神宮外苑いちょう並木近く「おおした鍼灸院」のブログです

2004年神宮外苑いちょう並木近くに開院。痛みの無い浅刺接触の経絡鍼灸治療院です。

心は脳にではなく内臓にある

2006年03月22日 | 健康

東洋医学では脳のことがあまり出てきません。

 

脳というものをあまり重要視しなかったのか、脳の機能を知らなかったのか分かりませんが本当に話題に上りません。

今日では「脳」を大変重要視しています。

「心はドコにあるの…?」って質問したとき、それは脳の働きだよって答える人が多いと思います。

でも、口腔外科の西原克成先生の本を読んだとき、東洋医学が内臓に心を求めていた意味が、進化論的にも意味がある事なのだと思うようになりました。

 

先生は著書「内臓が生み出す心」の中で

「腸管内臓に宿る心の源になる財・名・色・食・睡・の五欲は、三つの欲に収斂します。先ず一つ目が食欲で、これが財欲・所有欲の源です。次が色欲で、名誉欲につながる性欲で征服欲でもあります。睡は、身体の体壁系内臓系をあわせたリモデリングの欲でスポーツのあとの回復期の筋肉感覚にも通じる欲です。」

と言っています。

 

循環器や泌尿器生殖器間でも含めた内臓の欲求が複雑に絡まり欲求を形成し、その人の行動様式を形成する。

だとすれば人間の精神活動も内臓調整により変えられるという事でしょうか?

 

…「脊椎動物を含め生物はもともと一本の管から発達しました。三十数億年に及ぶ記憶が私たちの内臓にしみこんでいる。その内臓のリズムは宇宙のリズムにつながっている。」…

 

東洋医学で言う「気」は気持ちの「気」でもあり、経絡現象を生む「気」でもあります。経絡を鍼を使って正常にすることで気持ちに変化が生まれ、内臓にも影響が与えられるというのがよく分かります。

このようなことを考えると、内蔵を経絡現象を利用してバランスを整えることで精神にも影響が与えられることを経験的に先人は知っていたので「脳」そのものを重要視しなかったのではないかと考える今日この頃です。

 

 

参考文献       内臓が生みだす  西原克成

「考える人」2003年春号 三十数億年の生命の記憶 布施英利

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 猫背は太る | トップ | 股関節の痛み »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (舞子)
2006-04-23 20:18:54
先日、講義で、

「こころはどこにあるのか?」と

いう問いにたいし、

「脳にある」とこたえたばかりでした。

ほとんどの人が脳にあると答えていたので、

内臓にあるという新たなものの見方は、

新鮮でした。



いろいろ素敵な本を読まれているみたいなので、参考にさせていただきます
Unknown (watasi)
2006-04-24 08:16:16
まいちゃん

元気!!



心と内臓の関係、調べてみると面白いよ!!

体で考えられるようになりたいね。

コメントを投稿

健康」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事