季節のあしあと

中々上手にならないゴルフ、夏になるとお手上げのガーデニング、六十の手習いのおけいこ事…
ボヤキ日記

ヤシロカントリークラブ

2018年08月05日 | ゴルフ

 

プレー日 2018.8.01 晴れ(猛暑)

 

危険を顧みず猛暑でのラウンドでした。

このコースは数年ぐらい前に行ったかな?と言うほぼほぼ記憶から消えかかっている

ヤシロカントリークラブ

前回行った時は途中で雷の音が近付いてくるし、毎ホール2~3台のカートが待っている

混みこみ状態にも嫌気がさして途中棄権(なので記憶も曖昧)

それ以来ずーっと行っていなかったのですが、他のゴルフ場で知り合った人との会話の中で

「きれいだし、コースも面白いのでヤシロカントリーへよく行っていますよ」と聞いて

久し振りにエントリーしてみました。

 

バブル時代に造成されたゴルフ場だけにとにかくバブリー

中央にズドーンと吹き抜けのある解放感のあるクラブハウス

清潔感あふれ広々とした豪華なパウダールーム…バブル時代の面影満載です。

コースもとてもきれいに管理されていました。

真夏の平日だからなのか、待つことも無くスムーズに進行できました。

コスパが良いのでさすがに土・日は混んでいると思われますが

平日にプレーするならお勧めのゴルフ場でした。

 

 

 

プレーするには目障りな水辺の景色も

真夏の風景には清涼感を演出してくれます。

 

 

 

フェアウエイの両端の小山が結構悪さをしてくれて…

イレギュラーしたボールがカート道にカッコーンと跳ねて「はい!OB」てなこともありました。

落としどころにフェアウエイバンカーが待ち受けていて

1打目を4Wで打つこともしばしばあり、戦略性があって面白いコースです。

 

 

このホールは1打目を浮島にあるグリーンを狙える地点に落とすのですが

フェアウエイから左に転がったボールが左足下がりの傾斜で止まって

浮島までが120ヤードぐらい 距離もまだあるし…

 

 

ただでさえ苦手な左足下がり…嫌な予感通り距離足らず池ポチャ

ローカルルール通り、2打付加して浮島からのアプローチが上手く寄せれてボギーで済みました。

 

最近♯7アイアンの調子が良くなってきたのでショートホールでの大叩きが無くなってきました。

 

 

不安のないクラブでは池のプレッシャーをあまり感じることなくしっかり振り切れます。

 

夏場のゴルフは極力カート移動

 

 

 

家で扇風機で過ごしている時、ふっと気付くと両隣の家からエアコンの室外機の音が聞こえてきます。

エアコンをつけなくてもさほど暑さを感じていない私ってこれ高齢者特有の鈍くなっている証拠?

もともと若いころから暑さには強かったからだと思っていたのですが

自分の頼り気ない感覚を過信しないように数字で判断してエアコンをつけるようにしました。

持ち運びに便利な小さなデジタル式の温度計

HCで探すとこの猛暑の影響なのか売り切れ商品ばかり

中には30分ごとに自動測定されてアラームが鳴るようなものまでありました。

高齢者用に考えられているようですが、ふと疑問? 

TVなどつけた生活音があるところで高齢者の耳にこのアラーム音聞こえるのかな?

取りあえず我が家にもいつもいる場所で気温と湿度が一目で分かるものを購入しました。

さっそくラウンドにも持参

 

スタート時の測定では…

 

 

湿度が高い!

 

一番気温があがる午後からのハーフでは

気温34℃ 湿度48% スタート時よりかなり湿度が下がりました。

(百葉箱と同じように風通しのよい日陰になるところで測定)

試しにティーグランドの芝の上に置いてみると

気温はさほど上がらなかったのに湿度がぐ~んと上りました。

今週末は家から近い「太平洋クラブ六甲コース」で男子シニアツアーを開催中

中島常幸、尾崎兄弟など往年の選手を間近で見ることが出来るので行くつもりでしたが

さすがにこの暑さでは…断念。

同世代なのにこの過酷な環境でのプレー

プロってすごいですねぇ

2日間 歩いてラウンドすることを想像するだけでクラクラしてきそうです。

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 盛夏に咲く元気いっぱいの花 | トップ | 手抜きでも美味しい »