神宮外苑いちょう並木近く「おおした鍼灸院」のブログです

2004年神宮外苑いちょう並木近くに開院。痛みの無い浅刺接触の経絡鍼灸治療院です。

猫背は太る

2006年03月22日 | 運動

猫背の人って多いですね。

猫背だと太るって知っていましたか?

それも太りたくない所が……

 

猫背だとアドレナリンの分泌が低下します。このアドレナリン、ウィキペディアによると「副腎から分泌される。ストレス反応の中心的役割を果たし、血中に放出されると心拍数や血圧を上げ、瞳孔を開きブドウ糖の血中濃度(血糖値)を上げる作用などがある。 」とありますが……

じつはこれ、脂肪燃焼ホルモンでもあるんです。

 

猫背の人は歩く時膝がのびず、つま先もやや内向きで臀筋を使わなくて、お尻がたれてきます。

つま先も持ち上げることができず、チョットしたことでつまずいて、骨折をする方も少なくありません。

怖いですね。

 

あと、肺機能も低下します。

なぜ猫背になるかというと、多くの方が姿勢の問題だと考えていますが、内臓の下垂も考えないといけません。

それでなくても立位、座位が続いて下垂気味なのに、横隔膜の運動が少なくなり、肺機能がうまく使えず、呼吸が浅くなってしまいます。

 

筋肉をほぐしたり、骨格矯正をしたりして猫背を治そうと考える方が多いですが、内臓が下に引っ張っている部分を上げてあげないと、体はおきないですよ。

 

東洋医学では内臓に心が宿ると考えます。

だから猫背だと心持まで前向きになれないのかなぁ……なんて考えちゃう今日この頃です。

 内臓に宿る心 

 

鍼をすると内臓全体がキュッとあがります。

それだけでも体が起き上がるので、整体なんかじゃなくても鍼治療だけで、背か高くなった気がするんです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 更年期症状と五行 | トップ | 心は脳にではなく内臓にある »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

運動」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事