見出し画像

東京都南青山|おおした鍼灸院

気持ちが楽になるツボって…

今朝のいちょう並木です。日差しが強くなりそうです。

おはようございます。朝は肌寒いぐらいですが、今日も暖かくなりそうですね。


「心が軽くなりました」

「あっ…はい。ありがとうございます」

 

鍼灸治療で心が軽くなったと話てくれる患者さん。

「身体が楽になりました」と言われる前に、「心が……」と言われて私自身とても嬉しかったです。

 

「どこ触れたんですか?」

とか言われてしまいましたが、心が軽くなるツボは単体では存在しないんですよ~。

 

理論上は「心火経=喜」「腎水経=驚・恐」のバランスを「肺金経=悲」「肝木経=怒」に睨みを効かせつつ治療を行うのですが、人はコンピュータのようにボタン一つが一つの意味ではないので、なかなか難しいところです。


心を和らげるツボが存在するかはともかく、治療によって身体が楽になると心も楽になるとは思います。

 

同じ症状でも人の身体は十人十色。

同じ場所を治療することなんて滅多にありません。

それほど人の身体って複雑なんです。


今回のように身体だけでなく心も楽になるような治療が毎回できるように精進せねば…


ランキングに参加しています!

コメント一覧

Unknown
人の身体って複雑ですが、東洋医学的な考え方って面白いと思います。すべてのバランスを考えることは難しいけど5つだったらそのバランスを考えられるかも…。面白そう!これからもブログ続けてくださいね
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「東洋医学、東洋思想」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事