東京都南青山|おおした鍼灸院

治療や子育てについて思う事を書いています。とくにたくさん来院される逆子治療はボリュームあります。

大根おろしにはまってます!

2013年03月29日 | 東洋医学、東洋思想

 最近とみに大根おろしが食べたくて、お昼ご飯はほぼ毎日アツアツの胚芽米に醤油をたらした大根おろしをぶっかけて食べています。写真は今日のお昼ご飯。奥が大根おろしご飯。それにしても炭水化物多かったなぁ。明日は副菜かんがえなくっちゃ!

 

 ということで本日は大根のお話を漢方を交えながら…

 

 大根はあぶらな科ダイコン属のお野菜。

 陰陽五行的に考えると五味は辛いとか甘いとか?

 

 漢方の五性(しょう)では大根は「寒」に入るみたい。

 五性は四季の変化や体の状態にあわせた食べ物を選ぶことが大切だと説いていますので勉強すると面白いですよ~!俗に言う「食医同源」の考え方ですね。

 

  • 寒……身体を冷やす、鎮静、消炎、デトックス作用。のぼせ、血圧の高い人に良(あさり、昆布、塩、大根、バナナ、柿、なす、ゴーヤ、わかめ、メロン)
  • 涼……寒より弱い。清涼感、鎮静、消炎作用。のぼせ、血圧の高い人に良(きゅうり、セロリ、トマト、白菜、ほうれん草、緑茶、すいか、そば、梨)
  • 温……身体を温める、新陳代謝高める、興奮作用。冷え性の人に良(あじ、いわし、くるみ、にら、菜の花、にんにく、ピーマン、鶏肉、ライチ)
  • 熱……温より強い。身体を温める、血行促進、興奮作用。貧血の人、冷え性の人に良(シナモン、山椒、胡椒、唐辛子)※食べ過ぎると吹き出物

 

季節にあった旬の食材を体に取り入れる。だから「四季」=「四気」とも言われています。

 

 

 では大根に戻って…

 大根の性は「寒」。実は体を冷やす食物。だから生で食べると一層冷やしてしまいます。でも逆に熱や炎症を抑えてくれるもの。

 

 生大根は風邪時の発熱や咳、喉の痛みなど、炎症症状を取り除いてくれます。だから私のように胃に熱があるような場合にも効果あり、そうなんです、大根おろしが無性に食べたくなるだなんて、消化器系に熱があって弱っている証拠。

 しゃっくりや胃もたれ、胃がキリキリするとかいった場合は大根おろしを飲むといいですよ~!!

 二日酔いにもよし!

 

 でも胃弱だと生はよくないです。特に胃腸が冷えている人、大根は「冷やす」作用大!そうなんです「陰性」の食べ物なんです。

 冷え性の人が生で食べすぎるとお腹をひやすことになり調子悪くなりますよ。

 でも煮ると温める作用のあるものに変わります。根ものは温める力が大きいですから…

 

 

 こんなかんじかな…

 

 大根おろしを非常に欲している自分、呼吸が楽になったと思ったら、今度は胃に熱かぁ…

 

 もう少し注意して生活しないとね!

 

 よしではカープ応援がんばりま~す!

 

 ではでは~!!

 おおした

 

  • 4月7日(日)東洋はり医学会渋谷支部例会に参加します。
  • 4月9日(火)午前中お休みします。
  • 4月10日(水)お休みです
  • 4月23日(火)12時~16時お休みします。

 

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村


鍼灸 ブログランキングへ
参考になったと思ったら、このバナー押してくださいね!

 

おおした鍼灸院HP

料金はこちら

TEL03-3401-8918

おおした鍼灸院Twitter

おおした鍼灸院Facebook  よろしければ「いいね!」押していただけると嬉しいです

定休日は日曜・祭日

診察時間は午前10時~午後7時

コメント   この記事についてブログを書く
« 浅い鍼の方が全身に効果的だ... | トップ | 雷乃発声 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

東洋医学、東洋思想」カテゴリの最新記事