神宮外苑いちょう並木近く「おおした鍼灸院」のブログです

2004年神宮外苑いちょう並木近くに開院。痛みの無い浅刺接触の経絡鍼灸治療院です。

元号を批判する人。その裏メッセージって何だろ??

2019年04月03日 | 雑感

今日もここから(^。^)


新元号は令和に決まりましたね

いろんな角度から考えてのこの名前への決定。

攻めてます。

実に攻めてます。

選考はとっても大変だったと思いますが、私はとってもいいと思います。

 

「いい名前ですね!」

というやりとりが身近では多いのですが、響きが冷たいとか、命令を思い出すとか。

漢字の意味に焦点当ててご自身の意見を言い散らかす輩も散見されます。

 

 

今朝なんだかモヤモヤしたのでツイートしてしましたが、名前の由来はちゃんと説明されてるわけで。

漢字一文字を取り上げて、かくかくしかじか細かいことをあげつらうのは非常に野暮!

実際「令和には「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」との意味が込められている。」

と言ってるわけで。

 

だからその額面通り受け取ればいいだけだと思うのですが、何にでも反対すれば自分の価値が上がると勘違いしている輩がそこかしこに。

 

何にでもケチをつける人の裏メッセージ。

何がいいたいのかなぁ、、って、、。

 

俺はこんなに奇を衒った意見が言えるんだよ!

斜に構えた態度でロッケンロール!

 

名付けた意味をはっきり言っているのに別解釈をしようとする人。

それだけでその人信用できないです!

名付けた人、名付けられた時代への敬意が全くない!

 

どの漢字にも良い意味悪い意味あるわけです。

私の名前は義武といいますが「義」はは仁義とか義理とかヤクザを思いだすとか思う人がいるでしょうし、「武」には武器とか戦争を思い浮かべる人がいるでしょう。

大切に付けられた名前を無意識無自覚に批判できる人、それだけでお近づきにはなれないです。

 

だいたいにおいて政府嫌い。

その「嫌い」への依存が過ぎる人が多過ぎる。

 

とか何とか言いながら「令和」嫌いの人への依存が過ぎる私。

こういった人達の幼稚な意見に自分が不快な反応をしてとってもひきづられている。

 

そう、とっても残念な私なのです(T-T)

 

とにもかくにも色々考える機会を与えてくれてありがと!

モヤモヤのおかげでブログが更新できました。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 桜の季節まっ盛りですね! | トップ | 逆子の不安を和らげるお灸と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事