季節のあしあと

中々上手にならないゴルフ、夏になるとお手上げのガーデニング、六十の手習いのおけいこ事…
ボヤキ日記

初夏を彩る花

2018年06月09日 | ガーデニング

今日は雨があがって蒸し暑さを覚悟しましたが

意外にも爽やかな風が吹き抜けています。

薔薇からバトンタッチされて初夏の植物が一斉に咲きだしています。

 

 

左のモナルダ・パープルは冬に植え付けたものでかたまって咲いています。

右の方でひっそりと咲いているモナルダ・ラベンダー 優しい色です。

地下茎で伸びていくので最初に植えた場所から随分離れたところで咲きだしています。

 

 

蕾がとってもかわいい。

 

 

 

 

蕾の濃いパープルが開花した淡いラベンダーの中でアクセントになっている

「カンパニュラ・イリデセントベルズ」




「カンパニュラ・グロメラータ(八代草)」



ピンクアナベルが少しずつ色付いてきました。


アナベルの横で見え隠れしているまっしろなアスチルベ



このぐらいの咲き具合が一番好きな頃です。



フィリペンデュラ・ウルマリア」

雨に洗われて緑がきれいなこの時期

真っ白な花が清涼感を感じさせます。

 

 

垂れ下がるティアレア 

春先にわさび茎になった部分を挿し直したので勢いが良く

垂れ下がる茎が元気に伸びています。

 

 

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 2018 薔薇 アプリコット系 | トップ | やっと咲いたゲラニウム・ス... »