東京都南青山|おおした鍼灸院

手術痕と体調不良

慢性的な体調不良で悩んでいる方の治療では、手術痕の癒着を取るような治療をすると効果がありました。

虫垂炎や胆石、そけいヘルニア、子宮内膜症などで、特に手術痕が盛り上がっているような場合など、鍼灸治療でケロイド部位のリリースを目的とした治療をすると、グングン良くなっていく場合があります。 

 

これは、東洋はり医学会関西支部の宮脇和登先生の著書「鍼灸臨床こぼれ話」に載っていたもので、そけいヘルニアの手術痕をもつ患者さんに対し、通常の治療に加え手術痕の治療をおこなったところ、腰痛の経過がとてもよく、かなり効果があるものと思われます。

また、盲腸の手術痕にも効果を認めることができました。

 

腰痛や膝関節痛の場合、腰や膝だけでなく股関節の治療が大切になってきますが、手術痕の治療もおこなうと予後がとてもよくなります。


ランキングに参加しています!

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「健康」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事