東京南青山|おおした鍼灸院のブログです

刺さない針で優しく治す。妊婦さんやお子さんも心地よく。2004年外苑いちょう並木近くに開院。浅刺接触経絡鍼灸治療院です。

汚い病院

2006年06月28日 | 健康

昨年のように投稿が続けられず、反省仕切りの私です。

ところで、先日の新聞に

埼玉県内の病院で、04年1月からの2年間に、抗生物質が効きにくい多剤耐性緑膿(りょくのう)菌に感染した入院患者6人が死亡していたことが、22日わかった。同病院によると、入院患者約100人からこの菌が検出され、発熱などの症状が出たのが死亡者を含め22人だった。同病院は、院内感染の可能性も含め詳しく調べる。厚生労働省も同日、病院に対し事実を調査して報告するよう指示を出した。

という記事が載っていました。

コノ病院の衛生状態を云々言っているわけではありません。

病院は体力の弱い患者が多数いるので、どうしても感染の万延が心配されますが、きれいにしているようで、衛生状態に気を配らない(配れない)病院も多いのではないでしょうか?

 

昨年母が広島で入院、手術を受けました。 

手術をしていただいた病院はとても清潔で、快適でしたが、母が患った病に長けた病院だったので、中国地方全域から患者を受け入れており、術後かなり早い段階で追い出されてしまいました。 

後の方の事を思えば当然のこと……。 

  

私は東京に帰っていたので後の事を姉と叔母に任せました。 

転院先に赴いた姉が絶句……。 

  

同室の患者は寝たきりの方ばかりで、し尿は垂れ流し状態、あまりの異臭に数分と耐えられない有様…。 

あまりにも病院が汚い!!

あの温厚な姉が激怒したのですから、言わずもがな…です。 

 

認知症が始まり、家族で抱えきれなくなる。

預けられる場所は無い。

病院はベッドが足りず、人手も無いので、ケアが行き届かない。

 

本当に高齢者と子ども達にシワ寄せの多い世の中になりました。

夫婦が生涯にもうける子どもの数は2.09人と初めて2.1人を割り込む一方、平均初婚年齢は男性29.1歳、女性27.4歳とさらに晩婚化が進んでいることが、国立社会保障・人口問題研究所がまとめた出生動向基本調査で明らかになった。(朝日新聞)

 

賢い夫婦は今の世の中で子どもを産み育てて行くことに躊躇してしまうのもうなずけます。

テレビでは汚いニュースが多いですし、女性がいざ子どもを産み育てようと思っても、子育てか退社かを迫られる場合がいまだに多くあると聞きます。

考えることの多い今日この頃です。

 

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 汗腺トレーニング | トップ | 予防目的の医療支出、日本は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

感染症 (希彩日記)
先日、埼玉県内の病院で、2004年1月から2005年12月までの2年間に、抗生物質の効かない多剤耐性緑膿(りょくのう)菌(MDRP)が100名以上の入院患者さんから検出され、うち、がん患者さんら6人が亡くなっていたという報道がありました。