季節のあしあと

中々上手にならないゴルフ、夏になるとお手上げのガーデニング、六十の手習いのおけいこ事…
ボヤキ日記

ベアズパウジャパンカントリークラブ

2018年07月21日 | ゴルフ

プレー日 2018.7.20(金) 晴れ(猛暑)

 

この日は主人の会社の同僚とラウンドでしたが

4月の予定が仕事の都合がつかず延び延びになって迎えたものの

この暑さの中で心配でしたが誰も変更なく決行になりました。

連日の熱中症のニュースや対策を耳にしていたので

スポーツドリンクと麦茶

緑茶はカフェインを含んでいるので利尿作用がありNGとのこと。

麦茶はカフェインを含まずミネラルを含むので良いらしい。

梅干し、凍らせたタオル、氷嚢を積み込んで行ってきました。

各ティーグランドでは必ず水分を補給し

帽子内の湿度を逃がすために必ず取って髪の中の湿度を下げます。

出来る限りの予防をしてのラウンドでしたが

有難いことに心地よい風がずーっと吹いていて木陰に入るとホッとひと息つけます。

身体には気持ちのよい風でしたが、ショットでは上空でボールが停止して戻されるような

意地悪な風でもありました。

健康な身体があっての楽しいゴルフ!

風で戻されようが、流されようが…強風歓迎の夏のゴルフです。

この日の「ベアズパウジャパン」はジャック・ニクラウスの設計で2000年開場

まだ新しいゴルフ場でフラットで広いフェアウエイが好スコアを期待させます。

 

 

YouTubeのレッスン動画を見ながら鏡の前での素振りを繰り返してきたのは

この日のラウンドを控えていたので秘密の特訓でした。

「ゴルフが上手になるにはメンバーになって月例に参加するのが早道」と

以前習っていたコーチによく聞かされていましたが

確かにいつも夫婦で緊張感の全くないゴルフをするのと違って

滅多にお会いすることのない会社の同僚とラウンドするとなると

迷惑を掛けられないし無様なところを見せたくない…の思いが強く

ラフの対策、傾斜地、顎の高いバンカーや距離の長いガードバンカー…

練習場ではなかなかできないことをレッスン動画を何度も繰り返し見ながら

この日のために脳内ゴルフで幾度となくシュミレーションしてきました。

 

常にこの心構えだったらもう少し上手になっていたかな?と思えてきます。

きっと月例に参加していたら常にこの心構えを持ち続けて腕が上がっていくのでしょうね。

 

気持ちよく振りぬけたドライバーが思う場所に運べてまずまずのスタート

ずーっと悩まされていたスライスが出なくなると

飛距離も伸び方向も安定するのでまとめやすくなります。

 

 

とにかくフラットで広いフェアウエイ 

いつも行っているゴルフ場がどれだけ狭くアンジュレーションのきついフェアウエイだったか…

 

 

誘ってくださったここのメンバーさんがガードバンカーが難しいと聞いていたので

とにかくバンカーにだけは捕まらないようにクラブの番手を慎重に選びましたが

1度はアゴの高いガードバンカー そしてもう1度はクロスバンカーに入ってしまいました。

ここのバンカーはサラサラの砂で硬くしまった砂や砂の無いようなバンカーに比べたら

まだ苦手意識がなく

なによりも脳内ゴルフでシュミレーションしてきた実績のない自信が勝り

不安なく振り切ったスィングが後押ししてナイスアウト

ゴルフがメンタルのスポーツと言われるのがよ~く分かります。

パットも家で練習しているパターマットと同じような距離は「いつもと同じ」と自己暗示をかけると

不思議とカップに吸い込まれていきます。

短くて「これを入れたらバーディー!」と言う緊張感になると外すのはやっぱりメンタルの弱さでしょうか。

まだまだパーオンの確率が低いのでこの1パットでバーディーと言うのが少ない

こういう場数を増やしてメンタルが強くなっていくのでしょうね、きっと。。。

 

 

ショートホールの3つは1オンできたのでパーキープ

残りの1つは手前のバンカーを意識しすぎて奥の長い逆目のラフへ

寄らず入らずのダボ

 

 

 

途中でこの日初めての超ど級のスライスがでて

ボールを探しに急こう配の傾斜を上ってOB杭の外のボールを発見 残念!

OBと分かってどっと足腰に疲れが出てきます。

この急こう配の傾斜面を上り下りしたのが影響したのか

しばらくして右脚のふくらはぎを打った瞬間につってまたもやOB

 

最終ホールのロングホール3打目を打った瞬間両太ももの裏側がつるアクシデント

ふくらはぎや脛の両脇は経験がありますが両太ももの裏側をつるなんて今までに一度もなく

痛さは感じないのに足に力が入らず思うように歩けない

カートにつかまりながら屈伸運動をしばらくしたらスーッと治っていきました。

これってやはり熱中症の初期症状だったのでしょうか?

夏休みで帰省する息子とのラウンドもよく考えなければ…

この日のベアズパウジャパンは中国自動車道を京都方面に向かって新名神→名神

と走って行くのですがいつも我が家が向かうゴルフ場とは真逆の方向

交通状況が全く違って長距離のトラックが車間距離を開けずに迫ってきたり

合流、合流の繰り返しで神経が疲れ同じ時間運転しても疲労度が大違い

帰りも京都、大阪を抜けるのに渋滞に巻き込まれて

普段まったく渋滞に巻き込まれずにスムーズに帰れることのしあわせを改めて感じました。

 

あと一歩のところで目標に届かず

 

 

カートに極力乗ったラウンドでの歩数

 

 

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 思うように咲かない宿根フロ... | トップ | 原因は水不足だった? »