東京都南青山|おおした鍼灸院

思うこと考えることと脾土経の変動について

以前書いたブログを読み返して思ったことです。 

”思い”は五行論では土に配当されます。

生まれた時は土が欠けているという考えです。

五臓で土は脾に配当されます。

「脾」の働きは胃と一体となって働き、飲食物の消化や吸収を司ること。そして後天の精を取り出すこと。

これは生まれた後に必要になってくること。

脾土を考える時に思い出すのが安藤昌益。

フランスの思想家であり哲学者であるジャン・ジャック・ルソーと並び称される事のある江戸時代の社会思想家です。 

安藤昌益は陰陽五行論を否定しています。

彼は五行を対等なものとは考えませんでした。

土を根源的な存在として、木・火・金・水の四元素を表裏合わせて八気とし、宇宙・自然を解き明かそうとしました。


東洋医学ですが、言ったもの勝ちのところが多分にあります。

だから安藤昌益のように五行論から五行を否定するといった人物が現れます。

どの理論も正解であり正解でなし。

東洋医学のレシピがほぼ目分量で書かれているから、色んな解釈が出てきて当然、そしてそれは必然なんだと思う今日この頃。

経験則からの治療体系、フィクションとノンフィクションの狭間での治療思想の再構築、患者さんの治療のための新たな物語作り、今でいいんだ、そして治るんだといった話の主人公になってもらう。

その心理状態への誘導も鍼灸の仕事の一つなのかと。

それはエビデンス治療からこぼれ落ちたニッチな部分を補完する場でもあるのかと思う次第。

柳下先生の「治療家として患者の心理状態も考えながら治療しなければいけない」という言葉を肝に銘じて、今日もがんばります!


ランキングに参加しています!

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「東洋医学、東洋思想」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事