東京都南青山|おおした鍼灸院

治療や子育てについて思う事を書いています。とくにたくさん来院される逆子治療はボリュームあります。

弥陀弘誓のふねのみぞのせてかならずわたしける

2020年11月04日 | 考えていることとか思っていることとか
築地本願寺の18品の朝ごはん。
とても美味しくいただきました(^○^)

母がお坊さんとよく話をしていたという事と、五木寛之さんの著書に親鸞聖人の話がよく出てくるという事で、自然と親鸞聖人に興味をもつようになり、仏教関係の本を多く読むようになりました。

そういえば
親鸞聖人の話ではないですが、五木寛之さんの本を読んで思ったことを以前書いていました。

親鸞聖人がなぜその時代にもてはやされる様になったのか。

親鸞聖人が山を下りた時代は疫病に地震、津波、内乱と社会は混乱の真っ只中にあったそうです。

はかなきこの世を過ぐすとて
海山稼ぐとせしほどに
万の仏に疎まれて
後生この身をいかにせん
     梁塵秘抄
(下賤な身分のこの私。すべての仏に見放されてしまった。地獄に行くしかないのだろうか。)

※ 海山稼ぎ;農業以外、猟師や遊女、殺生や病気に携わる人やいやしい職に従事する者を指すとのこと。

全ての仏に見放されてしまったっだなんて。
なんと辛くてしんどい歌ではありませんか。

そんな時代に登場した念仏信仰、なぜにあれだけ熱狂的な勢いを持って広がっていったのか。
そんな時代に親鸞聖人は
 
生死の苦海ほとりなし
ひさしくしづめるわれらをば
弥陀弘誓のふねのみぞ
のせてかならずわたしける

「あなたたちを極楽浄土へ必ず渡してみせる!」と力強く誓うのです。

この意気に感じない人がいるでしょうか?

この力強い宣言に勇気をもらった次第!

親鸞聖人ありがとう!
コメント   この記事についてブログを書く
« ”子宮頸がんワクチン接種でリ... | トップ | 総理と絆と »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

考えていることとか思っていることとか」カテゴリの最新記事