季節のあしあと

中々上手にならないゴルフ、夏になるとお手上げのガーデニング、六十の手習いのおけいこ事…
ボヤキ日記

ブラックレースフラワーの色

2018年06月26日 | ガーデニング

今週は傘マークのない1週間

降り続いた雨でじめっとしていた庭が久し振りに乾いています。

雨が降り続いたかと思えば葉っぱがチリチリになりそうな強い陽ざしでしたが

今日はチョッと一段落。風が吹き抜けて涼しく感じます。

 

梅雨から夏に向かう季節、庭の花も少しずつ顔ぶれが変わってきました。

昨年小さな苗を植えた「ブラックレースフラワー」

画像を探しても見当たらなくて残念なのですが渋いワインレッドのような花色で咲いていました。

今春すっかり忘れていたブラックレースフラワーでしたが

特徴のある葉っぱをみて思い出しました。

1株植えたところから4~5株花茎を伸ばしているのでコボレダネで殖えたのでしょうか?

咲きだした花を見て昨年の花との違いに首をかしげるばかりでした。

 

 

伸びに伸びて1.8~2メートルぐらいの高さで咲いています。

手繰り寄せてどうにか花の様子を撮影しました。

ところどころに赤い色が混じっていますがほぼ白色?

この雰囲気も有りかな~と思えてきます。

色が付いているのはこの1株だけで他のは真っ白

 

 

ハナミズキの陰になる場所なので白花の方が明るくなって良かったのかもしれません。

 

夏に向かって元気に咲きだしているエキナセア

先日UPしたときにはまだ色が出ていなかった「グリーンツイスター」

 

 

こんな色に変化しました。

以前育てていた「カリビアングリーン」の方が私的には好みでした。

すぐ横で咲いている「プロフュージョン」の方は…

 

 

花びらが開くとすぐに虫喰い痕が…

同じエキナセアでも美味しい花びらと不味い花びらがあるのか?

 

 

黒い花茎がピンクの花びらを引き立てていい雰囲気になるハズなのに

この花びらでは…残念。

 

昨年の暮れいつも行く園芸店で育てていたヒマワリの種を頂いたので

GW過ぎに蒔いたらもう咲き始めました。

狭い庭に御誂えのミニヒマワリです。

 

(撮影日 2018.6.24)

 

 

狭いところなのでヒョロヒョロ?切り花に丁度いい大きさの花です。

 

地植えで育ちが悪かったキキョウ。冬に掘り上げて鉢植えにしました。

 

 

薔薇の2番花がそろそろ開花

 

 

ふた回りほど小ぶりな顔つきで咲きだした「ニューウエーブ」

 

切り戻したそれぞれの枝先に蕾が見えている「ピエール・ドゥ・ロンサール」

 

 

柔らかそうな赤っぽい新葉はきれいですが

地際近くの葉は黒点病がじわじわと…梅雨時で広がってきたようです。

これからの薔薇は黒点病と害虫とのバトル

これさえなければ薔薇栽培もっと楽しいのになぁ~と毎年思う。

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 宿根フロックスの季節  | トップ | 三田SYSゴルフリゾート »