さんには意識していただきたいと常々思っていることです。
お通じや睡眠、食欲等が鍼灸治療でよくなることは、産後の肥立ちや子育てまで良いですし、とても大切なことのように思っております。

それを意識してきた妊婦さんは逆子が直りやすくなるだけでなく、産後に元気になりすぎるくらいの方が多いように思います。

ではいただいたメールから。
逆子が直っているかどうかはまだ判断できませんが、このような妊娠時の変化は産後の回復の良さにもつながります。
これは逆子云々だけでなく、安産にも関わることなので紹介させてもらいますね。

【初診30w2d,第3子】
おおした先生
先日は施術ありがとうございました。お話も楽しく興味深いものでしたので、とても楽しく聞かせていただきました。またとても丁寧なメールをありがとうございました。聞き逃していた部分もあったのでとてもありがたかったです!何度も見返しています。セルフケアの参考にさせていただきます。

当日の夜は驚くほど眠りが深かったです。途中覚醒することなく朝までぐっすりでした。夜間のスマホを封鎖したからか昨晩の眠りも深かったように思います。早めの4時にスッキリと目覚めました。
あれから毎日朝晩にお灸、時間を見つけてはブリッジ体操をしています。腰の下にタオルケットをまいたもの入れブリッジ体操をすると驚くほど子どもがよく動きます。脚を曲げ安定させるととても心地よいです。まだ2晩ではありますがこむらがえりもありません。思い返してみると、上二人の時と比べると胎動が少ない⁇動きに勢いがないような⁇と感じていました。先生のおっしゃる通り内臓下垂により動きにくかったのかもしれません。逆子ちゃんのためにも産後の自分の為にもどうにか改善していきたいと思います。

食事はよく噛むようにしています。まだ唾液の重要性を聞き、食前に少量の梅干しや梅肉エキス、りんごや固めの浅漬けなどを口に入れるようにしています。なんとなく食後の胃もたれが少ないように思います。もともと食いしん坊で食べたい気持ちと戦うのが大変なのですが、なるべくゆっくりよく噛んで‼︎も心がけています。

運動ですが、お話した毎日の幼稚園への登園散歩を約2時間しています。また我が家はエレベーター無しの3階なので必然的にかなり階段を上り下りはしていると思います。スクワットも助産院から言われており、思い出しては行っています。足首、、大切なのですね。歩きながら、生活の中でなるべく動かすようにしてみます。

先生の『私の考える安産は「妊娠する前よりも出産した後元気になる」ということ。』とても素敵な考えですね!助産院でも言われますが、お産が終わったら子育てが待っています。そこに対応出来るしっかりした身体を作りましょう‼︎と。私もそう思います。そうすると自ずとお産も良いものになるのかな、と思います。

自宅での体操、お灸でもかなり子どもの動きはよくなったように感じていますが、また診ていただきたいと思っています。2月●●日●時からお願いできますでしょうか⁇ネット予約から予約した方がよいでしょうか⁇

最後に、先生とお話させていただき、逆子という状況と子どもを前より増して愛しく感じられるようになりました。ありがとうございました。
●●

コメント   この記事についてブログを書く
« 本日はおおみそか!!! | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

患者さんからのお便り」カテゴリの最新記事