季節のあしあと

中々上手にならないゴルフ、夏になるとお手上げのガーデニング、六十の手習いのおけいこ事…
ボヤキ日記

三田SYSゴルフリゾート

2018年06月27日 | ゴルフ

プレー日 2018.6.24 (日) 晴れ時々曇り

 

久し振りのゴルフ記事のUP

前回UPした西脇カントリーからパットに苦しみ悶え(大袈裟ですが)

写メをする心の余裕が無くなり

ブログにUPするどころかその日のラウンドを抹消したい…そんなラウンドが続いています。

いつからなのか?

打った瞬間変な音が気になるようになり徐々に短いパットを外し始めてから

パットに悩み始め…

そんなある日構えたら打面のメッシュ部分が端から2センチほどめくれているのです。

ぐっと押さえこんだらその日のラウンド中はめくれることは無かったのですが

調子を崩しているところだったので気になって、気になって

結局パターを買い替えたのです。

もともと調子を崩していたので違うタイプに替えたところで

「前の方が良かったのでは?」と新しいパターに馴染めずどんどん調子が悪くなるばかり。

パーオンしても3パット4パットに嘆いたり

これを入れたらバーディと言う1m弱ほどの短いパットが外れ返しでも入らず結局はボギー

こんなことが幾度もデジャブーのように襲ってくるのです。

OBするよりも1mほどのパットを外す悔しさ… 

練習グリーンでは不安無く入る距離もラウンドとなったら途端にダメ

距離の長いパットの方が1パットで入らなくてもいいと言う安心感から入ったり…

そんな状態が続いている最中のラウンドです。

だらだらと近況を愚痴りました。

 

梅雨時の不安定な天気で心配でしたが天気だけは恵まれて久し振りの晴れ間

 

 

口コミにも多くの方が書かれていたようにとにかくバンカーが多いコースです。

 

HPに「天空の極上のリゾート感が味わえる…」と言うように

かなり山道を登った頂きに造成されたゴルフ場

 

 

この日も相変わらずのパットに苦しむラウンドでしたが開き直りでお気楽に、お気楽にラウンド。

 

 

どこを見てもバンカーの塊りが目に入ってきます。

設計者の思惑通りしっかりバンカーで砂遊びをさせて頂きました。

開き直っているのでバンカーは出ますが

グリーンに向かっていくつも連なるバンカーでは律儀にもそれぞれのバンカーに立ち寄る

ドライバーやFWのショットが良ければこんなものかぁ~と全てが調子よくと言う訳にはいかない。

 

 

 

27ホールあるこのコースでSOUTHホールは「フットゴルフ」のコースが共有されています。

 

 

小さ目のサッカーボールで蹴りながらゴルフと同じようにカップインするようですが

ショートの池越えで池に入れたらボールどうするんだろう?

ゴルフボールは諦めて違うボールで打ち直すけれど

サッカーボールだったらどうするんだろう…池の真ん中では取ろうとしても届かないよね?

見たこともない競技の疑問が膨らんできました。

 

 

この日のラウンドショットが良くてもスコアがまとまらないパットとバンカーに苦しめられました。

 

 

パット数だけを見るとさほど悪いように見えないけれど

この日のアプローチも良く本来なら1パットで入るハズが…(このプレッシャーが駄目なんだろうね。)

短いパットをどんだけ~~~~外したやら。。。

 

主人や息子から見るに見かねて同情の言葉が幾度も出てくる。それが余計に落ち込んでしまう。

まぁこんなときもあるさぁ~って思うことにしよう。

(こんなときがずーっと続かないことを祈るばかりです)


『ゴルフ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« ブラックレースフラワーの色 | トップ | 二番花の薔薇 »